FC2ブログ

逮捕、起訴、保釈中の被告人ナジブが、、WHY?

先月、逮捕・起訴されたはずの被告人ナジブが、最近、やけにテレビなどへのメディア露出が目立ち、あの自信たっぷりで鷹揚な物言いは、目障りなだけでなく不愉快でならない。

自身のフェイスブックなどのSNSで呟くだけならまだ許せるのだが、それとばかりに商業主義丸出しのメディアが押しかけてインタビューなどするものだから、本人も保釈中の身であることなどどこ吹く風の言いたい放題。

果たしてこんなことがあって良いものかと、あっちこっちの掲示板などを覗くと案の定、それを良しとしない山ほどのコメントが溢れている。もっとも、この国の法律でも、保釈期間中の者に対する生活上の制限や監視・監察などはほとんどなし、仕事だってできるのだから、意見発表やテレビ出演などを止める手立てはないのだろうが、それにしても不思議でならない。

国を揺るがすほどの重大犯罪に問われて逮捕・起訴された筈の被告人が、こんなにも自由を謳歌し、現政権に対する非難を繰り返すなどあっていいものだろうか。

直近では、開催中の国会答弁で、リム・グアン・エン財務大臣が、とっくに支払いを終えていなければならない筈の、GST登録事業者に対するGST還付金の一部がいまだに支払いされておらず、それどころか、そのための資金が行方不明だと爆弾発言し、ナジブ前政権が盗用したのではないか、その額は180億リンギにも上ると述べたことに対し、、、

Najib claims Pakatan used up GST refunds for government expenses
パカタン(現政権)が、政権運営のためにGST還付用資金を全部使っちゃったんじゃないの、とナジブ
(Malaymail 10 August 2018)
180810-121302.jpg

ハラパンが6月1日にGSTを破棄し、貴重な税収を失ったことへの損失補填のために、前政権が事業者に対する還付用に確保していた資金(還付金基金)に手をつけざるを得なかったのだろうと、インタビューに応えて滔々とまくしたてた。

それに対し、リム・グアン・エン財務大臣は、、

Where is your proof Pakatan spent RM18b GST refunds? Guan Eng asks Najib
パカタンが180億リンギのGST還付金を使ったと言う証拠がどこにある?
(Malaymail 11 August 2018)
180806-064209.jpg
・・と、気色ばんでナジブに反論したのだが、思わぬナジブの捨て身の反撃に一瞬たじろいだかの様子も垣間見えて、与野党間のバトルは泥沼化しそうだとメディアが報じたのだが、考えてみれば、180億リンギ(約4900億円)もの巨額資金のミッシング(行方不明)は今に始まったことではなさそうだ。

ナジブ前政権がGSTを開始した2015年4月から2018年5月31日にハラパン政権がGSTを廃止した約3年間の間にミッシングとなっていたものだ、と税関局長が記者会見で述べたとおり、とてもハラパン政権が5月10日に誕生して以来の短時日に発生したものではないと私も思う。

そして昨日(8月13日)、行方不明のGST還付金は180億リンギではなく、192億リンギ(約5200億円)の間違いだったと、リム・グアン・エン財務大臣が記者発表した。間違いは担当官の計算の際の小数点の打ち間違えによるものだとのことだが、そんなことより、さらに金額が増えたことに驚きが広がっている。

財務大臣が主張するように、もしナジブ前政権による盗用が事実とすれば、時の財務大臣はナジブ首相が兼務していたことから、ナジブへの責任追及は免れず、ナジブの罪は果てしなく広がることになる。

ちなみに、2015年4月のGST開始当初から、登録事業者へのGST還付は遅れに遅れていたのだそうだ。日本企業を含む登録事業者間でも、当時のマレーシア政府のこのGST還付金の支払い遅れには我慢ができず、人員不足によるものなのか、担当者の能力不足によるものなのか、との不満が絶えなかったと言うが、当時は、まさかその原因が還付資金不足によるとは誰も考えが及ばなかったことだろう。

リム・グアン・エン財務大臣は7月19日、GSTの還付請求に対する支払い遅延が原因で、支払いをなかなか受けられない事業者(納入業者)が止むを得ず税額分を価格に転嫁しているため、商品の値上がりをもたらしていると述べた。

GSTは取引ごとに課せられる税のため、消費者の手に渡るまでのサプライチェーンが長い(仲介回数が多い)ほど、還付の遅れは末端価格に影響するのだという。納入業者は還付の遅れを想定して納入価格を決めているためなのだそうだ。

財務大臣は、前政権はGST還付の手続きが非常に遅かったと指摘。このため現在も多くの事業者が現金収支で苦労していると述べた。

しかし、ナジブ及びナジブ政権って、本当にワルですよね。いや、まだワルと法の下で裁かれたわけではないので、断定的な物言いは慎むべきなのでしょうが、次から次へと明らかになるワルの手口、これって後でバレた時のことを考えていなかったのでしょうかね?

彼の口癖は"RAKYAT PERTAMA(=国民第一)"だそうですが、全然そんな風には見えません。寧ろ"自分第一"や"家族第一"でしょう。その証拠に、彼の家族(長女)も↓このようにコメントしたそうな。。

My father could not let down someone who stood by him
私の父は、(父の)傍に居る者を失望させたことなどない。
Malaysia Kini 9 Aug 2018 commented by Nooryana Najwa Najib

b94bfdc616ae5a3d1b3c91515dcecd9e.jpg

・・・中略
Yes, times are tough now but DSN is a tough man who is secure in the knowledge that the only thing he is guilty of is trying to do his best for his country but was made the main political target by those who wanted power for themselves.
そう、今は(父にとって)とても困難な時だ。父(DSN=Datuk Seri Najib)は強い人間だし、父が犯した過ちがあるとすれば、この国のために最善を尽くしたことと知って安心しているが、権力を渇望する者たちによって政治的なターゲットにされているのだ。(Malaysia Kini)


いやはや、呆れ果てるとしか言いようがないけど、、早く、来年2月の公判が始まって欲しい。それまで保釈期間中の自由な身のナジブの言いたい放題が続くことにはうんざりですが、、、、

ではまた。。


















コメント

非公開コメント

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR