先日(10月14日)のGST(物品・サービス税:Goods and Service Tax)に関するブログにも書きましたが、レギュラーガソリン(RON95)は、GSTが免税(ゼロレート課税)になるとナジブラザク首相が発表したことをニュースで知り、ひと安心してました。

でもいつ政府補助金がカットされるかのかが気になります、なんてブログの最後に書いたら、なんと既にしっかりと俎上に乗っていたんですね。悠長に構えていた私が無知だっただけのようです。文字通り束の間のひと安心でした。はぁー・・・(*´Д`)=з

10月27日(月)と28日(火)に複数のオンラインメディアにて、この件(ガソリンの政府補助金削減の件)に関するニュース記事を確認しましたので、気になる方、詳しく読みたい方のためにその全文を紹介してみたいと思います。

これまでどおり和訳は筆者、訳文は一部意訳しています。なお写真はメディア掲載のものをそのままコピペしています。



先ずは、10月27日のマレーシア自動車関連ニュースメディアの記事から。

Gov’t says structure of petrol subsidy rationalisation programme for RON 95 not finalised, out next year
政府発表、ガソリンRON95補助金合理化プログラム未確定、来年に持ち越しか

Paul Tan’s Automotive News
27 October 2014 9:03 am

The structure and mechanism of the new petrol subsidy rationalisation programme for RON 95 that is supposed to come into effect next June has not been finalised, says the government. According to Deputy Finance Minister Datuk Chua Tee Yong, the subject is still being studied and details of the new system are not expected to be revealed until next year.
来年6月施行と思われるRON95の新ガソリン補助金合理化プログラムの構造とメカニズムは、まだ最終確定はしていないと、政府が発表した。 Datuk Chua Tee Yong財務副大臣によると、本件はまだ検討中であり新制度の詳細発表は来年に持ち越しとなるとのこと。

ron9501.jpg

Chua told reporters over the weekend that discussions are ongoing, and will involve relevant agencies, organisations and ministries. “At the moment, we are still studying the system. We also have to look into the agencies that will help us successfully implement it,” he said.
副大臣は、議論は進行中であり関連の機関、組織及び省が関係していると、先週末に記者団に述べた。 「現在、我々はまだ本制度を検討中である。我々はまた、本制度を成功裏に担任しうる機関を精査しなければならない。」とも説明した。

He added that the income bracket or group that will continue to enjoy subsidised fuel with the subsidy rationalisation would need to be identified. Last Thursday, it was reported that the programme would involve the MyKad and be based on a motorist’s income level.
彼は、補助金合理化後も補助金含みの燃料価格を引き続き受益する所得区分・グループについては、そのこと(所得)が識別される必要があると付け加えた。先週木曜日には、(補助金合理化)プログラムにはMyKad(註:マレーシア国民多機能IDカード)が関わり、自動車運転者の所得レベルに基づくことになるとの発表があった。

A dual-pricing system for RON 95 is set to be implemented – those belonging to a ‘high-income group’ will have to pay the full market price for RON 95 petrol (RM2.58 per litre, at current price), while individuals classified under the ‘low-income group’ will be able to continue filling up at the current subsidised rate of RM2.30 per litre.
RON 95の二重価格制度の実行の準備は整っている。「低所得グループ」に区分される人々は1リットルRM2.30の現在の補助金含み価格で引き続き給油できる一方、「高所得グループ」に属する人々はRON95の市場ガソリン価格全額(現在価格は1リットルにつきRM2.58)を支払わなければならなくなる。

UPDATE: Second Finance Minister Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah has revealed that those earning below RM5,000 per month will receive full subsidy, while those earning between RM5,000 and RM10,000 will get partial subsidy. No subsidised fuel for those earning five figures a month.
追記: Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah第2財務大臣は、月所得RM5,000未満の人々については補助金全額支給、月所得RM5,000以上RM10,000未満の人々については補助金一部支給、それ以上の人々(月収RM10,000以上)については補助金は支給しないことを明らかにした。

The use of the Mykad as a tool to determine subsidies has raised the question of whether it will incorporate data from the Inland Revenue Board (LHDN) showing how much one earns.
補助金支給を区分するためのツールとしてのMykadの使用については、内国歳入庁(LHDN)から、(国民個人の)所得を明らかにするデータを取り込むかどうかの問題を提起している。

ron9502.jpg

Chua however pointed out that the public should not speculate that the government has already finalised the system or its full workings. “An announcement will be made once the Cabinet gives the approval,” he explained.
しかしながら副大臣は、国民は政府が本制度またはその全作業をすでに確定したと考えるべきではないと指摘した。 「内閣が承認し次第発表がある」と彼は説明した。

He stated that subsidy rationalisation was an important step for the development of the country, and added that the government wants to ensure that only those who qualify for subsidy benefit from the new system.
彼は、補助金合理化は国の発展のための重要なステップであると述べ、政府は補助金受給資格のある人々だけが新制度を受益することを確実としたいと付け加えた。

Determining this will be the challenge, according to Federation of Malaysian Consumers Associations (Fomca) deputy president Mohd Yusof Abdul Rahman. “Firstly, the government has to narrow down on those eligible to receive the subsidy, secondly, remove from the list the industries not qualified for the subsidy, and thirdly, the government needs to fix the leakages and then only, turn to the domestic consumers,” he told Bernama.
マレーシアの消費者協会(Fomca)連合副会長のMohd Yusof Abdul Rahmanによれば、この制度を決定することはまさに挑戦だ。 「第1に政府は、補助金受給資格者を狭い範囲に特定しなければならず、第2には、リストから補助金受給資格のない産業を除外しなければならない、そして、第3には、政府は情報漏えいを修正する必要があること、そして制度の受益者は国内消費者に限ること」と彼はBernamaに語った。

He added that the government should also provide a clear definition of the ‘high-income group’ because it differed according to the situation and where they were located. “Those earning RM5,000 to RM10,000 are still pressured by the rising cost of living in the city,” he told.
彼はさらに、政府は、状況や地域によって異なる「高所得グループ」の明確な定義も準備しなければならないと付け加え、 「RM5,000からRM10,000の所得層は、都市における生活費上昇により(生活が)かなり圧迫されている」と述べた。

Meanwhile, the NST reports that Malaysian Muslim Consumers Association chief activist Datuk Nadzim Johan has suggested that the programme have tiers for different levels of income.
一方、NST(ニューストレイツタイムズ)は、マレーシアイスラム消費者協会主務担当者Datuk Nadzim Johanが所得の異なる人々のために制度に階層を設けるべきと提案したと報じている。

ron9503.jpg
注:この写真は直近値上がり前の旧価格ですね。現在のRON95は市場価格2.58、補助金込みの統制価格2.30/Lです。

He said that for the system to work, the government will need to have comprehensive data on individuals’ incomes and assets, and the declaration of these as well as debts will provide the government with a clearer picture of an individual’s actual purchasing power and define the tier he/she will fall under.
彼は、制度を機能させるには、政府は個人の収入と資産に関する包括的なデータを取得する必要がある、そして、負債を含むこれらの個人申告が政府に個人の実質購買力のより鮮明な姿を提供し、それぞれの属する階層区分が決定される、と述べた。

“If a person drives a small car, for example, he or she will need a certain amount of petrol each week. For someone with a fixed income of RM3,000 a month and who drives his father’s luxury car, he uses a different amount of petrol than a person driving a smaller car. How will the government address and solve this?,” Nadzim said.
「もし小型車を運転する場合は毎週ある程度のガソリンが必要だ。だが月にRM3,000の固定収入の人物が、父親の所有する高級車を運転している場合は、小型車とは異なる量(小型車より多くの量)のガソリンを使うことになるが、政府はどのようにして(このような問題を)取り扱いそして解決するのか?」と、Nadzim氏は語った。

He suggested that those eligible for subsidised fuel should be allotted a specific amount of fuel each week. The limit for each individual will prevent others from different tiers from using others’ monthly allocation. “Once an individual finishes his allocation, he or she can purchase fuel at non-subsidised rates until the week or month ends, depending on which cycle the system adopts,” he said.
彼は、補助金込みガソリンの受給資格のある人々には、毎週特定の量のガソリンが割り当てられるべきだと提案した。各個人のガソリン量の制限は、他の階層(高所得層)の者が、他の階層(低所得層)の者の毎月の割り当てを(不当に)使うことを妨ぐことになるだろう。「個人が自分の割り当て分を消費し終えたら、制度がどのサイクルを採用するかにもよるが、週または月末までは補助金なしの価格でガソリンを購入することができる」と語った。

On October 2, the price of RON 95 petrol and diesel went up by 20 sen to RM2.30 and RM2.20 per litre respectively. At that point, the actual market price was RM2.58 per litre for RON 95 and RM2.52 for diesel, translating to a current subsidy rate of 28 sen per litre for petrol and 32 sen for diesel.
10月2日に、RON 95ガソリンとディーゼルの価格は、それぞれ、1リットルにつきRM2.30とRM2.20に20センだけ値上がりした。その時点での実際の市場価格はRON95はRM2.58、ディーゼルについてはRM2.52だったことから、ガソリンは1リットルにつき32センの補助金、ディーゼルについては1リットルにつき28センとする現在の補助金支給が決定された。

In Budget 2015, tabled on October 10, PM Datuk Seri Najib Razak announced that RON 95, diesel and LPG is to be exempted from the Goods and Services Tax (GST) that will come into effect in April 2015. As for unregulated RON 97, its pricing will be subject to the 6% GST – currently, it is priced at RM2.75 per litre.
2015年予算案が10月に明らかになったが、Datuk Seri Najib Razak首相は、ガソリンRON95、ディーゼル及びLPGについては、2015年4月に実施される物品・サービス税(GST)の課税を免除すると発表した。無精製のガソリンRON97(現在価格RM2.75)に関しては、その価格には、6%のGSTが課税されることとなる。



次はマレーメールオンラインの10月28日の記事です。

Mixed feelings over fuel subsidy tier system
ガソリン補助金階層制度への複雑な気持ち

MALAY MAIL ON LINE
OCTOBER 28, 2014

ron9504.jpg
A man filling up his car at a petrol station. ― Malay Mail pic

In fact, many were now debating how the mechanism would be put in place after the government yesterday revealed those who earned RM10,000 and above would not enjoy fuel subsidies.
実は、多くの人は、昨日政府が、RM10,000以上の所得者はガソリン補助金制度の受益者とはならないと公表した後、その制度メカニズムがどのように具体化されるのかを議論していた。

The government had also announced entitlement for each car would be based on the registered owner of the vehicle.
政府は各々の車に対する(補助金受給)資格は車両の登録所有者に与えるとも発表していた。
Consumer groups however, expressed concerns over the potential abuse of the proposed method which could be used to regulate the system, as well as privacy issues that could arise.
しかしながら消費者団体は、想定しうるプライバシー問題や制度を規制するため提案の方法の潜在的濫用に対する懸念を表明していた。

Malaysian Consumer Association secretary-general Datuk Amarjit Singh was baffled with the justification of providing partial subsidy for those who earn between RM5,000 to RM10,000 a month. He further questioned the decision to rush the implementation “just for the sake of subsidy rationalisation”.
マレーシアの消費者協会事務局長Datuk Amarjit Singhは、月収RM5,000以上RM10,000未満の人々に一部補助金を支給することの正当性に関し困惑したし、さらに「単に補助金合理化のために」(新制度の)実施を急ぐという(政府の)決定を懸念していた。

“It would be a struggle for families with children who depend on RM6,000 monthly,” said Amarjit.
「これは月収RM6,000に依拠する子供を持つ家族のための闘いだ」とAmarjit氏。

“The income tiers should be adjusted to those struggling financially.”
「所得階層区分は、金銭的に奮闘している人々に合わせられなければならない」

“The proposed mechanism that the entitlement for each car be based on the registered owner of the vehicle could lead to people registering their vehicle under the names of those entitled to the subsidy.”
「各々の車に対する(補助金受給)資格は車両の登録所有者に与えると言う提案のメカニズムは、自分の車両を補助金受給資格がある人物の名前で登録することを誘導することになるだろう」

Amarjit also questioned how the government plans to implement the system as talks of MyKad being used to facilitate the process have been making its rounds.
Amarjit氏はまた、(制度の)処理を容易にするためのMyKad導入の話が(制度を)曖昧なものにしているため、政府がどのようにして制度を実行しようとしているのかについて疑問を呈した。

“Using the MyKad could pose a significant data risk for the individuals, especially if it integrates with the individual’s Inland Revenue Board data,” he said.
「特にそれが内国歳入庁の個人データと統合するなら、MyKadを使うことは個人にとって大きなデータ・リスクをもたらすことになる」と彼は語った。

He was responding to a fuel subsidy rationalisation scheme which will be implemented next year. Second Finance Minister Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah had yesterday said the scheme will be divided into three tiers depending on the monthly income levels.
彼は、来年実行される燃料補助金合理化計画に対応していた。 Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah財務副大臣は、計画は毎月の所得レベルにより3つの階層に分けられると昨日述べた。

The first bracket would consist of individuals who earn less than RM5,000 per month (eligible for a full subsidy), while the second bracket would consist of individuals who earn RM5,000 to RM10,000 (eligible for a partial subsidy).
第1階層は月収RM5,000未満の個人(全補助金受給者)で構成され、第2階層は月収RM5,000以上RM10,000未満の個人(一部補助金受給者)で構成される。

The third bracket, consisting of individuals who earn more than RM10,000, would not be eligible for any subsidy.
第3階層は月収RM10,000以上の個人で構成され、補助金受給資格はない。

Consumers’ Association of Subang and Shah Alam president Jacob George said the classification of the income brackets was a short-handed, knee-jerk reaction by the Finance Ministry, especially given the purchasing power disparity between those living in rural and urban areas.
スバン・シャーアラム消費者協会のJacob George会長は、所得階層による区分けは財務省による省力かつ条件反射的(ワンパターン)反応だ。そして特に地方と都市部の人々の間の購買力の不均衡を生むものだと述べた。

“Many are going to be upset when the system is implemented,” said Jacob.
「制度の施行にあたり多くの人々は動揺するだろう」とJacob氏は語る。

“On paper, a person may appear well-off earning RM10,000 a month. But is it truly the case, given the high cost of living in the city?
「書類の上では、月収RM10,000の者は裕福に見えるかも知れない。しかし都市部の高い生活コストを強いられる場合、それは本当にそうだろうか?

“By exposing their income levels to the public via their MyKad, consumers would be made vulnerable and could become potential victims of theft.”
「MyKadを介し人々の所得レベルを公衆にさらすことによって、消費者は脆弱になり、窃盗の潜在的被害者になるだろう」

However, Federation of Malaysian Consumers Association chief executive officer Datuk Paul Selvaraj said the tiers were necessary for the government to implement the subsidy system successfully.
しかし、マレーシア消費者協会連合会CEO(最高経営責任者)のDatuk Paul Selvarajは、階層区分は政府が新補助金制度を成功裏に施行するために必要なことであった、と述べた。

“There must be a be a cut-off point for those who need the subsidy, and the right group who deserve subsidies would be those earning RM5,000 and below,” he said.
「補助金を必要とする人々(一部支給グループ)と補助金制度を受益するに相応しい人々(全支給グループ)の分割点が、月収RM5,000の上下なのだ」と彼は述べた。

He agreed that the government’s rationale for entitlement for each car to be based on the registered owner of the vehicle could also be subject to abuse as a person with high income could register the car under the name of a family member earning less.
彼は、各車両の補助金受益者登録は車両の登録所有者に基づくという政府の理論的根拠はまた、高所得者が低所得の家族名義で車両所有登録することができることから新たな火種となりうると言われていることはそのとおりだろうと語った。

“If a card system is used to monitor the implementation, it must be ensured that data held in such a card should be restricted to contain only the tier status of the holder,” he said.
「カードシステムが制度の施行を監視することに用いられるならば、カード内のデータは保有者の階層区分データのみに制限されることが確実でなければならない」と、彼は語った。
“Consumers would be averse to using the MyKad as it contained personal information.”
「MyKadは個人情報を含んでいるので、消費者はMyKadを使うことには反対するだろう。」

“The public will also come up with many creative ways to beat the system, and we hope the government will be able to iron out such issues during the roll-out phase.”
「人々は新補助金制度を叩く(非難する)多くの創造的な方法に思いを致すだろう。そして、我々は政府がロールアウト(試験運用)段階の間、そのような問題を解消することを望んでいる」

The tiered system is expected to relieve some of the costs associated with the nation’s fuel subsidy system, which has been said to be expensive and inefficient.
(所得)階層システムは、高額かつ非効率と言われてきた国のガソリン補助金制度関連経費を削減することが期待されている。



最後に、ステートメディアBernama10月27日付けの記事です。

Fuel Subsidy Rationalisation Scheme To Be Divided Into Three Tiers -- Ahmad Husni
ガソリン補助金合理化計画、3階層に区分される-Ahmad Husni

Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah KUALA LUMPUR
Oct 27 (Bernama)

ron9505.jpg

The fuel subsidy rationalisation scheme to be implemented next year will be divided into three tiers depending on the monthly income, said Second Finance Minister, Datuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah.
来年施行される燃料補助金合理化計画は、人々の月収に基づき3つの階層に区分される、とDatuk Seri Ahmad Husni Hanadzlah第2財務大臣は語った。

He said those earning below RM5,000 per month would still enjoy the fuel subsidy and those earning above RM10,000 not eligible.
彼は、月収RM5,000未満の所得者は引き続き補助金制度を受益でき、RM10,000以上の所得者は受益できない、と述べた。

He said the mechanism was still being studied in detail by the Domestic Trade, Cooperatives and Consumerism Ministry.
彼は、(制度の)メカニズムはまだ国内貿易・企業・消費者省により、詳細に検討がなされていると述べた。

"The first tier (with individual salary below RM5,000) would be fully supported with 100 per cent subsidy, tier two for those with low- to middle-income will get a partial subsidy and the tier three (those earning above RM10,000) will not get the subsidy.”
「第1階層(個々の月給がRM5,000未満)は100パーセントの補助金で完全にサポートされる、低所得から中所得の第2階層は一部の補助金を受益する、そして、第3階層(RM10,000以上の所得者)は補助金を受けることはできない」

"The implementation would be based on an individual's salary, unlike BR1M which was based on household income," he told reporters after officiating the Bank Rakyat International Islamic Banking Conference 2014 (IIBC 2014) here Monday.
「(制度の)施行は、世帯収入に基づくBR1M(Bantuan Rakyat 1 Malaysia:1マレーシア国民支援制度)とは異なり、個々の月給(所得)に基づき行われる」と、彼は月曜日のBank Rakyat International Islamic Banking Conference 2014(IIBC 2014)開会式の後に記者団に語った。

On how the government could monitor the claimant, the minister said the entitlement for each car would be based on the registered owner of the vehicle.
政府がどのように請求者を監視するのか、大臣は、各々の車両の受益者登録は各車両の登録所有者に基づくと述べた。

"A special body to verify the entitlement and monitor the implementation of the subsidy rationalisation scheme would be set up," he said.
「各受益者の資格を確認し、補助金合理化計画の実行を監視するための特別な組織が設置される」と、彼は述べた。

The two-day inaugural IIBC 2014, starting today, was initiated by Bank Rakyat as part of its 60th anniversary celebration.
2日間に渡るIIBC 2014は、今日から、その60回目の記念式典行事の一部としてBank Rakyatによって開始される。



いかがでしたか。私もこれでようやく、ガソリンに対するマレーシア政府の補助金合理化計画の骨子を知ることができました。ただし、冒頭のニュースのタイトルにも記されているように、内容や手順を含めた最終確定はまだ未定、結論は来年に持ち越しされるということです。

そりゃそうですよね、Mykadを使うとなるとそりゃ大変でしょう。解決すべき問題は山積で簡単には結論が出ないだろうってこと、これらの記事からも良く理解できます。

さて、ここでフト考えましたが、制度施行に際しての3階層区分、果たして私はどこの区分に入るのでしょうか。

①マレーシア国民ではないからMykadは持っていない。
②所得は日本から送金されている年金のみ。
③所得申告をしているわけでもないのでIRB(内国歳入庁)にはデータがない。

この条件だとどうなるのか?なんて一生懸命考えたところで良く分かりませんね。となれば、月収10,000リンギ以上所得者同様の区分、受益なしの第3階層と考えた方が間違いなさそうですね。

とすると、ガソリン代は結局いくら支払うことになるのか。
答え:市場価格全額、つまり1リットルあたり2.58リンギ(2014.10.31現在)と言うことです。

でも良く考えてみると、補助金入りの現行価格は2.30リンギ、内補助金が0.28リンギ・・・・・なんだ、結局あと0.28リンギ支払うってことだよ。。えっと、私の場合、大体ひと月最大100リットルの給油なので、となると100×0.28=28リンギ。

つまりひと月28リンギの支出増と言うことですね・・・・・・なんだあんまり心配しなくてもいいか、なんてまた無責任な独り言を言ってしまいました。

考えてみれば、日本の今日(10月31日)現在のガソリン平均価格は156.7円、それに比べればマレーシアは補助金ゼロでも85円(1リンギ33円換算)、まだまだ安いです。すみません、これが今日の結論でした。


スポンサーサイト
私は以前から紀行文の類を読むことが好きで、若い頃は、沢木耕太郎の深夜特急や列車ものでは阿川弘之の南蛮阿房列車、宮脇俊三の最長片道切符の旅などを読み耽っていましたし、山を始めるようになってからは、深田久弥の山本なども読み漁っていました。

しかし、いつの頃からか老眼が進み視力が急激に衰えてからは、小さな活字がとても見え辛くて、好きな読書からも次第に遠ざかりつつあることを少々寂しく感じています。

そんな中、私が最近とても便利と思うものが、ネットで読めるオンラインの読み物です。

マレーシアに移り住んでからは、新聞もエッセイも読み物もほとんどがオンラインです。たまに書店で本や雑誌を買ったりしてもみるのですが、メガネ(老眼鏡)をかけて小さな活字を追っているうちに眼が酷く疲れてしまい、そのうち頭痛がしたり肩や頚が強張ったりして途中でどうしても諦めてしまいます。

その点、オンラインの読み物はディスプレイ上の活字の大きさを変えることができたり、知らない単語の意味を瞬時に調べることができたりと、便利なことこの上ないのです。

さて前置きはこのぐらいにして本題に入りますが、今日は、10月21日付のニュー・ストレイツタイムズ・オンラインで知った「マレーシアの凄い自転車野郎(冒険サイクリスト)」のこと、そして彼の素晴らしい、本当に賞賛に値するトラベルログを紹介してみたいと思います。

先ずは、ニュー・ストレイツタイムズ・オンラインの該当記事です。なお、和訳はこれまでどおり筆者ですが、原文の大意の範囲で筆者の言葉に替えて記述している部分もあることをお断りしておきます。



Two wheels and a strong will
自転車と強い意志

New straits times on line
BY FAISAL ASYRAF - 21 OCTOBER 2014

baiskal01.jpg
(from PHOTO GALLERY–SWEDEN,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)

Zahariz Khuzaimah tells Faisal Asyraf more about his solo expedition across the continents on a mountain bike.
ザハリツ・クザイマー(Zahariz Khuzaimah)は、マウンテンバイクでの大陸横断単独冒険行の詳細をファイサル・アシュラフ(Faisal Asyraf)(註:フリーランス記者)に語った。

LECTURER Zahariz Khuzaimah swapped the comfortable life of a working professional to experience the nomadic lifestyle on the road. For months, he rode a mountain bike across the Asian continent, carrying 20kg of baggage that included clothing, a tent, cooking equipment and camera equipment.
ザハリツ・クザイマーは、都会のプロフェッショナルワークがもたらす上質の生活と路上の遊牧民的生活を交換したのだ。何ヶ月にも渡り、彼は、計20kgにもなる衣類、テント、炊具そしてカメラ機材一式をバッグに積みこみ、マウンテンバイクでアジア大陸を横断した。

The endeavour earned him thousands of fans on social media who saw him “living his dream”.
そんな彼の冒険行は、ソーシャルメディアで「彼の夢に生きる」を見た幾千ものファンを得た。

When Zahariz embarked on his first journey four years ago, he did so with little preparations.“Initially, I made a lot of preparations. I had a long list of things to acquire and do and I would spend a lot of time thinking about these. So much so that it delayed my plans to explore the world. So one day, I told myself to stop thinking and just go. And I did,” he said.
ザハリツは4年前、ほとんどの準備をすることなく最初の冒険行に乗り出した。「始めのうちはいろいろと準備した。携行品や行動予定の詳細リストを作成し、考えることに多くの時間を費やそうとした。しかしそれが余りにも多すぎて冒険行の開始が遅れてしまう。ある日私は、考えることは止めよう、とにかく始めよう、自分自身にそう言い聞かせ、そして決行した」と彼は語った。

His starting point was Chengdu in China. “I bought a mountain bike in Chengdu and cycled across Tibet, Kazakhstan and Kyrzygstan.” He later included Iceland, Scotland, Sweden and Norway to his route.
彼の出発点は中国の成都だった。 「私は成都でマウンテンバイクを購入し、チベット、カザフスタン及びキルギスタンを自転車で走破した。」彼は、後にアイスランド、スコットランド、スウェーデン及びノルウェーを彼のルートに含ませた。

He filmed most of his experiences on the road and turned it into a travelogue, Dengan Basikal Aku Menjelajah. It was aired last year on TV Al Hijrah. The highlight of the travelogue, among others, was when he watched the majestic display of the Northern Lights also known as Aurora Borealis.
彼は路上で大部分の彼の冒険行を映像に記録し、それをDengan Basikal Aku Menjelajah(私は自転車で旅をする)と題したトラベルログ(紀行ブログ)にアップした。 それはテレビアルヒジャラ(マレーシアの国営イスラムテレビ局)で昨年放送された。トラベルログのハイライトは、荘厳な北極光のディスプレイつまりオーロラ(Aurora Borealis)を見た時のことだった。

Early this year, he embarked on a new journey to cycle across three continents. Starting from Mongolia and ending in Spain, the journey will eventually cover 26,000km and add up to almost 28 months on the road.
今年の始め、彼は3大陸(訳者註:ここで言う3大陸とはどの大陸のことなのかは分からないが、彼のHPによると最終的には南極大陸を除く5大陸全てを自転車で走破する全体計画のようである)走破の新たな冒険行を開始した。 モンゴルからスタートしスペインで終る旅は、最終的には26,000kmを走破し最長28ヵ月にもなる旅だ。

While Zahariz is still halfway to completing the route, the first leg of Dengan Basikal Aku Menjelajah 2 will be screened starting tonight, for three nights on TV Al Hijrah.
ザハリツは現在まだ旅の途中なのだが、本日から3夜連続で、「Dengan Basikal Aku Menjelajah 2(私は自転車で旅をする2)」の第1段部分がテレビアルヒジャラで放映される予定だ。

(中略)

Zahariz talks about his journey:
ザハリツが彼の冒険行を語る:

Can you share the route of your journey?
冒険旅行のルートを説明してもらえますか?(訳者註:聞き手はファイサル・アシュラフ。以下同じです)

It covers 19 countries, from Mongolia to Spain. From Mongolia, I go all the way south until I reach the Chinese border. From there, I cycle along the Great Wall westward until I reach Europe.
モンゴルからスペインまで19カ国を走破するルートです。中国との国境を越えるまでモンゴルを南下し、そこから万里の長城に沿ってヨーロッパまで西にサイクリングします。

What message would you like to convey to viewers through this travelogue?
このトラベルログを通して視聴者にどんなメッセージを伝えたいですか?

Media has shaped our perspective on how we see the world. Sure, there are wars going on in some parts of the world. But if you go out, there’s another perspective, the other side of the coin, that the world is still full of good people who are helpful to strangers. Sometimes, we just need to shift our focus to see the positive side.
メディアは、我々がどのように世界を見るか、その見方を形作ってきた。 確かに世界の一部地域では現に進行している戦争がある。しかし一歩外に出ればそこには別の側面がある。コインのもう一方の側、世界はまだ、見知らぬ人に親切な善人で溢れているのだ。我々は時々、こうしたポジティブな側面を見るために焦点を変える必要がある。

You once said you had wanted to find more in life. Have you?
あなたは以前、もっと多くのことを人生で発見したいと言ってましたね、そうでしょう?

(Smiles) There is no single answer to that question because the more you find, more questions will come.
(笑いながら)その質問に対する一つの答えもありません。多く発見すればするほど、多くの疑問が湧いてくるのだから。

You mentioned going to secluded places where you don’t meet or talk to people for weeks. How does it feel being all alone?
あなたは、何週間も人間を見かけないか、人間と話すことのない人里はなれた場所に行くのだと言ってました。いつも独りでいることはどのような気持ちですか?

I feel content because I don’t like crowded, noisy places. So it’s okay to not meet another human being for weeks, as long as I am close to the nature. I love high altitude places such as a mountain. When I’m on a mountain peak, I feel really close to heaven, with clouds below me and nothing between me and the stars. And the surrounding is quiet, just the sound of the wind echoing. It’s magical. I love it.
私は混雑した騒々しい場所を好まないので、それが良いと感じるのです。 自然の近くいる限り、何週間も他の人間に会わなくても問題はない。 私は山などの高所が好きだ。 山頂にいる時は、雲が下にあり天空の星と自分との間にはなにもない、天国のすぐ近くにいることを本当に感じる。 風のエコーだけの静寂で不思議な世界、私はそれがたまらなく好きだ。

Can you describe the time you saw Aurora Borealis?
オーロラボレアリス(Aurora Borealis)を見た時のことを話してもらえますか?

I felt like crying. I had been admiring the Northern Lights since I was a child. I chose the hard way by cycling hundreds of kilometres through Swedish forest. The first time I saw it was when I was in Umia, Sweden. But it wasn’t that clear. The picturesque moment came when I crossed the Arctic circle. The whole world appeared greenish. I felt like I was in a Hollywood’s fantasy films.
それは泣きたい気がしましたよ。子供の頃からオーロラに憧れていたので、スウェーデンの森林を何百キロも走破すると言う厳しいルートを選んだのだし、初めてオーロラを見たのはUmia(スウェーデン)だったけど、その時はそんなにはっきりと見えたわけではなかった。北極圏を横切った時、まるで絵のような瞬間がやってきた。全ての世界がグリーンに輝き、まるでハリウッドのファンタジー映画の中にいるようだった。

baikal02.jpg
(from PHOTO GALLERY–AURORA BOREALIS, Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)

Is there any other natural phenomenon that you are looking forward?
今後出会いたい他の自然現象はありますか?

That would be the Midnight Sun in Norway when, at midnight, the sun is just hanging low as in sunset. The surrounding will be quiet because it’s midnight and even the birds are asleep. So you will only hear the water flowing in the river and the wind.
ノルウェーの真夜中の太陽(Midnight Sun)ですね。真夜中に、太陽がちょうど日没の時のように低い位置に来る。鳥さえも眠る静かな世界、川の水の流れと風音だけが聞こえてくるのです。

When you first started, did you think of giving up?
初めて冒険行に出発した時、あなたは途中でギブアップすることを考えましたか?

I did. I wasn’t prepared and I had no skills. The bags kept falling off the bike. For the first two weeks, I had no clue what I was doing. I felt like I was doing something stupid and I thought of turning back.
考えましたよ。準備も十分ではなくスキルもなかった。バッグは自転車からいつも落ちていたし、最初の2週間は自分が何をしようとするかの手がかりもなかった。きっと、バカなことをし、引き返すことを考えていたのでしょうね。

But I didn’t. Somehow I kept going. Halfway through my journey, I met a Spanish guy named Alvaro in Tibet. He was a clown by profession and gave free shows all over the world. He had travelled for 11 years and covered over 100,000km. Since we were headed the same way, we decided to travel together for 10 days. He taught me the art of survival — how to cook, make a fire and survive in the wild. After 10 days, we parted ways because he was going to Mongolia and I, to Kazakhstan. I gained a lot of confidence from that experience.
しかし私はギブアップしなかった。どうにかこうにか行き続けた。旅の途中、チベットでアルヴァーロ(Alvaro)という名のスペインの男性に出会ったが、彼の職業は道化師で世界中に無料のショーを見せていた。彼は既に11年間旅をして10万キロを走破していた。我々は同じ方向に向かっていたので、10日間一緒に旅をすることにしたのだが、この間、彼は私にサバイバル術を教えてくれた。料理の仕方や火のおこし方そして荒野での生き残り術だ。10日後、彼はモンゴルに、私はカザフスタンへ行くことにしていたので互いに別れたが、私はこの経験から多くの自信を得た。

What are your experiences with native folks and non-English speaking people?
現地の人々や英語を母語としない人々に接してどんな経験をしましたか?

