FC2ブログ

レンタカー業者の良し悪しを考える in KL

今回はKLのレンタカー業者さんの良し悪しを考えると言うお話です。お勧めしたいレンタカー業者さんとそうではない業者さんについて、私の体験をちょっとだけ書いてみたいと思います。

実は今週、東京から知り合いのヤングカップルが来マすると言うので、彼らの要望に応えてマラッカを案内することになったのですが、その直前の日曜日(12月24日)、突如として私の車に問題発生です。なにごとかと言うと、走行中に計器盤のアラームランプのうちのいくつかが点灯したまま消えないのです。

正直言うと、このことは今回が初めてではありません。2ヵ月ほど前に初めてアラームが点灯したため、驚いてすぐさま行きつけの整備工場(日系の整備工場)に持って行って点検(コンピューター診断)してもらったのですが、異常個所は見つからず、その時はアラームをリセットしてもらい、次回再度点灯したらまた持ち込むことを打ち合わせていました。

そして今回その2回目です。こうなるといよいよアラームは本物のようです。これではとてもこのままは乗れません.。まして今回はまだ結婚して間もないヤングカップルを乗せてマラッカまで行くわけですからなおさらのことです。

いやこれは困った。はて、どうしたものかと真剣に悩みましたが、翌12月25日はクリスマスホリディ、マレーシアは全国的に公休日で整備工場も休みです。

そこで閃いたのがレンタカー。止むを得ない、レンタカーを借りよう。そう決心した後、早速ネットであたりをつけ、これはと思うレンタカー屋さんに電話しまくり、ついに見つけましたよ。

そのレンタカー屋さんは、24時間営業で、営業所が我が家からもほど近いBangsaだと言う。できれば日本車かつコンパクトカーでとの私の希望にも喜んで対応するとのこと。そして肝心の費用も1日200リンギ程度で十分想定内。しかもデリバリーも返却時のピックアップも無料なのだそう。さらに応対してくれた若者(推定)の電話口でのフレンドリーな物言いにも好感を覚えた私は、一点の疑いも持たずに即決したわけです。

そして、1日置いて火曜日(12月26日)当日朝。約束のデリバリー時間の30分前、8時ちょうどに念入れのメッセージを入れました、whatsappで。。ところがしばらく待っても音沙汰なし。ん?今、準備中かな。運転中かな、と思ってもうちょっと待ってみても返信なし。。約束時間の5分前に、ひょっとして・・との不安もあって、今度は電話を入れたんですね、、ハイ。

でもそれにも応答なしです。。でもこの時気付いたんです。そっか、やっぱりこの業界もそうだったか、ハハ、こんなもんだよ、マレーシアは。。

実はこれ、マレー語ではジャンジ・ムラユ(Janji Melayu)と言うんですね。日本語に訳せば"マレー式約束"となりますが、つまり30分ぐらいの遅れは遅れのうちには入らないと言う意味なんです。だから、役所や会社の会議でも、なにかのイベントでも、さらには語学学校のクラスでも時間どおりに始まることはほとんどない。でも終わりはなぜか時間どおりと言うのがこれまた魔訶不思議なんですけどね。だから、私のYMCAのマレー語クラスでは、先生が常に遅れてきて授業の開始は平均30分遅れなのに、終わりは定刻どおり。これって、金払って授業受けてる生徒の立場としてはなにか損してる気分なんだけど先生はなにも感じてないようで、未だに理解できない異文化のひとつなんですけどね。

ちなみに、マレー語には"時間どおり"と言う表現もあって、なんとそれはジャンジ・ジャプン(Janji Jepun)と言うのです。これ"日本式約束"と言う意味ですよ。笑っちゃいますよね。

フムフム、やっぱりそうだったか、、、でもオレさまだって負けてないぜ。。オレさまは、そんなジャンジムラユを先読みしてたから、デリバリータイムを30分早めにしといたのさ。。

近くのホテルに昨夜遅くに投宿したヤングカップルの今朝のピックアップ時間は9時30分の約束だから、レンタカーの到着が30分ぐらい遅れたからと言って慌てるオレさまじゃないのさ。。。。

でもなぜ電話に出ないのだろう? whatsappのメッセージには既読のチェックマークが入っているのに、どうして返信がないのだろう?と思いながら、とうとう9時になりました。もちろんこの間、イライラしながら何度も電話やwhatsappを入れてるわけだけど、それでも依然としてなんの反応もない。

かなりイラつきながらもヤングカップルを待たせるわけにもいくまいと思い、電話で訳を説明し、我が家で待ってもらうことにしましたよ。ま、私の車は、ただアラームランプが点いてるだけで、走行に特段の支障が出ているわけでもないし、私が自分の車で近くのホテルまで迎えに行ってお連れしました、我が家に。。。

そして、さらに1時間経過の10時、そしてついに11時です。依然として電話もwhatsappも繋がりません。こりゃ単なるジャンジ・ムラユじゃないぜ。。

私もとうとう我慢の限界ですよ。レンタカー会社の配車時間が、何時間も遅れるなんて、しかもこの間なんの連絡もなしのつぶて。さらにこちらからの連絡もつかないなんて、こんなこと、日本じゃとても考えられないことですよね。

流石の私も、もう許せないと怒り心頭です。堪らずwhatsappで怒りのキャンセルメッセージいれました。もちろん一方的にですけどね。。しかしそれに対してもなんの反応もない。なんという会社だ、絶対許せない。私としては目一杯に腹を立てながらも、我が家で遠慮がちに待ってもらっているヤングカップルを失望させたくないし、心配かけたくもないので、見かけは平静を装いながらも新たなレンタカー会社を必死に探してました。

その後幸運にも、こちらの条件に合致するレンタカー会社が見つかり、電話とwhatsappでひととおりの手配を終えたのが11時半です。その会社はシャーラムにあって、我が家からはちょっと遠いのですが、デリバリーも可と言うのでお願いすることにしました。

今から最速で準備して、2時間後の午後1時30分にデリバリーすると約束してくれた新たなレンタカー会社は、Venture Car Rental Sdn. Bhd.。

venturescarrental_20171228201840259.jpg

でも一度マレーシアのレンタカー会社なんてこんなもんかと思ってしまった私としては、実際に車が手元に届くまでは安心はできません。少々不安を感じながら待っていたところ、約束時間の午後1時30分ジャストにゲート到着のコールあり。なんと誠実・安心な会社かとホッとしましたが、でもこれが普通なんですよね。

その後の車の状態説明も、緊急時の連絡手段などの説明もなんと手際よいこと。そして支払いもデポジットもあっと言う間のPOS Mobile Terminalでのカード決済。いや簡単なものですなあ。(パスポートと免許証画像はwhatsappで送付済み)

それに比べて、先のとんでもないレンタカー会社とは未だに連絡付かず。こんなレンタカー会社は実名で晒してやろうかと思ったけど、流石にそれは止めときますが、場所がバンサでアジアなんとかと言う一見良さげなレンタカー会社ですわ。え、これほとんど実名晒してるじゃないかって?ハハ、当たり前ですよ。。

レンタカー会社が車貸さないでどうすんだよ?これって良くある蕎麦屋の出前より酷いよ。今出た、とか、間もなく着くから待ってて、とか、なにか反応があるならまだしも、何度電話しても応答がなければ、誰だって頭にくるでしょうよ。。補償金要求したいくらいだよ。

このとんでもないレンタカー会社から、その日の夕方になってようやくwhatsappメッセージが入りましたけど、驚きの言い訳にはほとほと呆れました。曰く、①先客の車の返却が遅れたため約束時間のデリバリーができなかった②今日は従業員が急に2人も休んだので忙しくて対応できなかった③自分(オーナー?)の体調も悪かったので対応できなかった・・・・・・・・・・・・・え、え、えーっ?なんと言う言い訳、なんと言ういい加減、なんと言う無責任。

こんなの商売やる資格なし。まったく呆れてモノも言えないよ。。

こんなこと、日本じゃ絶対考えられないでしょ?でもこれが、マレーシアなんですよね。もちろん全部が全部こうじゃないけど、中にはこんなのもいるってことですね。

ま、結果として、KL出発は大幅に遅れたものの、それ以外はほぼ予定どおり、そして無事に一泊二日の古都マラッカ案内を終えました。マラッカ到着が遅れたため、見学コースを夜中心に切り替えざるを得ませんでしたけど、その分、海峡モスクの見事なライトアップを始め、夜の古都も十分楽しんでもらったかなと思いますので、総じてみればOKでしたけどね。

↓今、本ブログのトップ画像に据えてるマラッカ海峡モスクです。

P_20171226_193818_vHDR_Auto_2017122908164584f.jpg

↓夜のマラッカリバークルーズです。

P_20171226_204909_vHDR_Auto.jpg

↓マラッカ名物ベチャ(トライショー)に乗るヤングカップル(K夫妻)です。

P_20171226_210338_vHDR_Auto.jpg

↓マラッカハードロックカフェです。

P_20171226_212047_vHDR_Auto.jpg

↓ジョンカーストリートの横路です。

P_20171226_212943_vHDR_Auto_20171229081643f8d.jpg


以上今日は、マレーシア移住以来初めてレンタカーを手配してみて経験したこと感じたことをちょっと書いてみましたが、みなさんも注意して下さいね。

ではまた。。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR