FC2ブログ

SakuraSoTV、マハティール・モハメド氏を語る

今年に入り、マレーシアの次期総選挙を一斉に報じた日本メディアの小さな記事を私もひととおり読みましたが、やはりこの国に住み、毎日この国の人たちの生の声を聞いたり、その雰囲気を肌で感じている私にとっては隔靴掻痒の感が否めないですね。

いや産経や日経、それに時事や朝日などの日本メディアだけじゃないですよ。あの米国最大手通信社のブルームバーグにしても大差はないようですが、いずれも与党有利とみる根拠がどうやら昨年11、12月に行われたムルデカセンターによる世論調査結果ですよね。

しかし前にもこのブログに書きましたが、1月12日の時点で野党連合(パカタン・ハラパン)の一枚岩、決してあり得ないと言われていた野党の一枚岩がほぼ完成したとみる人たちも少なくないのではと思います。つまり、あの世論調査の後に状況は急転しているかも知れない。なのに未だに与党が(議席の)三分の二を占める勢い、などと一辺倒に報じているマスメディアには少々違和感を感じてしまいます。

さらにブルームバーグの記事では、ナジブ首相の例の巨額汚職疑惑について、有権者は重大なこととは考えていない、などと報じていますけど、これってマレーシアの有権者を軽視していませんか?重大なことと思っているけど、ただ皆が声を潜めているだけじゃないかと私は思っていますけどね。

もちろん選挙の行方は分かりませんが、選挙をやる前から大勢が見えているかの日本メディアの書きぶりも情けない。これじゃあ、この国の御用メディアや御用アナリストと大差ないな、などと感じてしまう私はやっぱりひねくれ者でしょうかね。



さて齢92歳、いや今年93歳にもなるマハティール氏、私は、未だ実際にはお目にかかったことはないのですが、氏自身のブログ記事を読んだり、連日のメディア記事に目を通したり、またあちらこちらでの氏の演説を動画などで見たり聞いたりする限りは、まだまだお元気でとてもお若い。

何をして氏をあのように若く見せているかは興味のあるところですが、まぁ、それは置いといて、先日SakuraSoTV(インターネットテレビ)でマハティール氏を語る日本の番組を観ました。

これはチャネル桜がYoutubeにアップしていて誰でも簡単に観れるのですが、元産経新聞ロサンゼルス支局長などを歴任された辛口の保守論客、高山正之氏がキャスターを努める番組です。高山氏は以前はもっと細面のお顔だったような気がしていたのですが、見ればいつの間にかふっくらとされてて、なかなか良い感じですね。

【Front Japan 桜】 92歳マハティール首相実現か、、との見出しに惹かれて観たのですが、番組は高山キャスターがマハティール氏の人となりを静かに語る内容でした。

番組では特にマレーシア総選挙の争点や見込みについては何も触れられていないのですが、これはこれで非常に良い番組と思いましたので紹介したいと思います。なお、高山氏がマハティール氏について語っているのは、番組中の15分45秒あたりから33分30秒あたりまでの約18分間です。



↑いかがでしたか?ただ、私としては、高山氏がなぜ今マハティール氏なのかとの問いに答えて、"日本に刺激されたのではないか"と語っていたことには違和感を覚えましたけどね。

え、違うでしょ、なぜ今マハティール氏なのかって?そりゃ決まってるでしょ、史上最悪のKleptocrat(泥棒政治家)を許さないと言う氏の類稀なる正義感と、氏が育て上げたマレーシアを壊されたくないと言う必死の思いからでしょ、と私は思っていますけどね。

そう言えば、先日この番組と時期を同じくして、英国BBC2が、House of Saudi A Famiy of Warと言うドキュメンタリー番組を放送しましたが、驚いたことに番組をリードする形でナジブ首相の巨額汚職疑惑とサウジとの特異な関係などについて約8分間も克明に報じています。いやこれも見応えのある番組ですよ。興味ある方は是非見て下さい。

でも不思議なことにマレーシア国内の大手メディアでこのことを記事にしたメディアは未だにありません。こんな番組こそマレーシアの人たちも観るべきと思うのですが、大手メディアが政府の完全統制下にある限りは無理なのでしょうね。



さて次の話題です。

次はお隣シンガポールのチャネル・ニュースアジアの記事(2018.1.23)です。

Mahathir calls on Malaysian voters not to fall for UMNO 'ploy' by spoiling votes
マハティール氏、選挙結果を無効にしようとするUMNOの「策略」に有権者は乗ってはならないと呼びかけ

CHANNEL NEWSASIA 2018.1.23

mahathir-on-spoiling-votes.jpg
Former Malaysian Prime Minister Mahathir Mohamad speaks at a news conference in Putrajaya.

PUTRAJAYA: Former Malaysian Prime Minister Mahathir Mohamad on Tuesday (Jan 23) called on voters not to fall for a "ploy" by Malaysia's largest ruling party by spoiling their votes or boycotting the election.
プトラジャヤ発: マハティール・モハマド元首相は、1月23日、選挙結果を無効にしたり、選挙をボイコットさせようとするマレーシア最大与党の「策略」には乗らないよう有権者に呼びかけた。

"They know very well that if many people don't turn out to vote, BN (Barisan Nasional) will win," he said at a news conference in Putrajaya.
多くの人が投票しなければ(投票率が下がれば)、BN(与党連合)が勝利するだろうことを彼ら(与党)は良く知っているのだ、とマハティール氏はプトラジャヤの記者会見で述べた。

"(Prime Minister Najib Razak's party) UMNO is looking for victory by misleading the people, by taking away their right to vote in the election, by saying there's no difference."
UMNO(ナジブ首相の政党)は、国民をミスリードし、有権者の投票権を奪う(投票させない)ことで自分たちの勝利を得ようとしているのだ。

The hashtag #UndiRosak (meaning spoilt votes) has been trending on Twitter, as social media users weigh their options for Malaysia's upcoming elections, which must be held by August this year.
ソーシャルメディアユーザーが、来るマレーシア総選挙(本年8月までに行われる)に向けて、自分たちの取るべきオプション(投票先)を検討している時に、Twitterでは #UndiRosak (※)がトレンドを上げている。※訳者註:腐った投票=投票を棄権しよう。Undiはマレー語で"投票"、Rosakは"腐った"の意。

Some are considering spoiling their votes or boycotting the elections altogether, as they remain unsure about both Barisan Nasional's (BN) Najib Razak and opposition coalition Pakatan Harapan's (PH) Mahathir as prime ministerial candidates.
BN(与党連合)のナジブ・ラザク氏か、PH(野党連合)のマハティール氏か、どちらが首相候補にふさわしいか良く分からないとして、中には投票を棄権しようかとする人たちもいる。

"A reformation that was initially started by Anwar because of Mader (sic). Now PH want to uplift this old grandpa to power again. I'd say #undirosak is a brilliant idea," wrote Twitter user Ahmad Zunaidi.
TwitterユーザーのAhmad Zunaidiさんは「始めはAnwal氏によって興された改革だが、今、PH(野党連合)はこの古い爺さんを(首相候補に)担いで権力を再び与えようとしている。#undirosakはなんという素晴らしいアイデアなんだ。」とツィートしている。



↑恐らくこの最後の記事は、#undirosakをこんな風にみている人たちが増えていると言いたいのだと思うが、ソーシャルメディアユーザーにこのような策略を仕掛けているなんて、なんという小賢しさかなと私は思います。

このところ毎日のように相手を腐す中傷記事ばかりでかなり辟易しています。せめて正々堂々と何が問題なのかを議論して欲しいものです。

ではまた。。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR