みなさん、こんにちは。

昨晩からこのブログのトップ画像を↓に変えましたので、あるいはお気づきかとは思いますが、先週は、モントキアラ在住の仲良し夫婦二組とMy better halfと共に計6人で、カンボジアのSiem Reapに行ってきました。

VE090246 (3)

目的はもちろん、昨今日本人にも超人気のアンコールワットやアンコールトムなどの遺跡見学がメインだったのですが、中国の春節後とは言え、やはりトップシーズンだったせいか、どこもかしこも騒がしい中国人や韓国人だらけでした。

もちろん日本人観光客もそれに負けず劣らずで、有名遺跡や人気の寺院などは行列つくって、立ち止まらずに歩いてください状態。加えて、ボクは日本語堪能と自信たっぷりの現地青年ガイド君による日本語の説明がイマイチで、分かったような分からなかったような、私としては久々にストレスの多い見学ツアーだった気がします。

いや、彼の基本の日本語会話にはまったく違和感がないし、冗談も言い合えるほどなのですが、肝心の仏像や寺院などの説明になるとなにを言ってるのか分からない。もっともこちらの勉強不足も相まっての話ではあるのだが、きっとこれはガイド君の日本語トレーニング方法に問題があるのだろうと、彼の日本語を聞いて思った次第。

つまり、彼の一見流暢な日本語会話は、数多くの日本人観光客から耳で習い覚えたPhonetic Japanese(音声言語)なのだろう。だから、聞いていてもまったく違和感がない。

ところが、肝心の遺跡群や寺院・仏像などの説明になると、途端にWritten Japanese(文字言語)になる。こっちは多分ガイド用のテキストに記載されている説明の暗記文なのだろうが、固有名詞や年代などの数字を早口でまくし立てることと、抑揚もメリハリもなく、さらには”てにをは”などの助詞の使い方が自己流になっていて何を言っているのか意味がさっぱり伝わらない。

もっとも我々日本人の大人の中にも、"てにをは"の使い方をきちんと理解していない人や書き言葉においてもあまり気にしない人が少なくなく、手紙やメール文やブログ文の意味を解するのに困るときもある。

なので、現地ガイド君のレベルとしては、こんなもんで上等なのかも知れない。別れ際、君の日本語は”カンペキ”と褒めてやったが、それはPhonetic Languageに関してであって、肝心のWritten Languageの方はまだまだ努力が必要だな、と本当は言いたかったのだ。

でも、その時フト思った、ちょっと待てよ、オレのマレー語はひょっとしてこの逆かも?と。

そう言えば、マレーシア移住依頼、もう随分とマレー語に集中してる。在住日本人のほとんどが熱中してるゴルフも一切やらず、旅行も最小限にして、ひたすらと言うか、必死にマレー語をやってる。

でもまだまだ満足のレベルには程遠い。一体なぜだ?と考えた。当然年をとって脳みそも大分老朽化した。可能なら脳みそのオーバーホールをしたいところだがそれも叶わぬとくれば、老体に鞭打って頑張るしかない。単語一つ憶えて二つ忘れる、一進一退どころか一進二退の毎日だ。

そして今では、DBP(Dewan Bahasa dan Pustaka=Institute of Malay language and Literature)のAcademyとYMCA、それに日本人会のマレー語教室と、週に4日も習ってる。まさにマレー語真剣勝負の毎日なのだ。

他人(ひと)からはそんなにマレー語にのめり込んで一体何するの?と問われる。まさかその年でマレー語で身を立てようというのでもあるまいに、などとも言われる。

馬鹿言うな、当ったり前だ、そんなんじゃない。単なる自己満足の世界だ。そう、自分がチャレンジすると決心したことを途中で挫折したりするのが堪らなく嫌なだけなんだ。そう、それでいいんだよ、オレは”ひねくれ団塊”なのだから。

お陰で、最近はマレー語の新聞もざっとは読めるようになったし、ラジオだって大まかに聞けるようにはなってきた。日常的な基本会話にもさほど不自由はしなくなった。

ところがだ、街に出てマレー人たちと会話していると、聞き取れない単語やフレーズがまだまだ山ほどある。語彙もフレーズもかなり増えているはずなのになぜだ?

そういえば、先日、DBPアカデミーのクラスメートでサウジアラビア出身のモハメドが話してた。「この前、どこかで一緒になったマレーのヤングファミリィの小さな男の子にマレー語で話しかけたら、このおじさん何言ってんのかさっぱり分かんないって、隣のヤングパパに告げ口された」って。

この話をDBPやYMCAの先生に話したら、ちっちゃな子供たちは、スタンダードなマレー語は習ってないからだと言う。そうか、オレたちが長年習ってきたのは、ほとんどがこの国の正式国語のスタンダードマレー=フォーマルマレーだ。ところが、このフォーマルマレーは小さな子供や十分な教育を受けていない人たちだけでなく、ほとんどのマレーシア人たちが日常的な会話には使っていない、ことに最近になってようやく気が付いた。

恥ずかしながら、今までこのことに気が付かなかった原因は、多分私が話すほとんどの相手は、スタンダードマレー=フォーマルマレーの教育を十分に受けた人たちばかりで、私のスタンダードマレーを解し、同じようにスタンダードマレーで返してくれていたからだろうと思う。

これに関しては、昨年からランゲージ・エクスチェンジのパートナーとして親しく付き合っているマレー人のラズラン氏(Razlan)にも随分諭された、と言うか、彼が最近ポストしたユーチューブ動画↓を観ていて思い知らされた。



なんと、Malay is a phonetic Language. Malay language classes are mostly taught in formal Malay, but really, nobody uses formal Malay in conversations.だと言うのだ。

いやぁ、そうか、そうだったのか。。これは目から鱗だ。マレー語は基本的に音声言語なのだ。助詞もないし時制もない。なので聞き手によっては意味が異なるかも知れないが、息の合ってる家族や友人や同僚たちとは何の問題もなく、これほど簡単な言語はないのだ。

だからサウジ出身のモハメドもイラン出身のワディジも、タイ出身のルイスも、そしてこのオレも、もう何年も共にマレー語習ってるのになんで街の人たちのマレー語が自在に聞き取れないのだろうと思ってた。そうか、オレたちは街の人たちが日常的に使うカジュアルマレーにはほとんど慣れていなかっただけなのだ。

彼らは、Di mana awak ada ?(あなたどこにいるの?)とは言わずにKat mana?(どこ?)と言い、 レストランではTolong bawakan menu(メニューを持ってきてください)とは言わずにBoleh bagi menu?(メニューもらえる?)と言うのだ。

もちろんテレビやラジオのニュースキャスターなどはマレーシアの国語としてのフォーマルマレーを話すし、新聞や書籍、それに公私の文書もほとんどがフォーマルマレーで書かれている。

だから、私たちが今までフォーマルマレーを一生懸命に習ってきたことは無駄ではないし当然必要なことだ。だが、それに加えて、いやそれより先にインフォーマルマレーと言うか、カジュアルマレーを習い憶えることもマレー語学習者にとっては必須なのだ。

そこで、前述のRazlan氏の登場だ。私は、彼との個人的なランゲージ・エクスチェンジを今後も続けるつもりでいるのだが、たまたま、先月、日本人会のマレー語教室で、今まで私たちが教わってきたマレー人女性の先生がご病気で来れなくなる事態が発生した。

そこで皆で相談した結果、新しい先生にきてもらおうと言うことになったのだが、民間の語学学校からの講師派遣では謝礼などの点で折り合いがつかず、次策の日本人会事務局に依頼しても色よい返事が貰えなくてほとほと弱り果てていたのだった。そこで私は、ダメもとのつもりで私のランゲージパートナーのRazlan氏に相談したところ、なんと本人が自営会社の経営者としての仕事時間をやりくりして引き受けてみたいと言うではないか。

私は小躍りして喜んだ。”マレー語は先ずカジュアルマレーから”が持論の彼ならば私やクラスのみんなのニーズとも合致する。彼ならマレー語を教えることに情熱的だし、人間的な信頼度も十分だ。さらに日本語学習にも意欲的でこれは私が教えているのだが、日本文化にも日本人にも人一倍興味があるし好意的だ。間違いなく適任だ、そう考えてクラスのみんなに彼を推薦したところ、私のクラスだけでなく、同様に先生探しで困っているもうひとクラスでも是非来てほしいとなった。

話はとんとん拍子に進み、結局今週水曜(2月15日)から彼は日本人会のマレー語クラスの正式講師として、当面2クラスを受け持つこととなった次第。

↓これは彼が約ひと月ほど前に作り、アップしたマレー語のレッスンビデオだ。まだまだ基本中の基本のレッスンビデオだが、これからどんどん幅を広げて行きたいと言っているし、私はとても楽しみにしている。



それにしても、マレー語はPHONETIC LANGUAGEなのだと、最近つくづく感じている。鶏が先か卵が先かと言う問題に似ているが、もともとは音声言語が先でそれに文字言語がついてきた。文字言語の代表格として有名な中国語や日本語とは生い立ちが異なっているのだ。

これまで、日本人の外国語学習は、”読み書き”が先(主)で”話す聞く”が後(従)と言うのが多かったことは、日本語が音声言語ではなく文字言語にその由来を発しているからか、などとも感じているのだが、マレー語の場合は、圧倒的なPHONETIC LANGUAGE(音声言語)。私の場合、やや遅きに失した気がしないでもないが、さぁ、新任のCikgu Razlanと一緒に楽しくCasual Malayを学ぼうではないか。。

ではまた。。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ginjo777.blog.fc2.com/tb.php/327-9e0e8591