やはり9月12日(火)のナジブ首相の米国トランプ大統領との会談は、1MDBの問題がまったく議題に上がらなかったことや会談後の共同記者会見が開催されなかったことなど、ほぼすべてが大方の事前予想どおりだったようですね。

もし記者会見が開かれていたなら、手厳しい米国の記者たちの追及にはとても耐えきれなかっただろうことから、それを密かに期待する向きも多かったと思うのですが、流石にこれは回避できたようですね。しかしナジブ首相側が望んでいたとされるお二人のオーバルルームでのツーショット写真は結局叶わなかったようでしたし、大統領主催の昼食会も晩餐会も開催されなかったなど、必ずしも思惑どおりには行かなかった節も散見されるのですが・・・・

ところが、これも予想どおりなのですが、マレーシアの主流メディアはこぞって、その成果を大々的に報道しています。もちろん首相本人も、アムノや周囲の方たちも勝ち誇ったようにその成果を高らかに謳い上げているのです。

White House meeting a resounding success
ホワイトハウスでの会談は大成功

A warm, friendly gathering between two leaders
両国首脳の温かく友情溢れる会談

Najib-Trump meeting heralds new era of bilateral ties
ナジブ・トランプ会談は新たな2国間関係の時代を告げる

上記はマレーシアの代表的メディアであるザ・スター紙の直近の関係記事の見出しですが、いずれも、本当かい?と疑いたくなるような見出しです。ところが一方では反政府系の弱小メディアやマハティール元首相を含む野党の方々などは、それとは真逆の徹底したナジブ批判を展開しています。

マハティール元首相などは、第3国の首相が世界最強国の米国大統領を相手に米国経済の強化を支援したい、と述べたことについて、あり得ないことだと一笑に付していますし、PKR副総裁で反骨家で知られる若手のホープ、Rafizi Ramli氏やスランゴール州知事で同じくPKR副総裁のAzmin Ali氏なども一斉に、金持ち国の米国のインフラよりも先ずは自国のインフラだろう、などなど非難轟々の真っ最中です。

しかしこれでは一体どちらの言い分が正しいのやら、両者の言い分を比べることのできる国民にも相当分かり難いのだろうと思いますし、いわんやほとんどの情報をテレビ・ラジオや大新聞のみに依存していると言う地方の方々には決して真実は伝わらないのだとろう思います。

大多数の国民が日常的に見聞きするテレビ・ラジオや大新聞のほぼすべてが政府よりと言うか現政権擁護の報道に徹していることは、それ自体が異常なことで、それだけで民主主義を遥かに逸脱していると思うのですが、今更ながらこの国において真実を知ることは容易なことではないと思い知らされています。

そんな中、世界のマスコミのなかでも有力と言われている米国のニューズウィークが、今回のナジブ・トランプ会談を報じましたが、なんとそのタイトル↓が驚きです。

TRUMP’S MEETING WITH MALAYSIAN CROOK NAJIB REEKS OF THE SWAMP
トランプ、腐敗の臭いがプンプンするマレーシアの盗人ナジブと会談

NEWSWEEK2017913.jpg

いや凄いタイトルですね。この記事は、PAUL WOLFOWITZ氏(※)による寄稿文の再掲版だそうですが、会談翌日の9月13日に報じられてから、米国とマレーシア国内だけでなく世界中の話題となっている模様です。

※ポール・ダンデス・ウォルフォウィッツ氏:米国の政治家。第25代国防副長官、第10代世界銀行総裁などを歴任した。 代表的なネオコン(新保守主義)の論客の1人。(以上wikiによる)

これなどはナジブ陣営にとっては、まさに毒のあるマスコミ報道(Toxic press coverage)な訳で、無罪を主張しているナジブ氏本人はもとより、それを裏書きしているマレーシア法務長官などは憤懣やる方ないのだろうと思います。

しかし、それならばこれを書いたポール氏や記事を掲載したニューズウィーク誌を訴えれば良いじゃないか、なぜすぐに訴えないのかと追及を始めた野党側や一部識者たちの格好の攻撃材料となっている様子です。

↓はそのニューズウィークの記事全文です。今回は和訳はスルーさせてもらいますが、興味のある方は是非お読みいただきたいと思います。


.
TRUMP’S MEETING WITH MALAYSIAN CROOK NAJIB REEKS OF THE SWAMP
BY PAUL WOLFOWITZ ON 9/13/17 AT 10:44 AM

President Trump met yesterday with Prime Minister Najib of Malaysia, a visit the Wall Street Journal in an editorial last week characterized appropriately as “Trump’s Malaysia Swamp.”

As an Australian expert on Southeast Asia quoted in the New York Times said, “From a pure public relations point of view, it’s a meeting the White House should avoid. . . . Even a photo op with Kim Jong-un would be better.”

The Washington Post in an editorial yesterday said that the visit “sets a new low. Not only is Mr. Najib known for imprisoning peaceful opponents, silencing critical media and reversing Malaysia’s progress toward democracy. He also is a subject of the largest foreign kleptocracy investigation ever launched by the US Justice Department.”

The Justice Department suit in question seeks recovery and forfeiture of over $1 billion in assets alleged to have been purchased with funds “misappropriated” from Malaysia’s One Malaysia Development Bank (or 1MDB), which the suit alleges is largely controlled and managed by someone identified as “Malaysian Official 1” — and who is widely known to be Najib.

In addition to his overall responsibility for the more than $4 billion of misappropriated funds, some $1 billion of which were laundered in the United States, “Malaysian Official 1” personally received $731 million, of which $620 million was supposedly returned, netting him a tidy $111 million.

Did President Trump know about any of this when the Malaysian Prime Minister was added to his schedule?

One fact not mentioned by any of those three major papers seems to provide a clue as to how this meeting was arranged. In May, a former Trump campaign aide — Healy E. Baumgardner-Nardone of the “45 Group” — registered as a foreign agent to represent the Office of the Prime Minister of Malaysia. She reported receiving $250,000 for her services.

The Malaysian government has paid lavishly in the past for Washington “swamp dwellers” to purchase influence and disparage its opponents and critics.

As the Journal editorial points out, during President Obama’s second term the Malaysians rewarded a major Democratic Party fundraiser handsomely for representing them, just before Najib secured an Obama state visit to Malaysia (the first by a US president in sixty years), and then received an even more unprecedented invitation from Obama to join him in Hawaii for a game of golf.

Back during George W. Bush’s first term, Malaysian business interests hired Belle Haven Consultants for fees in excess of $1 million over two years to promote Malaysian interests in the US.

Some of that money was reportedly used to influence the views of a prominent conservative think tank, through the intermediary of the Alexander Strategy Group, associated with former House Majority Leader Tom DeLay and the notorious Jack Abramoff.

During Obama’s first term, the Najib government paid millions to APCO Worldwide of Washington, a portion of which went to the London-based “Fact Based Communications, Ltd.” to hire an individual named Josh Trevino, to organize a network of bloggers to write blog posts disparaging opposition leader Anwar Ibrahim — whose coalition was growing in strength heading into the 2013 elections.

That game blew up when Trevino was fired by The Guardian of London for failing to disclose that he was on the Malaysian payroll while writing a supposedly independent column. That forced Trevino to file a belated foreign agent registration exposing the whole scheme.

Back in Malaysia, the government does more than merely disparage its critics. Just last week, in the latest development in the 1MDB case, FBI special agent Robert Heuchling asserted in a filing in court in Los Angeles that “identifying witnesses [in the case] could result in intimidation or threaten their safety,” citing “reports of local officials and politicians who have been arrested for purportedly disclosing information linked to 1MDB.”

He also cited Malaysian press reports from August 30 that said “the driver of former Malaysian Attorney-General Abdul Gani Patail was shot in public as a possible warning against assisting the US government in the case.”

If President Trump were serious about “draining the swamp” in Washington, he should have found a diplomatic excuse to postpone this embarrassing meeting. Doing so would have sent a strong signal to other lobbyists attempting to sell access to the President.

Having failed to do that, at a minimum he should find out who was responsible for inviting the Malaysian swamp to the White House. And if they did not properly inform him of the scandal surrounding Najib, someone needs to be disciplined.



上記の記事中には、北朝鮮のキム・ジョンウンとのツーショット写真の方がまだましだとか、今回の会談だけは回避すべきだったとか、その他、米3大紙(NYタイムズ、ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナル)の社説やコラムを引用する形で数々のナジブ氏の疑惑が掲載されている他、8月30日にマレーシアのプレスが報じた記事として、前法務長官Abdul Gani Patail氏(※)のお抱え運転手が公衆の面前で銃撃され負傷したことに触れ、これなどは米国司法省の(1MDB関連)捜査に協力するものに対する明らかな警告だとしている。

※アブドゥル・ガーニ・バティル氏:前マレーシア法務長官で、昨年7月にナジブ氏への逮捕状を準備したとされる。その直後に当時の副首相ムヒディン氏らと同時期に突然解任された。1MDBに関わる首相の犯罪を知る人物とされている。

自国の大手メディアが現政権の完全統制下にあり、真実が自由に報道されない中、Dr DやBersatuのムヒディン氏の言う、この国に今何が起きているのかと言う、国の行く末を左右する重大な事実が国民に知らされていない現状での、外国勢による大手マスコミの報道は毒があるどころか起死回生の特効薬でしかないと感じる人が、最近俄かに増えている気がしてなりません。

ではまた。


今日は、久々に政界マレーシア疑獄シリーズを書きます。このところ、来るGE14(第14回マレーシア総選挙)の件に関してはあまり芳しくないニュースが多い中で、久しぶりに爽やかな、ある人物のインタビュー記事を読みましたのでそれを紹介してみたいと思います。

それはTHE MALAYSIAN INSIGHTと言うオンラインメディアの記事ですが、このマレーシアンインサイトは、実は昨年3月に政府MCMC(マレーシア通信・マルチメディア委員会)によってブロックされたマレーシアインサイダーの後継メディアです。

マレーシアンインサイダーの歯に衣着せぬ物言いが当局の目に留まり、突然ブロックの憂き目に遭ったのですが、どっこい草の根のメディア魂は生きていましたね。

すぐさまその名をマレーシアンインサイトに変えて起ち上がり、今に続いているのです。今日はそんなメディアの、前マレーシア副首相で、現在はマハティール元首相が議長を務めるPPBM(※)の総裁、ムヒディン・ヤシン氏へのインタビュー記事です。

※PPBMは、英語名をThe Malaysian United Indigenous Party、マレー語名をParti Pribumi Bersatu Malaysia (PPBM)と言う政党の略称。結党1年ながら現在では野党連合をリードするマレーシアの政党である。通称Bersatuと呼称される。

なお記事中のTMIとは、マレーシアインサイトのインタビューア(記者)を指しています。



Getting rid of Najib will not solve all problems, says Muhyiddin
ナジブを排除するだけではすべての問題解決にはならない、とムヒディン氏

Published on 8 Sep 2017

muhyiddin_0.jpg
Tan Sri Dato' Haji Muhyiddin bin Yassin

TMI: Are Umno’s days numbered?
TMI: アムノ(※)政権の余命はいかに? 

※アムノ(UMNO)とは、マレーシア最大政党で現与党第一党の統一マレー国民組織(United Malays National Organization)の略称。

Muhyiddin: I don’t see any proactive moves under Mr Najib’s leadership to rectify the situation. In fact, I have already said Umno has reached a point where it’s very difficult to repair. It is a 60-year-old party that is undergoing a period of dark ages. (Umno turned 71 this year.) The problems it faces, such as corruption, abuse of power until “cash is king”, are proven from the top leaders to the grassroots level. As such, I think that Umno cannot sustain itself very much longer.
ムヒディン:ナジブ氏のリーダーシップの下、問題を修正する積極的な動きはまったく見られない。 実際、アムノは既に修正が非常に困難なところに達していると私は見ている。アムノは暗黒時代を経た60歳の政党だ。(結党後からすると今年で71歳だ) アムノが直面している問題は、汚職、権力の乱用、そして"金がすべて"に至る。そしてその問題はトップリーダーから草の根レベルまで浸透していることが証明されている。なので、私はアムノはそれほど長くは持たないと思う。

If we look at the political history in other countries, the founding parties which obtained independence will sooner or later fade away. Umno has derailed and with that, Malaysians can no longer trust it and its support will slowly decline. I’m confident that Umno’s time is up and at its tail end. The next elections will determine whether it can continue to be in power or not.
他国の政治史を見れば分かるが、独立を得た創設政党は遅かれ早かれ消滅している。アムノは路線を逸脱した。なのでマレーシア人はもはやアムノを信用できなくなり、その支持は徐々に低下するだろう。 私はアムノの時代はもはやこれまでで終わりを迎えていると確信している。次の選挙でアムノが政権を維持できるかどうかが決まる。

TMI: PAS used to be a vital component of the opposition. Losing PAS would also mean losing Malay votes. Is Bersatu capable of filling the void left by PAS?
TMI:PAS(※)はこれまで野党の重要な構成要素だった。PASを失うことはまた、マレー人の投票を失うことを意味するのではないか。BersatuはPAS(の離脱)によって生じた空間を埋めることができるのか?

※全マレーシア・イスラム党のこと。英語名をThe Islamic Party of Malaysia, マレー語名をParti Islam Se Malaysiaと言いPASが略称。イスラム法に基づくマレーシア・イスラム国家の設立を党是としている。クランタン州やトレンガヌ州などのマレー半島東海岸の保守的な地域から大きな支持を得ている。マレーシア憲政史上初めて登場した野党勢力でもある。(wiki)

Muhyiddin: We are ready, give us time and with more effort, we will be able to spell out more clearly our way forward and the issues we are fighting for. And later when we form the government, we will have the capability to deliver what the rakyat (people) wants, I think that is what is more important. So, building up that confidence and trust among, not just the Malays, but Malaysians at large, is crucial. We don’t want to compete with PAS and it is not an issue of whether Bersatu can fight PAS.
ムヒディン:我々は準備をしている。時間を与えて欲しい。そうすればもっと頑張って、進むべき道と戦うべき事柄をより明確にすることができる。そして、後に我々が政権を担った時には、すべての国民が真に欲しているものを提供することができる。私はこのことはもっと大事なことだと思う。したがってマレー人だけでなく、マレーシア人全体の信用と信頼を築くことが重要なのだ。我々はPASと競争したくはないし、BersatuがPASと戦うことができるかどうかは問題ではない。

So, if we move deeper into things and try to win the Malay votes, it doesn’t matter whether they are ex-Umno or ex-PAS, I think we will be able to draw the support from them as well. It is also a question of time. PAS has been long there and Umno has been here for 60 years, while we have just this one year. Given time and good leadership, I think we will able to do what we aim to do.
だから我々が問題解決に向けてより深く前に進み、マレー人の投票を得られれば、もはや彼らが元アムノであろうが元PASであろうが問題ない。我々は彼らの支持を取り付けることができると思うし、それは時間の問題だ。PASは長い間政党として存在してきたし、アムノは(建国以来)60年も存在してきた。だが我々(Bersatu)はたったの1年だ。時間とリーダーシップを与えて欲しい。そうすればきっと我々は、我々の目指していることができると思う。

TMI: If Umno is moving to the far right, where is Bersatu heading?
TMI:もしアムノが極右に進むとなれば、Bersatuはどこに向かうのか?

Muhyiddin: What is important is not centre, left or right. What is central is doing the right thing, for the people. You can say it is left or you can say it is right, but what is important is when we decide certain things, it is not to show we are purposely going the other direction. I think the rakyat will take into consideration whether what you are doing is for them, the interest of the people, doing the right thing or strengthening the institutions.
ムヒディン:重要なことは、中央か、左か、右かと言うことではない。人々にとって正しいことをやるかどうかだ。左だ、右だと言うことはできるが、大切なことは、何か物事を決める時、意図的に異なる方向を向いていることを示すものではない。国民は、(政党や政府が)国民のためになることをしているか、国民の利益に叶うことをしているか、正しいことをしているか、或いは、(単に自分たちの)組織を強化するために何かしているかを見るのだろうと思う。

I think these are the issues which are of concern to Malaysians at large. I don’t want to be branded as a centrist, a leftist or a rightist. I just want to do the right thing. We won’t imitate other countries for obvious reasons because they are not the same. We want to do what is best for Malaysians.
私はこれらのことは、マレーシア人の大多数が懸念していることだと思う。私は、(Bersatuが)中央だ、左だ、右だと区別されたくはない。私はただ、正しいことを成したいのだ。我々は、見ていただければ分かるが、他国を真似たくはない。なぜなら同じではないのだから。我々はマレーシア人にとっての最善を尽くしたいのだ。

TMI: Will they play the race and religion card in GE14?
TMI:彼ら(アムノ)はGE14で人種と宗教カードを切ってくるのでは?

Muhyiddin: Najib and BN may do it because they have no other issues to use. He thinks that these issues (race and religion) are close to the voters’ hearts and he can raise sentiments of hatred and the like. But this is a dangerous trend in a multi-ethnic country like Malaysia and can cause political instability and safety problems. We have to be wary of such tactics. We want to rectify all the wrongs they committed.
ムヒディン:ナジブとBN(※)には他に切るカードがないので、そうするかも知れない。彼(ナジブ氏)はこれらの事柄(人種や宗教事項)は有権者の心に近く、憎しみや好みなどの感情に訴えることができると考えている。だがしかし、これらはマレーシアのような多民族国家にとっては危険なことだ。これらは政治的不安定性や安全上の問題を引き起こす可能性があるので、そのような選挙戦術には警戒が必要だ。我々は、彼らが(この国で)成したすべての間違いを正したいのだ。

※アムノを中心とする与党連合のこと。

TMI: In 1999, Umno had a difficult time after Anwar Ibrahim’s sacking but in 2004, the Malay vote swung back to BN with a new prime minister. So, if Najib were to step down tomorrow, would that change?
TMI:1999年のアンワル・イブラヒム氏(※)の解任後アムノは難しい時期を迎えたが、2004年にはマレー系の投票が新首相とともにBNに戻った。だから、もしナジブが明日辞任すれば、それ(アムノ)は変わるだろうか?

※アンワル・イブラヒム氏はマハティール時代の元副首相で、現在同性愛の罪で服役中。妻のワン・アジサ氏が党首を務める人民正義党、英語名、People's Justice Party、マレー語名、Parti Keadilan Rakyatの実質的リーダー。

Muhyiddin: I ask you a question, would that solve the problem? People assume if Najib steps down tomorrow, everything will turn good again. But will it? Or is it only part of the problem? It is not only the personality. It is of what he has done, the policies that he has initiated, the damage that he has created in the country, and the leftover that will have to be handled by future generations. The trillions of ringgit in debts the country is faced with and the issue of 1MDB will still have to be resolved.
ムヒディン:私があなたに質問しよう。それで問題が解決するだろうか? 明日ナジブが辞任すれば、すべてのことが再びうまくいくだろうか?本当にそうか? それともナジブは問題の一部に過ぎないのか?問題は彼の個性だけではない。彼がやったこと、彼が始めた政策、彼がこの国に与えた損害、そして未来世代によって処理されなければならない彼の遺物のすべてが問題なのだ。それは国が直面している数兆リンギットの債務のことであり、1MDBの問題とて依然として解決されていない(解決されなければならない)。

Najib’s resignation doesn’t resolve this. Maybe it is a good thing that he will be rid of, being part of that system, but whoever is to take over will have to handle the problems. So, I think it is not going to be the finale if Najib goes. It is not just the person, but the system that the party has created over the years is so corrupt that it is no longer sustainable. So, while one person can be a factor, it has now gone toxic. When things become toxic, everything they touch become poisonous.
ナジブの辞任はこれを解決しない。おそらく彼が排除されることは、彼が問題システムの要因なのだから良いことのだが、彼を引き継ぐ人間が誰であれ、残るこれらの問題に対処しなければならない。だからナジブが去ってそれでフィナーレではないのだ。それは人だけの問題だけではない。アムノが何年にもわたり創生したシステムは腐敗しきっており、もはや持続可能なシステムではない。なので、一人の人間が問題の要因ではあるが、今その毒を排除したとしても、その毒に接した者すべてが毒に変わっていることが問題なのだ。

TMI: So this is beyond personality?
TMI:これは個性の問題を超えている?

Muhyiddin: Personality is one, but of course it is beyond personality. The problem that is faced by the country today is of one man’s creation and of a system that is corrupt.
ムヒディン:個性は問題のひとつだが、もちろんそれは個性を超えている。今日のこ国が直面している問題は、一人の人間が成した問題と彼が創生した腐敗システムだ。

TMI: What first came to your mind when you received the news that you were sacked from the cabinet?
TMI:あなたが内閣(の副首相)を追われたと知った時、最初に何を思ったか?

Muhyiddin: People have asked me if I feel sad but I don’t feel sad. As a Muslim, I accept it as fate and maybe a blessing now. I think the timing must have been there, because God did not want to see me sit beside Najib after the many wrongs he has committed. Today, I feel free from these feelings and I’m no longer restricted by the problems we see today.
ムヒディン:人々から悲しいかと問われたが、悲しくはなかった。イスラム教徒としての私はそれを運命として受け入れたし、今では良かったと思っている。まさにタイミングがそこにあったのだと思う。なぜなら、神は、数々の過ちを犯したナジブの傍に私を座らせたくなかったのだ。今、私はこれらの気持ちから解放されているし、もはや目の前にある問題でなにも制限されてはいない。

I would not have been in peace if I continued to serve beside him. I can continue arguing on why I should not have been sacked but I just want to move forward. I think the bigger issue is not about me now. I don’t talk about myself but I will talk about my party and what I struggle for. What is important are Malaysia’s issues.
もし私があのままナジブの傍でナジブに仕え続けていたならば、私にこれほどの平和はなかっただろう。私は、なぜ私が解雇されるべきではなかったかを論ずることはできるが、私は前進したい。より大きな問題は今それを論ずることではないと思う。私は自分自身のことは話さないが、党のこと、私が党で何に苦労しているかについて話したい。重要なことはマレーシア全体の問題なのだ。

TMI: People say one of your previous statements “I’m Malay first, Malaysian second” was racist in nature. What is your comment?
TMI:人々の中には、あなたの「私はマレー人第一、マレーシア人第二」と言う以前のステートメントについて、あなたと言う人間は本質的に人種差別主義者だと言う者がいるが、これに対するコメントは?

Muhyiddin: During my time as a minister and menteri besar (Johor), were there any instances where my actions and deeds were discriminatory? What I said then was a statement of fact. You are a Malay and you are a Chinese and that is all. As Malaysians, what is important are deeds, not words. I have never done anything which is racist in nature.
ムヒディン:私の大臣時代やジョホール州政府首相時代に、私の行動や行為が差別的だった例があったかどうかを見て欲しい。私の当時のステートメントは単に(この国の)事実を述べただけだ。あなたはマレー系、あなたは中国系、ただそれだけだ。マレーシア人として重要なことは、言葉ではなく行為だ。私は本質的に人種差別的なことは一度もしていない。

Are there any Chinese who would say I did not help them but only helped the Malays? People must evaluate me based on my actions and not my words. My son-in-law is Chinese and many of my friends are Chinese, too. As a Malaysian and a leader, we must act fairly, be considerate and understand the different interests of the various races. This is something I have done since my involvement in politics. I think we should put that incident to rest.
私が彼らを助けずマレー人だけを助けたと言う中華系マレーシア人を誰か知っているか?言葉ではなく私の行動を見て私を評価して欲しい。私の義理の息子の嫁は中華系で、私の友人の多くも中華系だ。マレーシア人のリーダーとして、私たちは公平に行動し、さまざまな人種のさまざまな利益を尊重し、理解しなければならない。これは私が政治に関わって以来私が一貫してきたことだ。私たちはその件(マレーファーストと言う氏の以前のステートメントのこと)に拘泥すべきではないと思う。

TMI: Bersatu is one of many Malay-majority parties. Is it able to represent the Malays the same way Umno has?
TMI:Bersatuは、多くのマレー人が多数を占める政党のうちの一つだがアムノ同様マレー人を代表することができるのか?

Muhyiddin: I believe we can, but it takes time. Umno now cannot claim to have monopoly of the Malay support or the only party that can defend the rights of the Malay community or the only party that can defend Islam as a religion for the Malays. That is false, and I think it is also wrong to make such a claim. Bersatu is not racist, as it will fight for all Malaysians. We have proven that in many of our statements and the things we do. The reason is more than just tactical.
ムヒディン:私はできると信じているがそれには時間がかかる。アムノは今では、マレー人の支持を独占することも、マレー人社会の権利を守る唯一の政党だと主張することも、あるいはイスラム教をマレー人の宗教として守ることができる唯一の政党だと主張することもできない。それは誤りだし、そのように主張することも間違いだと思う。Bersatuは人種差別主義ではない。すべてのマレーシア人のために戦う政党なのだ。我々は、我々の多くのステートメントや我々の行動でそれを証明してきたが、その理由は単に(選挙)戦術的なものではない。

All this while, the opposition could not win because they could not penetrate into the Malay heartland, which is controlled by Umno. Why didn’t Parti Keadilan Rakyat win the last elections or why can’t PAS penetrate although it won in Kelantan and Terengannu? It is because of the same factor. All these seats that belong to Umno is where the Malays are the majority. The reason we formed this party is because we need to penetrate and break that so-called monopoly.
ずっと長い間、野党はアムノに支配されたマレー人の中心地に浸透して勝利することができなかった。なぜPKRが前回選挙で勝利できなかったか、なぜPASがクランタン州とテレンガヌ州で勝ったにもかかわらず浸透できなかったのか?これらはいずれも同じ要因だ。アムノに独占されたこれらの議席のすべてはマレー系が多数を占める地域だ。我々がBersatuを結党したのはこのためだ。我々は、これらの地域に浸透しアムノの独占を打ち破る必要があるのだ。

TMI: At your age and experience, you did not have to do this, what was the motivation that made you start a new party?
TMI:あなたの年齢と経験からして、政党を新たに結党するなど必要のないことではなかったか?その動機は何だったのか?

Muhyiddin: I wanted to retire earlier. I still remember when I was on good terms with Najib. He was beside me in Dewan Rakyat (Parliament) during the swearing-in ceremony after the 2013 elections and I told him this was going to be my last term. And he looked at me and said, “I thought we were going to be together to celebrate 2020”. That was four years ago. I said if I continue to the end of the term, I will be 71, so I think enough is enough. I don’t know how much I have done for the nation but I have served for many, many years. And it is left for the people to evaluate my contributions.
ムヒディン:私はもっと早く引退したかった。私はまだナジブとの良い関係を築いていた時の出来事を憶えている。彼は2013年の総選挙の後、下院の宣誓式の場で私の傍にいた。私は彼に話しかけた。これが私の最後の勤めになるだろうと。すると彼は私を見てこう言った。2020年を共に祝おうじゃないかと考えているのだと。それは4年前のことだ。私はこう言った。もし私がそれまで勤めを続けるなら私は71歳になる。もういいこれで十分だ。私がこの国に対していかほどのことを成したかは分からない。だがしかし、私は何年も何年もこの国に奉仕してきた。残るは人々が私がこの国にいかほど貢献したかを評価する時だ。

But this thing happened… my family said it was time to retire. My friends said I can play golf, makan angin and do anything I want like sit down at a coffee shop and complain for hours. I wish I could have done that, those are the things that you have missed for so long. Then things happened… not because I was removed, but because of the things which have happened to the country.
しかし、このこと(内閣と党からの追放)が起きた。私の家族は、もう完全退職する時だと言った。私の友人たちは、ゴルフもできるし旅行もできる、コーヒーショップで何時間でも(他人の)悪口言うことなど、私が好きなことが何でもできるんだから、と言ってくれた。私もそれができればいいなと思った。そんなことずっと長い間したくてもできなかったからね。しかしその時ことが起きた。(私が立ち上がったのは)私が追放されたからではない。この国に何かが起こったからなのだ。

And I never imagined that I will be so close to Tun Dr Mahathir Mohamad. We meet practically every day to discuss what is happening to the country. This is something I must do in the last part of my career. It has to be now. Because of what has happened I have to ask the same question. Can I leave? I cannot. I will have to do something for this nation. Will I succeed? I am not too sure. I hope so, but that is the only thing that you have.
私は、マハティール元首相とこれほど近づきになろうとは想像だにしなかった。だが今は、ほぼ毎日会ってこの国に何が起きているのかについて議論している。これは私の最後の人生章でやらなければならないことだ。そしてその時期が今なのだ。何かが起こっているから、私は何が起こっているのか質問をしなければならないのだ。辞めることができるかって?それはできない。成功するのかって?それは分からない。それはそう願っているがそのカギはあなたたちが握っているのだ。

It is not going to be easy, as I am spending a lot more time now when I should be spending it with my grandchildren. But I don’t have much of a choice. If I don’t do it, then can somebody else do it? Yes, Anwar (Ibrahim) can do it but I want to be part of this and that is why I said it is ok, I am prepared to continue. I may not be as young or strong as before but I am prepared to do what I have to do.
私は孫たちと共に過ごすべき時間を、それよりも多くの時間を(Bersatuに)費やしているのだが、それ(この国に起きている問題を解決すること)は簡単なことではない。しかし、私には選択肢があまりない。もし私がこのことをやらなければ、誰がそれをやるのか?そう、アンワル(イブラヒム)にはそれができると思うし、その場合は私はアンワルに参加したいと思っている。このことが私が続けても良い、OKだと言った理由だ。私は以前ほど若くないし、強くないかも知れないが、私には自分がやらなければならないことを実行する準備ができている。

This is the challenge in a lifetime. You may succeed or you may not. I leave it to God to decide. If you want to form a company, you have to calculate the cost and benefit and the profit and loss. But when I formed this party I never calculated how much I needed to move this party. I just wish that some people will just come into this party. I think that is important as a person, the will to drive on. It is okay, if I were to die tomorrow like what Tun says, at least I can say I have tried.
これは人生のチャレンジだ。 成功するかもしれないし失敗するかも知れない。私はこのことは神に委ねたい。あなたが会社を立ち上げる時は、コストと利益とその損益を計算するだろう。しかし、私がこの政党を結成したとき、私は政党をどれぐらい稼働させるべきかを計算しなかった。ただ私は幾らかの人々がこの政党に参加してくれることを望む。人として重要なことは政党を運営し前に動かす意思だ。いつもマハティール元首相が言っているように、私も、もし明日死んでもOKだ。少なくとも私は努力したと言えるのだ。

I don’t think I am stupid. And nobody has told me that I am stupid for doing this. Maybe those guys are stupid to say why are you spending so much time and energy in all this.
私は自分が愚かだとは思わない。 そして誰も私がこのことをやるのに私に愚かだと言った者はいない。恐らく彼らは、なぜ私がこのすべてにおいてとても多くの時間とエネルギーを費やしているのかを質問することが馬鹿げているといると思っているのだ。

TMI: Was there a particular moment which made you decide to form Bersatu?
TMI:あなたにBersatuを結成することを決断させた特別な瞬間はあったのか?

Muhyiddin: I am a thinking person. It is not a process. It is fast. People who have been with me know how fast I move. Even though I don’t say anything, it is still working in my mind.
ムヒディン:私は理論を好む人間だ。それはプロセスではない。そして決心は速い。私と共に歩んできた人たちは、私がどれほど速く動くかを知っている。何も言わない時でさえ、それは私の心の中で動いているのだ。

This effort is a real struggle. You got to go and do it. I can’t ask Tun to come and run this office and set up the branches in the country. I am here to build up the infrastructure, the political support and whatnot. I do it this way even though I don’t have the full support, but it is okay as people will slowly understand.
この努力は真剣な闘いだ。行かなければならず、やらなければならない。私はマハティール首相に事務所に来てもらい、この事務所を運営し、全国に支部を設立するようお願いすることはできない。私はここで、インフラや政治的なサポート態勢などを構築しているが、政党としては、まだ人々による完全な支援は得られてない。でも人々は徐々に(Bersatuを)理解してくれることだろう。大丈夫だ。

Nowadays, the Chinese are telling me they will support me. So maybe I am not doing the wrong thing. It is not a snap decision or sheer coincidence. This is a serious business. This is the politics of trying to save the country. You must think about it for it to happen. That is why I told Tun, we cannot be fighting like this, before Bersatu was formed. We needed a platform and a party. And now we have a party.
最近、中華系の人たちは私をサポートすると言ってくれている。だから多分私は間違ったことをしていない。これは早すぎる決断(見切り発車)でも偶然の一致でもない。これは真剣なビジネスなのだ。国を救おうとする政治なのだ。だからわたしたちはそれを実行に移すにはどうすれば良いかを考えなければならなかった。そうでなければこのように闘うことができない。これがBersatuを結成する前に、私がマハティール元首相に相談した理由だ。私たちには闘うためのプラットフォームと政党が必要だった。そして今、我々は政党を持つに至った。

TMI: How sure are you that the Malay vote will change?
TMI:マレー人の投票先が変わると言うことをどう確信しているのか?

Muhyiddin: From my observations and Bersatu’s empirical studies (surveys), we have noticed a positive trend among the voters in general, including Malays in Felda areas. Non-BN parties used to have difficulties penetrating the Felda areas but we have opened branches in some of the Felda areas.
ムヒディン:私の観察とBersatuの経験的調査(アンケート調査)から、Felda地区(※)のマレー人地区を含む一般的な有権者の間で(Bersatuに対する)肯定的な動向結果が出たのだ。これまではBN(与党連合)以外の政党がFelda地区に浸透することは大変難しかった。しかし我々はいくつかのFelda地区に支部を開設した。

※Feldaとは、Federal Land Development Authority Malaysia(マレーシア連邦土地開発庁)の略で、この場合、土地開発のための入植者地域や入植者のことを指している。

The Malays are still among segments of society who face cost-of-living issues because they are among the biggest group who earn low wages and are poor. The Malays today have reached a stage where they can no longer bear the rising costs of living. As such, we believe together with the non-Malays, the Malays will also reject BN.
マレー系は依然として低賃金で貧しい人々の最大グループに属しており、生計の問題に直面する社会区分に留まっている。なのでマレー人は今、もはや高騰する生活費を負担できない段階に達している。なので、マレー人も非マレー系と共にBN(与党連合)を拒絶するだろうと信じている。

TMI: How significant is the change?
TMI:変化はどれほど重要なことか?

Muhyiddin: In 2013, BN only had 48 per cent of the popular vote while 52 per cent of the popular vote went to the opposition, but that didn’t trigger a change in government. How do you compare 2013 and 2017? Better or worse? I have heard a lot of people say now is better but based on the scenario and the studies that we did, things are getting worse.So, if things are getting worse then basically the 48 per cent of popular vote that BN had in 2013 cannot be sustained.
ムヒディン:2013年の総選挙では、BNの獲得投票(一般投票)は48%でしかなく、52%が野党に流れたにかかわらず、政権に変化をもたらす引き金とはならなかった。2013年選挙と2017年選挙を比べてどう思うか?(BNにとって)良くなるのか悪くなるのか?私は多くの人々が今次選挙が良いと言っているのを聞いているが、しかしシナリオや調査結果は悪化しているのだ。したがって、状況が悪化した場合、基本的にBNが2013年に獲得した一般投票の48% を持続することはあり得ない。

And you go by state and constituency, we see the shift already happening. Johor used to be a strong BN state. They called it the blue state but now I say the blue has turned to blur.
そして州と選挙区に行くと、我々はすでに起こっている変化を見るのだ。ジョホール州はかつてはBNの州だった。彼ら(与党)はそれを青の州(※)と呼んでいたが、今やその青がぼやけてしまっているのだ。

※青色はBNのカラー

While Johoreans have been long supporters of Umno, they have now shifted because of the problems and issues. They are well exposed and well educated and experienced and they see what is happening today, and I don’t think they endorse what the government is doing.
ジョホール人は長い間アムノのサポーターであったが、解決すべき問題や議論すべき事柄を見て変化しているのだ。彼らはよく自分の身を晒し、教育程度が高く、経験も豊富で、今、この国に何が起こっているのかを良く見ている。その彼らが政府がしていることを支持するとは思えない。



ちょっと長いインタビュー記事でしたが、いかがだったでしょうか。彼、ムヒディン氏は実は私と同年です。そんな私には彼の気持ちが痛いほど良く分かるのです。人生観、生き様、固い信念、そしてそのチャレンジ精神、私が言うのもおこがましいのですが、すべてに相通ずるものがあるような気がします。

昨年、ナジブ首相によって突然内閣のメンバーを外された時以来、それとなく注視してきたつもりでしたが、これほど詳細にかつ生々しく彼の今の状況を伝える記事にお目にかかったのは初めてです。氏の益々の奮闘を願い、そしてマレーシアン・インサイトには快哉を叫びたいと思います。

なお、このインタビューの一部動画もありましたので参考までに載せておきます。



以上、今日はマレーシア政界疑獄の中から、私好みのちょっと清涼感のあるインタビュー記事を紹介してみました。

さて、今週(9月10日の週)はナジブ首相と米国のトランプ大統領が会談する(9月12日)という注目のイベントがある週です。自国での立場や状況が逼迫している中で、これが実現すれば、ナジブ氏にとってはまたとない疑惑の免罪符となることを期待している感があるのですが、これについては、各方面に様々な憶測や見方があって極めて興味深いものがあります。しっかりと注視していきたいと思っています。

ではまた。。





今日は9月3日の日曜日です。8月31日の独立記念日から4日連続の休みと言うことで、ちょうど日本のゴールデンウィークのような雰囲気なんですけど、この4日連続休暇がいつの間にか5日連続になった。つまり明日の月曜日も国民の休日になっちゃったんです。

実は、マレーシアがホストしたSEA GAMES(東南アジア競技大会8/19-8/30)の大成功とマレーシア選手団の勝利を祝って、ナジブ首相が突然、9月30日夜の閉会式で高らかにこのことを宣言し、詰めかけた8万もの観客が総立ちで歓喜したのだそうです。私なんか、仕事もしていないのだから特に関係はないかとも思ったが、待てよ、DBPでのボランティアワークがあるので、少しは関係あるな。。

しかし公務員や会社従業員など大多数の国民にとっては、休みが突然増えることは単純に嬉しいことかも知れないが、中にはそうではない人も少なからずおられるはずです。カレンダーに定められた休みであれば、事前に打ち合わせして予定を組める。でも前触れも何もない国民の休日なんて、世の中にはそのために商売の予定がぶち壊しになったとか、休めるわけがないと憤慨している人も多いのではないかと思います。

大体、こんなことがなんで首相の独断(?)で突然決まるのか、それがとても不思議ですよ。ちなみに日本であれば、国民の祝日に関する法律の一部改正が必要で、しかもそれが実際に施行されるまでは多くの手続きを経なければいけないし、突然明日、国民の休日にするなんて、とてもとてもできることではありません。

この国って、なんでもかんでも誰かにおべっか使ってゴマを擦って、そして分け前を少しだけ貰って、それで幸せな国なんですね。MRTの全線開通も偉大なナジブ首相のお陰。SEA GAMESの成功も偉大なナジブ首相のお陰。国民は偉大なナジブ首相や現政権の言うこと聞いて頑張ったから、ご褒美に休みをもう1日増やしてやるなんて言われて大喜びしてる。これってなんか、どこかの国の将軍様のお陰、、と似てないですか?

すかさず野党は選挙対策の見え透いた人気取り、などと反発していましたが、所詮目の前の人参には敵わない。現金バラマキ作戦(BR1M-Bantuan Rakyat 1 Malaysia=所得の低い国民に現金を支給するという政府の低所得層救済策)と言い、こういった人参作戦は、選挙が近づくにつれてますます嵩じてくるのでしょうね。

今日はしかし、その偉大なナジブ首相のお話ではなくて、彼のお陰(?)で全線開通したMRTに遅ればせながら乗ってきましたので、恒例の前面展望動画を中心に沿線のお楽しみなどを紹介してみたいと思います。




今回のMRT乗車の同行者は、いつもの仲良しグループ。デサスリのバス停からMRTのフィーダーバスに乗ってPUSAT BANDAR DAMANSARAの駅でMRTに乗り換えです。ちょうどその日は偉大なナジブ首相からの贈り物の切符半額期間内でしたので、私たちもちゃっかりとその恩恵に預かりましたけどね。

当日の行程はまず、そこからブキ・ビンタンまで行ってランチする。そして、その後またMRTに乗って今度は終点のカジャンの一つ手前にあるスタジアム・カジャンで降り、有名なマレー焼き鳥のサテを買って帰るというものです。

では早速、SEMANTANからBUKIT BINTANGまでのMRT前面展望動画(8分40秒)をご覧ください。



ブキ・ビンタンのあたりのMRTの工事って長かったですよね。アロー街に行くときなんか、ずうーっと不便を強いられていたんですけど、工事がようやく終わってホントに良かったです。それに、目の前にあるLot10の伊勢丹にできたジャパンストア(ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur)、これ凄くいいですね。

確か、去年の10月頃にLGフロアなどがオープンして、クォリティの高い日本産品を綺麗に飾って売るお店や、お酒のチョイ呑みや食事ができるお店もある。これぞ日本のクォリティだって、いや気に入りましたね。でも難点はなんでもちと高い。これじゃあ、ローカルの庶民は近づけないかも知れませんね。でもこの前、若いチャイニーズグループが、カウンターに陣取って日本酒の吟醸獺祭のボトルを開け、つまみはなんとマグロの大トロでしたからね。驚きましたね、リッチなんですね。え?私ですか?指くわえて眺めていただけ。。

で、今回はそのLGフロアではなく、4Fのレストラン街のことです。どうやらこの2月にLGフロアに遅れてオープンしていたようなのですが、私は初めてです。友達に連れられて、ここのトンカツあんずと言うお店でランチしました。

MRTを降りて改札を通り・・・

001_201709031133572c7.jpg

案内標識に従い出口Dのエスカレータに乗ると、、

002_201709031133433ad.jpg

すると、すぐ目の前がLot10でした。↓

003_20170903113342bdc.jpg

ほら、パビリオン方向を見るとこうです。あれ、いつの間にかグランドミレニアムホテルの向こう側、あれパビリオンスイーツですかね。中国企業が凄いスピードで建築中の建物。。早いですね、もうあんなに高くなってる。

004_20170903113341c49.jpg

で、この日はLot10の伊勢丹フロアの4階に遅れてオープンしたと言うレストラン街、そしてここ和心とんかつ「あんず」に直行です。

005_20170903113340620.jpg

店内の模様ですが、すみません、この写真はネットからの借りものです。当日は私たちの他に数組の客がいるだけでした。

006_20170903113339ba4.jpg

で注文は迷わずコレ、と言うか、これを目当てにここに来たのです。限定20食の和定食セットランチはたったの30リンギ。こりゃ随分とお得ですね。そしてお味もベリーグッドです。

007_201709031133383a6.jpg

いやあ満足でしたなぁ。やっぱり和食はいいね、なんて話しながら、またしてもMRTに乗りこみました。今度は、スタジアムカジャンまでの22分30秒ほどの長編動画です。

隣にいたチャイニーズファミリィのちっちゃな女の子のお喋りが、可愛いけれど煩くて、撮影の邪魔だなあって思ってましたが、結局最後まで一緒でしたし、これも愛嬌かと思い、音は編集なしでそのままのせてます。



STADIUM KAJANGのプラットフォームです。↓

11_20170903121531710.jpg

スタジアムって名前がついてるってことは近くにスタジアムがあるってことだよね、と思い、駅員に尋ねたところ、目の前にあるのがそうだと言う。え、これ、、ですかぁ。。↓

12_201709031215195aa.jpg

そして、今回のお目当ては、ここ↓、駅前にあるなにやら不思議な形をした建物、これがサテ・カジャンのお店だそうです。早速行ってみましょう。

13_2017090312151874a.jpg

下に降りてきてみると、MRTの駅って大きいですね、まるで日本の新幹線の駅のよう。↓

14_201709031215185fc.jpg

でも、駅前の商店街はこんな風。ちょっと近代的なMRT駅には似合ってないような、、、いやいや、そんなことはないですね。

15_20170903121517c67.jpg

さて(笑)、これがサテ・カジャンの本舗だそうです。サテ・カジャンはSate Kajang Haji Samuriと言い、1992年開業のサテの老舗で、マレーシア各地に店舗を展開するチェーン店だそうです。

16_201709031215160b1.jpg

それにしてもなにか由緒のある建物のようですね。

17.jpg

ちょっと開店までまだ間があったので、ローカルの方たちと一緒に4時の営業開始を待って、お目当てのサテを買ってきました。これ、チキンやビーフやマトンやフィッシュやそのほか様々あるのですが、私的にはこれに付ける甘ダレがちょっと苦手。

18.jpg

なので、タレを付けずにそのまま食べたり、塩コショウを振って二度焼きしてみたりするのですが、まだかなり甘い。これって肉を甘ダレに漬け込んで焼いているのですよね。2、3本なら美味しいと思って食べられるのですが、それ以上となると、さすがの私もちょっとですね。ところがこの日は、勢いでチキンとビーフを各10本ずつ、計20本買ってしまいました。

そして家に帰り、ビール片手に覚悟を決めて独りで食べ始めたのですが、案の定ものの5本も食べぬうちに飽きてきた。でも生来のもったいない病ゆえ、残りを食べないで捨てるなんてこともできずに、無理して全部喰った。そしたら、その後しばらく気持ち悪いのなんのって、やっぱり、オレ、、、日本の焼き鳥の方が断然いい、いや、あれでなきゃもうヤダ・・・

ではまた。。



最近は毎回冒頭に愚痴を言うようで情けないのですが、こんな平凡な毎日でも人生ってなかなか自分の思う通りには行かないものですね。

何のことかと言うと、毎日の予定がなかなか予定通りにこなせない、こなそうとすると必ず予定外、想定外の障害が目の前に現れては邪魔をするのです。これってやはり歳をとったということなのでしょうね。若いころはもっと対応力があった。次から次に現れる障害を右に左にかわしながら器用に生きて来れたのに・・・

ところが歳をとって、対応力が弱くなった、不器用になったと言うことなのでしょうか。だから目の前に突然現れる些細な障害でもそれをクリアするのに意外と時間がかかる。もっとも、ここは異国なので、言葉や文化の違いから仕方がないことも多いのですが、それを割り引いても情けない、と思っているのです。

先日、次のブログに載せようと、全線開通したMRT(Mass Rapid Transit=大量高速輸送鉄道)に初乗車し前面展望動画を撮ってきたのですが、帰ってきてその編集作業を始めたところがそれが上手くいかない。どうも動画編集のためのフリーソフトがいつの間にか使えなくなっていて、止むを得ず、違うソフトをダウンロードして使おうとしたけれども、使い方が良く分からない。チュートリアルを見ながらやろうとしたのにそれでも上手くいかない。とうとう途中でメンドくさくなって諦めました。なのでまだ完成していないのです。

これなどは典型的な事象ですよね。そのせいでブログのトップ画像の写真を変えたまでは良いが、肝心の中身が準備できない。予定通りに進まないものだから気が焦る。気が焦ると次の予定も狂ってくるしちっとも良いことないのに、理解力も低下していて根気も続かないしダメですねぇ。

おっと、こんなところでブログが遅れた理由を長々と書いたり愚痴ったりしていると益々情けなくなるのでこのくらいにして本題に入りますが、皆さんはシーゲームズってご存知ですか?

実はこれSEA GAMESと書いて、東南アジア競技大会、South East Asian Gamesのことなんです。今マレーシアでは、KLを中心に第29回のシーゲームズが8月19日から30日までの予定で開催されているのですが、昨日、その一部競技を実際に見に行って来ました。

これは2年に一度、開催されている競技大会で今年はマレーシアがホスト国。いわば東南アジアのオリンピックとも言われていて、こちらでは相当盛り上がっているのです。参加国のASEAN加盟10か国と準加盟国の東ティモールを加えて11か国が、計38競技404種目に連日熱戦を繰り広げているのです。

そんな中、私の注意を惹いたのは、"シーゲームズ、マレーシアで初のウィンタースポーツ"と言う新聞の見出しと、これも新聞ですが、"オリンピックサイズのアイススケートリンクがまもなく完成"と言う二つの見出しです。

え、この南国マレーシアでウィンタースポーツ?正直言ってかなりの違和感がありましたね。土台このマレーシアは四季のない、常夏の国なのだから、そんな国でウィンタースポーツはないでしょう、と思って記事を読むと、、、なるほど、これまでは競技種目に入ってなかったウィンタースポーツ種目が、今回のマレーシア大会から初めて取り入れられるのだとか、、その理由としては、オリンピックサイズのアイススケートリンクが大会に間に合うように新設され、供されるからなのだそう。

ふぅーん、南国でアイススケートねぇ。。そういえば、いつかプトラジャヤのIOI City Mallに行ったときもスケートリンクを見たな、そうそうサンウェイピラミッドにもあったよな。。二つとも大勢のヤングカップルで賑わっていたけど、あのリンクサイズでは競技は無理だね、あれは飽くまでレジャー用だろうな。なになに、オリンピックサイズのスケートリンクが完成だって?ふぅーん、で、どこに?

と、読み進んでみてちょっと驚いた。え、ダマンサラ・プルダナ?なんだ直ぐ近くじゃないか。いつも買い物に行くTESCOやCURVEやIKEAの近くじゃないか、、、、と、俄然興味が湧いてきた。

よし、行ってみよう、と思い立ち、SEA GAMESの競技日程を検索したのだが、どこを探してもアイススケートの詳細の日程や時程が見当たらない。え?これはどういうこと?と不思議に思い、しつこくしつこく探していたら、ようやくアイスホッケー競技開始の2日ほど前(8月18日)になって始めてWEB上に詳細の日程や時程が掲載された。

どうやらこれは、当初予定では5月中旬に完成する筈だったアイスアリーナの新設工事か予定通りに進まず7月中旬まで延び、さらにそれでもオープンできずに、なんと保安検査を含むすべての工事完成検査を終えたのが8月18日だったそうな。なるほど、だからそれまで公式WEBには載せられなかったのかも知れないな。。

でも、とするとこれって随分危ない橋を渡っていたんじゃないか、、、なんて、私のような完全なる部外者が口出すようなことではないとは思うけど・・・、だがしかし、私の興味はこれで益々高まりました。そんな危ない橋を渡ったオリンピックサイズのアイスアリーナを是非この目で見てみたいし、そんなアリーナを使う国際競技大会がどんなものかを見せてもらおうかと思って、昨日行ってきた訳です。



ところが正直言って、私はウィンタースポーツのうちの氷上スポーツにはほとんど興味がありません。なぜなら、スキーは幼いころからの得意種目なのにスケートだけはどうも苦手、と言うか、今までほとんどやったことがないのです。いつか孫たちと一緒に近くのスケート場で遊んだ時も、孫たちとほとんど同じレベルのよちよち歩きで、孫たちからも白い目で見られたぐらいですから。。

さらになかでもフィギュアスケートなるものにはまったく興味がない。こんなことを言うと偏見だと怒られるかも知れないが、私は昔から男らしい体育会系の競技は大好きだが、華麗で華奢なものにはどうも興味が湧かないと言うか、はっきり言って好きじゃない。

だから、今回もせっかく見るならアイスホッケーとか、ショートトラックのスビートスケートかな、と思っていたのだ。ところがMy Better Halfが大のフィギュアスケート好き。いつも羽生選手が出るんだとか言って、マレーシアに居てもテレビの前にかじりついているほどで、昔は高橋大輔、今は羽生なんとか言う選手の大ファンなのだ。けれども残念ながら今までテレビでしか観たことがない。実際に傍で本物のフィギュアスケートを観戦したことがないと言うことを私は知っている。

そして突然閃いた。これはひょっとして一石二鳥じゃないか。私はオリンピックサイズのアイスアリーナとか、その運営そのものに、そしてMy Better Halfはフィギュアスケートに興味がある。ここのところ、彼女の体調が優れないのも気になっていたし、気晴らしにもなるだろう、とも考えたのだ。

すると、レベルの低い国の選手の演技なんか・・・などと言って最初は愚図っていたのだがやはり興味があるようで、結局昨日(8月26日)午後3時開始予定の女子、男子のSP(ショートプログラム)を観に行くことになった。

と言うことで昨日の土曜日、私はいつものYMCAのマレー語クラスを午後1時に終えてすぐに家に戻り、My Better Halfをピックアップしてダマンサラ・プルダナのアイスアリーナに車を走らせました。

その後10分もかからず2時過ぎには現地に到着し、今だけ無料と言う、広いがまだ工事途中のような無機質な地下駐車場に車を停め、これも急ごしらえのような案内板に従い会場のアイスアリーナに向かった。

↓約1週間ほど前にオープンしたばかりと言うアイスアリーナ。え、オリンピックサイズってこんなの?と思ったが60×30mのショートトラックがとれればオリンピックサイズなのだそう。。ふぅーん。。

001_201708270831388f6.jpg

確かに立派なアイスアリーナだな。でも、このアリーナが入っている建物はまだ半分も完成してないんだよ。

↓ほら、まだこんなんだよ。これエンパイア・シティ・モールって言うらしいけど、完成の暁には、全体の売り場面積で言うと、今のワンウタマ・ショッピングモールの2倍以上になるんだってさ。どこかに書いてあったけどマレーシア最大のショッピングモールらしいぞ。

empirecity.jpg

このエンパイア・シティ・モールって、場所はほらここですよ↓写真中央の建物群。参考までに我が町モントキアラは、写真左上の小高い山の向こう側。ちょっとだけ高層コンド群が写ってるでしょ。モントキアラからここまで来るのにあの小高い山のトンネルを抜けて約8分程度かな。

empirecity02.jpg

上部建物はまだ建築中と言うのに建物下部にはこんな立派なアイスアリーナがあってもうオープンしてる。

002_20170827083138065.jpg

これってなんか違和感ないですか。多分日本ではこんなことは絶対ないですよね。建物上部はまだ建築途中なのに下の出来てる部分だけでオープンし、しかも国家の威信をかけるべき国際競技大会の会場として使われているなんてね。

003_20170827083114fb1.jpg

こんなことあり得ない。絶対どこかに皺寄せ来るぞ、なんて穿った見方をしてしまうよね。でも、駐車場はタダだし、そういえば、なんとこのアイスアリーナの入場料もタダ。またまた穿った見方をすれば、なにか事故とかあっても駐車料もタダで入場料もタダだから客はなんの文句も言えない、、とかの心理作戦なのかなぁ。

004_201708270831133c5.jpg

まぁしかし、警察や消防の保安検査には合格したとのことだから、最低限の安全は大丈夫なのかも知れないが、一般車両の駐車場とか、一般入場者出入り口とか通路とかの雑なこと雑なこと。。まだオープンして1週間程度と言うのに、壁に汚れやシミは目立つし、床も汚いしところどころデコボコしてるし、水漏れもあるようだしで、やっぱりなと思ってしまいます。

でも駐車料も入場料もタダだから許せるか、なんて思ってしまう私は根っからの貧乏人なんですね。

さて、今日のフィギュアスケートの競技開始は3時。私たちが会場に入ったのが2時20分だったから開始まであと40分ほどしかないのに、会場を見渡すと、お、ラッキー、、あちらこちらに空席が結構ある。それでもあとからあとから続々と客が詰めかけてくるので、慌てて空いてる席の方に向かおうとしたが、なんと途中にロープが張られていてその先には行けないのだ。張り紙を見るとどうやらその先は招待者専用席のようだ。

007_201708270831110af.jpg

ひょっとして、1階席も2階席も3階席も、空いてる席は全部招待者席だったりして?
Oh, No!とりあえず確認しようと急ぎ足で歩きまわってみたが、ざ、残念、ぜーんぶ招待者席でした。

そ、そうか、やっぱりこんな時間じゃ席は無理なのか、、、で、でもタダだから文句言えないよなぁ。。そうこうしているうちにどんどん混んできて、立ち見も楽じゃなくなってきた。

005_2017082708311297c.jpg

案内所に行って、一般観客席で空いてるところはないのかと聞いてみたが、ない、と生意気なマレー女に冷たくあしらわれ、今度は腹が立ってきた。少々チケット料とっても良いから席ぐらい確保しとけよ、と口には出さないが心で罵った。

006_20170827083112fdb.jpg

そのうち、トイレに行きたくなってきたので、案内矢印に従って一見素晴らしく綺麗でモダンに見えるトイレに行ってみたのだが・・・

008_20170827083110711.jpg

あれっ? 小用の便器がひとつもない。見るとまだ壁に設置されてないようだ。おいおいこれで国際競技大会本番かよ。。止むを得ず、4つほどある個室のひとつに順番待って入ったが、便座が既に黒く汚れていて、床には濡れたティッシュなどが散乱してる。Oh, No!

009_2017082708300107b.jpg

最後にもうひとつダメ押しがあった。一見綺麗な洗面台だが、4台の洗面台のうちの2台で水が出ない。盆栽のようなものも飾ってあって、結構金かけてるなぁと言う印象だが、どうもちぐはぐだ。

010_2017082708300075b.jpg

↓こんな、通路や壁に貼られている大きな掲示物も一部剥がれ落ちていたり、、、

011_2017082708295941f.jpg

その後ろ側がこんな風に覗けたりして、お粗末極まりない。

012_20170827082958be6.jpg

でも会場のあちこちに設置されているVIP席は万全のようだ。

013_201708270829587af.jpg

↓こんな風にガラス張りの室内に王様が座るような立派な椅子があるのだが、まもなく競技が始まると言うのにVIPらしき人物の姿は見えず、子供が遊んでいるだけ。

014_201708270829574f5.jpg

横からも覗けるので写真を撮ってみたが、この人たちがVIP?

015_20170827082831a1d.jpg

↓競技が始まってもまだVIPルームはガラガラ。

016_2017082708283154c.jpg

係の人たちだけが手持ち無沙汰にしてVIPの到着を待ってる?

017_20170827082830d9c.jpg

ところでVIPって誰?政治家?高級公務員?団体役員?ようやくちらほらと人が入って来たが、ここではなんと飲み物や料理が供されている。これも無料?この予算はどこから出てるんだろう?この人たちは誰?それにしても、この国の偉い人たちと庶民のこの差別は一体何なんだよ。

この国ではこういう差別ってどこにいても感じるが、こんなことろでは余計癪に障る。庶民が座れるように割り当てられた席はほんの少ししかなくて、大半がVIPや招待者用だ。その制限ロープが張ってあるところで、一般客と招待客を区分けしていた係の女性に尋ねてみた。私は、実は今日、はるばる日本からこのスケートを観に来たのだが、この招待者席に入れては貰えないだろうか、、。(ウソだけどね)

一瞬困った顔をした若い女性の後ろから、デカくて怖い顔をした中華系のおばちゃんが出てきて、招待券がなければダメだとにべもない。しからばどこの誰に言えば招待券がもらえるのかとしつこく食い下がったが、いつの間にかおばちゃんは後ろの人混みに消えた。

018_201708270828297c1.jpg

しかし、そんな招待席やVIP席では庶民はあっち行け、しっしっ、みたいなぞんざいな口調で適当にあしらわれ腹も立ったが、混み合う一般席の後ろで立ち見をしていたら、前に座っていたご婦人が親切にもご自分の家族の席を空けて譲ってくれた。これには救われた。丁重に礼を言って、My Better Halfを座らせてもらったが、この国にも親切な方は大勢居る。

019_201708270828292a8.jpg

そのうち女子フィギュアのショートプログラムが始まり、3階席だったけど、席を譲ってもらい座って観戦できたMy Better Halfはとても喜んだ。初めての実際のフィギュアスケート観戦が、東京や横浜や埼玉のアイスアリーナではなく南国マレーシアだったことは、これはちょっと可哀そうだったかも知れないが、ま、話のタネぐらいにはなるだろう。

その後、男子のショートプログラムに入り、前評判の高かったフィリピンの選手が転倒して、マレーシアの選手がトップに立った。お陰て観客席はみな大喜びの大歓声。傍で見ていて、南国のウィンタースポーツ大会も悪くはないか、、と思ったが、この国の偉い人たちの顔も態度も恰幅も、なんと偉そうなこと、、それをヨイショする周りの人たちのなんと貧相なこと。。こんな差別をなくさなければ、とてもスポーツ先進国とは言えませんぞ、、なんて、またまた腹の中で思ってました。

ではまた。。

追記:2017.8.28 08:00
土曜日に席を譲ってもらった親切な中華系のご婦人方のお誘いで、昨日の日曜日(8月27日)、またまたアイスアリーナにでかけて来ました。仲良し姉妹だというご婦人方は私たちよりもやや若そうなとても親切な方たちで、自分たちが早く来て席を取っておくからゆっくり来ればいい、なんてことを言って下さる。嬉しくてついお言葉に甘えてしまいましたね。

この日は2時半からフィギュアの男女フリーの競技だったのですが、このご婦人方とお喋りしながら結局7時過ぎの最後の表彰式に至るまでしっかりと観戦してきました。

男子フィギュア初のゴールドメダリストに輝いたマレーシアのジュリアン選手↓

101_201708280649365f8.jpg

前評判は高かったが、ショートでもフリーでも転倒し、シルバーメダルに終わったフィリピンのマルチネス選手↓ちなみに1位、3位がマレーシア、2位がフィリピン。出場国は5か国9人でした。(女子も5か国9人)

102_201708280649353db.jpg

最後に行われたフィギュア男子の表彰式(29th SEA GAME's MENS FIGURE VICTORY CEREMONY)の模様です。↓




私は競技そのものにはほとんど興味がないので、どうしてもその他のことに眼や耳が向いてしまうのですが、まぁ、一見すると立派で素晴らしいこの会場施設も2日目の慣れた眼にはやっぱり粗が目立ってしょうがない。そして、改めて気が付いたのですがここはナショナルアイススケーティングスタジアム(MYNISS)と言う名前なんですね。

100_20170828064937439.jpg

と言うことは、やっぱりこれからも各種国際競技に使われるんですよ。うーん、それにしては粗雑過ぎる。いくら突貫工事で仕上げたとは言えこりゃ酷い。ひょっとして、エンパイアシティの施設すべてが完成すれば劇的に変わるのだろうか?

トイレだって、初日の思いが2日目にはさらに深化しましたよ。だって、会場にいくつもあるトイレのほとんどで工事が未完成、汚い、臭い、便座が壊れてる、水が流れないなどなど。。いや、それにしてもこれでナショナルアイススタジアムはないでしょ。もっとも、VIP用は出入り口もなにもかもが一般観客用とは完全に異なっているようだから、偉い人たちにはそんな粗雑な面は一切見えないのでしょうけどね。

なーんちゃって、今回はこの国で初めて開催されたウィンタースポーツの国際競技大会の会場となったアイスアリーナのこと、そしてその運営などについて、このひねくれ団塊の視点で、不思議に思うことや腑に落ちないことなどをちょっと書きましたが、決して貶しているわけではありません。マレーシアのためそしてマレーシア国民のために、より良い安全・安心な施設であって欲しいし、その運営についても公平・公正であって欲しいと願う気持ちから出た正直な感想です。


以上



予定どおり、先日の月曜日(8月14日)、マレー人に本物のお鮨を喰わせてみました、いや、喰わせた、なんて言うのはおこがましいですね。訂正:マレー人に本物のお鮨を食べてみてもらいました、です。

事前のお話から、彼女たちの半数以上が【生魚嫌い→刺身&鮨嫌い→食べたくない→食べたことがない】ことが分かっていましたので、ここは一番、鮮度抜群で間違っても臭いなど微塵もしない、さらに癖がなくてマレー女子たちにも好まれそうなネタ(生魚)に絞り込んで用意しましたよ。

と言うことで、8月11日、飛び切りの新鮮地魚をゲットするため、いつものクアラ・スランゴールに車を走らせたのですが、その日は比較的時間もゆったりしてましたので、今まで話には聞いてはいたものの実際にはまだ行ったことがなかった場所、Bagan Pasirまで足を延ばしてみました。

結論から言うと、そこでは確かに漁船の水揚げを待ってその場での買い付けが可能なので、それができれば魚の鮮度ば文句なしなのですが、それぞれの所属の漁船の帰りがいつになるのか、また水揚げの種類がなんなのか、を客の我々が事前に知ることは容易なことではありません。

なので、ほとんどの客(KL方面からの客)は、そこ(魚卸店)に保冷ストックしてある魚を選んで買う羽目になるのですが、果たしてそれがいつ水揚げされた魚なのかが良く判らない。私が、そんな魚卸店(水産会社)のいくつかの保冷箱の魚の鮮度をチェックしたところ少々鮮度落ちしたものも混じっていたので、ここがベストと安易に他人には勧められないかなと思いましたね。

しかし客の到着と漁船の水揚げのタイミングが合えば、魚船からの直接買い付けと言う、理想的な買い方ができるわけで、私の新鮮地魚探しの有力オプションがまたひとつ増えたことに間違いはなさそうです。そして、魚卸店の方と懇意になって事前の電話問い合わせに応じてもらえればタイミングを計ることも可能になるかと考え、電話番号の交換をちゃっかりとしてきましたけどね・・・・



ここで、興味ある方たちのために、このBagan Pasirへの行き方などを紹介します。

出発点は、これまでも何度か書いているPasar Nelayan Sungai Yui(漁師市場)です。R-5を左に折れて漁師市場に至る道はJalan Araと言うのですが、Bagan PasirはこのJalan Araをさらに9Kmほど直進します。

↓漁師市場を過ぎて右にカーブすると、その先はおよそ9Kmの直線道路です。パーム椰子の林の中をひたすら真っすぐに走ります。

VE110047.jpg

それにしても碁盤の目のように良く整備された道路です。行き交う車も稀なのでとても楽なドライブです。

VE110048.jpg

やがて中華系の学校を過ぎるとまもなくT字路に突き当たりますが、そこはもうBagan Pasirの集落です。そのT字路を右に折れます。

VE110045.jpg

右に折れて150mほどのところに左に入る細い道があります。目印は↓この看板です。

VE110042.jpg

そこを左に入って直ぐ左側にシーフードレストランがありますが、それを過ぎた行き止まりの広場が目的地です。

VE110037.jpg

その行き止まりの空き地に車を止めて歩きます。

VE110039.jpg

それぞれの魚卸店(水産会社)には目立つ看板も掲げられていないので、どの建物がそれなのかいちいち覗いてみる必要がありますが、細い路地を歩いてみるとその先にはいくつものお店があるようです。

VE110016.jpg

店と言うか水産工場と言うべきかは分かりませんが、それらしき方に尋ねたところ、小売りもやってるよ、ということでしたので、お店と呼んでも良いのでしょうね。

VE110015.jpg

おっとこちらには何人かのお客さんが入っているようです。もっとも今日は平日なので、KL方面からの客はまばら。これがウィークエンドになるとかなりの客でどの店も賑わうのだと、お店の方のお話でした。

VE110010.jpg

お店の裏はどこもこのように専用のジェッティ(船着き場)に繋がっています。訪れた時はまだ引き潮の時間帯だったのでジェッティの川底が見えていましたが、どこにも夥しいゴミが散乱していてお世辞にも綺麗とは言えません。↓この写真は店の専用ジェッティから店を振り返ったところです。

VE110032.jpg

ジェッティの先を見るとこうです。ここはスンガイテンギ(Sungai Tengi=Tengi River)の河口部でその向こうには外海ならぬマラッカ海峡が見えています。

VE110035.jpg

働いていた若者に話を聞こうと話しかけましたが、一人はマレー語がからきしダメで、もちろん英語も×。もう一人は英語はだめだがマレー語がなんとかOKとのこと。いろいろと詳しい話をしたかったのだが即諦めました。

VE110036.jpg

そうこうしているうちに潮の高さも少し上がり、どこかの漁船が漁から帰って来たようです。慌てて船を追いかけ、その船が着いたジェッティに駆けつけました。

VE110020.jpg

既に船上では水揚げの準備をしている様子です。だがこの時点でジェッティの高さと船の高さはまだ3mほどもありましたので、どうやって魚を下すのか興味深々眺めていましたが、おぉ、なるほど大小さまざまな滑車はこんな時のためにあるのですね。

そして次から次に滑車を使って水揚げされる魚の籠を見ていましたが、残念ながらどれもこれも小さな魚ばっかり。中には海老やカニなども混じっていたけど、私がゲットしたい魚ではありません。

VE110028.jpg

近くに居た、店のスタッフだと言う若者たちに話を聞いたところ(今度はマレー語OK&英語ちょっとだけOK)、漁船によって出漁の時間帯も漁をする海域も異なるのだそうです。近くのマラッカ海峡から遠くはインド洋まで。そして半日で帰る船(日戻り漁)もあれば、数日も海に留まる船(沖合漁)もあるのだとか。。

VE110025.jpg

なるほど、だから船ごとに獲ってくる魚種も型も違う訳か。。すると今帰ってきた船はマラッカ海峡の日戻り漁なのかい?と尋ねたら、おっさん物分かりが早いな、と褒められたりして、いやぁ、それほどでもぉ、なんて照れたりしてね。(笑)

さらに彼らに、私が常々疑問に感じている、潮の満ち干と出港時間/帰港時間の関係を訪ねたところ、さすがに船が底につくほどの干潮帯には出入りはできないが、そこそこ潮が満ちていれば出港も帰港もできる。なので、夜に出漁して明け方に戻るという漁の基本原則は大きくは崩れないとのこと。ただ、中には朝暗いうちに出て午後に戻るという日戻り漁もあるので一概には言えないそうだ。

するとPasar Awam Pasir Penambangなどで、魚が早朝に到着するという店と、午後2時から3時頃に到着するという店があってちょっと困惑していたのだが、なるほどね、船や漁師によって異なるってことだ。必ずしも潮の高さじゃないってことか。。なるほどね。

ところで、ここに魚を買いに来る客は、水揚げ直後の新鮮魚を買いたい訳だが、比較的型の良い魚を獲ってくる船は、朝暗いうちに帰港するって言ってたよね。だとすると、この↓保冷箱に入っている魚は、水揚げから何時間ぐらい経過しているのかな?と聞いたら、なんと今朝は船が入ってないとの返。え?とするとこれはみんな昨日の水揚げかい?と畳み込んだら、ちょっと返事に窮してた。

VE110008.jpg

どおりでなぁ。。箱の中を見てみると、中には必ずしも鮮度十分でない魚も混じってるよ。

VE110007.jpg

その日はしばらくBagan Pasirの魚卸店と言うか水産会社を見て廻り、大体どこでも同様の感触を得、これはこれで成果があったのだが、私としては、誰よりも鮮度の良い魚をゲットしたい。したがって、船の水揚げを狙ってピンポイントでここに来たいのだ。しかし、問題は事前にそんな情報をどうやって取れば良いかだ。そこで、件の若者たちに相談したところ、なんと、朝電話くれれば水揚げがあったかどうかぐらいは教えてやるよ、なんて嬉しいことを言ってもらって、年甲斐もなくヘイコラヘイコラしながら電話番号交換してきたと言うわけです。



さぁ、その日はそう言うことで、Bagan Pasirでは魚は買わず、いつものPasar Awam Pasir Penambangのいつもの店で、いつものお兄ちゃんを揶揄いながらタイガープローン(車海老)、スズキ、イカンメラ、そしてバワル・マスの新鮮魚をゲット。

そして、それぞれをその日のうちに三枚に下ろし、冷蔵庫に寝かせて、いよいよ当日8月14日(月曜日)の朝を迎えたのです。

先ず寿司飯を作ります。やや硬く炊いた日本米(宮城ササニシキ)に、ハラル認証はないがアルコール添加のない寿司酢を加えて混ぜ合わせます。

VE140010.jpg

そして最初のネタは、前の晩に下拵えしておいたタイガープローン↓、大きくて身がぷりぷりしてていかにも美味しそうです。

VE140008.jpg

↓大ぶりのタイガープローン(Udang Harimau)10貫パック。

VE140036.jpg

次に見た目も淡いピンクで美しくかつ美味い、イカン・メラ↓を握ります。イカン・メラは言わずと知れた鯛系の魚。真鯛にも負けず劣らずの上品な味です。

VE140026.jpg

↓見た目が美しく上品なイカン・メラ(Merah)12貫パック。

VE140034.jpg

そしてお次はバワル・マス。これはバワル・エマスとも言うが日本名のコバンアジの近種で身質は硬くもなく柔らかくもないが適度に噛み応えがあり、たっぷり乗った脂が見事に美味いのです。

VE140018.jpg

↓脂が美味いバワル・マス(Bawal Mas)12貫パック

VE140033.jpg


そして最後は↓あっさり系スズキ(Siakap)12貫パックです。こいつの身質はイカン・メラやバワル・マスとは異なるあっさり系で誰もが好むと私は思っています。

VE140035.jpg

以上〆て計46貫を握り、それぞれをランチパックに入れてさぁ日マ食文化戦闘準備態勢の完了です。

VE140028.jpg

しかしですよ、このマレーシアで、朝早起きして懸命に鮨を握るこの私ですが、ふと我に返る時、オレはこのマレーシアに来て何をしてるのかと自問自答することもあるのです。この鮨は一体何なのだ、誰のための鮨なのだ。日マの食文化交流に貢献したいなんてカッコつけちゃってさ、結局、どうだ美味いだろう、と自慢したいだけなのさ。そして褒めてもらいたい、ただそれだけのことなのさ。これ、草葉の陰の我が母が見たらなんと言うだろうか。きっとなにバカやってるのって怒られるんだろうな。。

みなさんも、きっとなんと浅はかな奴、そしてなんと気の良い奴とお思いでしょう。いや実はこの私自身もそう感じているのです。でも・・言った以上はやらなきゃいかん、約束は守らなきゃいかん、それが男と言うものさ・・・・なんて訳の分からぬことを朝から口走る私なのです。フフフ(←自嘲気味の薄笑い)




さて、8月14日の月曜日。ここはDBP(国立マレー語及び図書研究所)13階にある一般図書部です。

私が約束どおり鮨と、その他これも約束していたMy Better Half製の苺大福を抱えてドアを開けると、なんと待ってましたとばかりに例のマレー女子軍団に取り囲まれてしまいました。

マレー女子(以下、マ女と略):ねぇ、スシとダイフク持ってきたんでしょう?じゃ今すぐ食べよう!

私:え? でもDr. Dが歯医者さんから帰るまで待っててって言われているんだけど、、、

マ女:なに言ってんのよぉ、、Dr.Dには少し残しておけば良いんだから、ささ、食べよっ!

大体、執務中に歯医者に行くDr.Dもどうかと思いますけどね、、なんて言っちゃって、、実はその昔私も公務員時代にはそんなことやってました。まったく公務員の世界はどの国も似たようなもんですね。。え、今は違うって?それは失礼しましたっ。。

と言うことで、いつの間にか鮨と苺大福の荷物も奪われて、ほぼ強制的に大部屋の一隅にある休憩&食事テーブルに連行された私です。時計をみるとまだ10時5分過ぎ。ええっ、もう食べるのかよ、と思ったが、彼女たちにしてみれば、これは普通のこと。だって、驚くことに毎日10時から11時はブランチタイムと言う正式日課なのですから。。

もちろんこの他にランチタイムも当然ある。月-木は1時から2時、金は12時から2時だ。こんな日課なので、私がいる時間帯(10時-4時)は、休憩&食事テーブル席にはいつも誰かが陣取って何か食べてる、、と言うイメージなのだ。

私が、鮨や大福のことについて説明しようと思う間もなく、皆、勝手に私の荷物を開いて早や食べ始めようとしてる。

VE140038.jpg

私:ちょ、ちょっと待ってよ、、

マ女:お、見た目、美味しそうじゃん。。早く食べようよ。

私:(やおら説明開始)えっと、、これがタイガープローンで、こっちがイカンメラで、、そして・・・・・・

VE140039.jpg

マ女:そんなの見りゃ分かるよ。。

私;それでこれがアルコール添加してないお醤油で、これがワサビ。。鮨はワサビを抜いているのでお好みでどうぞ。。

VE140042.jpg

マ女の数数えたら、その場には7人、後で加わったマ女がDr.Dを入れて5人だから、この鮨トライアルに参加したマ女は計12人だった。観察していると、うち1人は怖いもの見たさで最初は加わっていてこの写真↑にもばっちり写っているのだが、鮨食べなさいとみんなが勧めるものだからいつの間にか自席に逃げ帰ってしまってた。

なお、彼女には後程、私が改めてトライを勧めてみたが頑として首を縦には振らなかった。でもそれは12人のうちのたった1人だけ。後の11人は、ほとんどの人が生魚を食べるのは生まれて初めてと言いながらも口に入れてちゃんと食べたのだ。

ほら、こんな風に恐る恐る食べた。あ、でも真ん中のマ女はこれは特別ですね。日本食が大好きで大好きで堪らないというスペシャルマ女です。多分、この彼女1人で10貫以上は食べたかも。。

VE140045.jpg

でも黙って見ていたら、このように↓ネタの海老とシャリを切り離し、さらにはネタの海老を細かに分解したうえ、マレーのサンバルソースをかけて食べようとしているマ女もいた。

VE140052.jpg

11時過ぎてようやくDr.Dが歯医者から戻った。私がDr.Dのためにいろいろ準備してあげてたら、例のスペシャルマ女がまたやって来た。曰く、ねぇ、まだ残ってるなら食べてあげようか?だって。

VE140047.jpg

でもそんな風に美味しい美味しいと言っていくつものお鮨を食べてもらえば、私もとても嬉しい。

今日の鮨トライアル、男性の参加がただの1人もなかったことは残念だけど、参加のマ女は12人、うち、やっぱりダメが1人、食べてみたけどやっぱり好きになれない派が3人。残りのマ女は、Dr.Dを含み、すごく美味しい、または普通に美味しいと思う派が計8人と言う結果でした。

と言うことは、ざっと見てマレー人の約7割弱は鮨や刺身の生魚もOKと言うことですよね。もちろんサンプルが少な過ぎてこれをもって全体を語るのは危険すぎますが、マレー人に生魚の食習慣を植え付けることは不可能ではないと感じた今回のトライアルでした。

以上、今日はマレー人に本物の鮨を喰わせてみた、結果編をお送りしました。ではまた。。