We may not understand each other through words but body language is universal. Lots of people provided me with shelter and food, for example and we never had trouble communicating. At the dinner table, we would share stories using sign language.
人々とは言葉では理解しあえないかも知れない、しかし、ボディーランゲージは世界共通語です。多くの人々が私にシェルター(避難場所や宿)や食べものを分け与えてくれた。我々は意志を伝え合うのに決して苦労しなかったし、夕食のテーブルでは身振り手振りで話を交わしたものです。

Any advice for those who want to embark on a similar journey?
今後、同じような冒険行に出ようとする人々になにかアドバイスはありますか?

Don’t plan, just go. If you think you have to get ready, you never will. Follow your heart, don’t listen to the doubters. Just go.
プランするのではなく、とにかく実行することです。もしあなたが、準備を万全にしなければならないと思っていてもそれは無理。あなたのハートに従うこと。(冒険行に)疑い深い人の話なんて聞く必要はない。とにかく実行することです。

Do you need an expensive bike and sophisticated gadgets like GPS?
高価なマウンテンバイクやGPSなどのハイテク小型装備は必要ですか?

I’m living proof that you don’t need expensive equipment. It’s not wrong but it’s not really necessary. Just give me a bicycle and I can ride all the way to China.
高価な機材は必要なし、私がその生きた見本です。それ(高価な機材を準備すること)は間違っていないけど、しかし本当に必要なものではない。自転車さえあれば中国までずっと旅することができるのです。

Dengan Basikal Aku Menjelajah 2 airs from tonight to Thursday (11pm) on TV Al Hijrah (Ch 114).
「Dengan Basikal Aku Menjelajah 2(私は自転車で旅をする2)」は、テレビアルヒジャラ(ch 114)で、今夜から木曜日(午後11時)まで放送されます。



記事を読んで、私はこのザハリツ・クザイマーと言う凄い自転車野郎、いや冒険サイクリストに興味を持ちました。KLに住むマレーシアの若者でムスリムであること、元々の職業がフィルムエディター、つまり映像のスペシャリストだろうこと、冒険行が単独での大陸横断であることなど、私の琴線に触れるファクターが目白押しです。

テレビアルヒジャラは我が家のHyppTV(IPTV)でももちろん観ることができます。でも、夜の11時までとても待てません。

早速、ネット上の彼のトラベルログを訪れてみました。(彼のトラベルログは彼の名前をググルだけで簡単にヒットしました)

Malaysian Normad(マレーシアの遊牧民)と題した彼のトラベルログ(Zahariz Khuzaimahの自転車冒険行の全てが読めるサイトです)はこちらです。

そして、現在キルギスタンのナリンプロビンスにいると言う彼のトラベルログ、いやこれはオンラインログと言うより、名高い紀行著作本に勝るとも劣らぬ冒険紀行文であると思いますが、その大半を、ほとんど休まずに、暗くなるのも気が付かずに読み通しました。

これは期待に違わぬ作品です。途中何度も、トラベルログに掲載されている、溜め息が出るほど素晴らしい映像の数々を繰り返し眺めては感嘆し、彼の冒険行をしっかりとシェアすることができました。

もちろん、日本にも、世界のどこにも彼のような自転車野郎、冒険サイクリストが数多くいると言うことを私も知っています。今まで時々、彼らのブログを読むこともありました。しかし、ザハリツ・クザイマーのように、過酷な冒険行の全行程をこれほど鮮明な動画や静止画に撮影・編集し、トラベルログとして旅の途中からアップし続けると言う、まさに驚異的な離れ業を、しかも独りでやり遂げる青年が、ここマレーシアにいたとは驚きです。

いや、私の心は大きく揺さぶられました。

私も若かったら挑戦してみたかった・・・、既に十分に年を取りすぎた我が身にはとても真似のできないことなのですが、それでも、かつて沢木耕太郎の深夜特急に恋したように、夢はいつまでも見続けていたい。若い頃の深夜特急の夢は、幸いにも今現実のものとなってここにあるのですが、さすがに自転車での大陸横断など夢のまた夢。しかし、それでもいい、見知らぬ土地を旅する感動、過酷な大自然を独りで彷徨う不安、様々な人々との出会いなどなど、読むたびに我が身や心をリフレッシュしてくれる読み物を探していたのです。しかもオンラインで読めるものをです。

いや、まさに出会いでした。私が捜し求めていたものはこれでした。

久々に心打たれました。英文のトラベルログではあるけれど、彼の平易な文章はとても読みやすくほとんど抵抗なく読み進むことができました。

そしてなにより動画や静止画の綺麗さが際立っています。大自然の荘厳な美しさや出会った人々の心温まる笑顔、どれも素晴らしい映像の数々は私の心を捉えて離さない。

以下は、Diary Of A Travellerと題した彼のHPのPhoto Garellyにアップされている中のほんの一部の写真です。

baiskal03.jpg
(from PHOTO GALLERY–TAKLAMAKAN DESERT,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)


baiskal04.jpg
(from PHOTO GALLERY–TIAN SHAN MOUNTAINS,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)


baiskal07.jpg
(from PHOTO GALLERY–TIAN SHAN MOUNTAINS,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)


baiskal08.jpg
(from PHOTO GALLERY–NORTHERN NORWAY,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)


baiskal09.jpg
(from PHOTO GALLERY–NORTHERN NORWAY,Diary Of A Traveller, photo by Zahariz Khuzaimah)


彼のHPは、先に紹介したMalaysian Normad(http://www.malaysiannomad.com/)でもDiary Of A Traveller(http://zahariz.com/)もどちらもほぼ同じ内容です。

大自然、冒険、単独、神秘、マウンテンバイク、サバイバルなどのキーワードに興味ある方は是非訪問してみて下さい。私も今後しばらく彼をフォローしてみたいと思っています。

ではまた。。
みなさん、こんにちは。

今日も魚関連の話題ですが、実は私、大きな勘違いをしておりました。前回の魚シリーズで「バトゥケイブ近くのPasar Borong Selayang Baru(New Selayang Wholesale Market)と言うKL最大の卸売市場に行った」とリポートしました。

ところが、私が行った卸売市場はKL最大の卸売市場ではないと言うのです。これ、自分で撮った市場の写真とネット上の写真を比べていて気がついたのですが、どうも私が行ったのは古い方の市場で、もっと新しくて大きな市場が近くにあるらしいのです。

良く良く調べてみると、私が行ったのは、Pasar Borong Selayang Baruと言う名の市場なのですが、実は私の勘違いはこの名前からきていました。

このPasar Borong Selayang Baruの"Baru"と言うのはマレー語で"新"という意味なのですが、私はこれを「新スラヤン卸売市場」と理解していました。ところが、正しくは「新卸売市場」ではなくて、「Selayang Baru」と言う地名を冠した卸売市場、つまりスラヤンバル卸売市場だと言うのです。

なんと言うことでしょう。グーグルマップを改めて仔細に見てみると、確かにこの市場は「Selayang Old Wholesale Market」となっていて、しかも「This is the old market, new market is located future south-east about half-mile and is officially renamed KL Wholesale market. Many restaurant entrpreneur and retailer(esp. from Rawang to KL and PJ) get fresh food source here.(これは古いほうのマーケット。新しいマーケットは約0.5マイル南東に位置しており正式名はクアラルンプール卸売市場。特にラワン、KL、ペタリンジャヤから多くの飲食店や小売業者が新鮮食材を求めてここにやってくる)とあります。

オー、ノー!するてぇとなにか?俺が今まで行ってたあのでかい市場の他に、もっとどでかい新しい市場が近くにあるってワケか?とすれば、いや驚いた、これは嬉しい勘違いだぜ。

夜にこのことを知ってから、気になって気になってとても寝ていられません。明け方まで悶々としていたのですが、疲れて少し眠ったらしく、気が付けば5時です。慌てて家を飛び出し、クアラルンプール卸売市場に車を走らせました。

と言うことで、以下は、正式名称:クアラルンプール卸売市場(Pasar Borong Kuala Lumpur)の初探索リポートです。興味のある方はじっくりとご覧あれ。

場所は、今まで通っていた古いほうのスラヤンバル卸売市場の手前約1km、ジャランクチンの左側です。「Pasar Borong」との標識があります。(そうですよね。この標識ってなんなのかなぁって不思議に思ってたんですよ)

卸売市場の北側に大きなゲートがあります。

2014101701.jpg

駐車料金表です。自家用のビジター車は1時間ごとに3リンギと表に書いてありますが、私の場合、1時間50分ほどで4.6リンギでした。出口は市場建物の反対側、つまり南側にあります。料金は出口精算方式です。(結構高いですね。業者と一般を区別していて、一般客は割高になっています)

2014101702.jpg

↓これが卸売市場の正面入り口です。でも市場建物(約300mほどの長大な建物)出入口は、建物側面に壁がなく、いたるところから出入りできるようになっているので、こっちの正面から出入りする人は少ないのでしょう。閑散としてました。

2014101703.jpg

中に入ってみると、一番手前は青果売り場のようです。

マレーシア国旗の上にある大きな看板に眼が止まりました。読むと「JAGALAH KEBERSIHAN PASAR INI(この市場は清潔第一)」、「DILARANG MEMBUANG SAMPAR(ごみ散らかし禁止)」そして「DENDA RM2,000(罰金2000リンギ)」と書いてあります。(だからなのかは分かりませんが、他所の市場に比べあんまり汚くないような気がします。でも決して綺麗と言うことではありません)

2014101704.jpg

スイカがケースごと山のように積まれていました。スイカの蔓(つる)をチェックしてみたのですが、流石にまだ青々として新鮮そうでした。

2014101705.jpg

スイカのほかにも、馴染みのフルーツ、見たこともないようなトロピカルフルーツなどが箱ごとか、箱から出して山積みされてました。でも、どうなんでしょう、1個とか2個とかの少量でも売ってくれるんでしょうか。(聞いてみれば良かったのですが、すみません、私の本命は魚売り場なので先を急ぎました)

2014101706.jpg

新鮮野菜も、もちろん大量にあるようですが、今日は魚の方に一目散です。

2014101707.jpg

しばらく歩いてきました。ようやくこの辺から魚売り場のようです。ではじっくりと見て廻りましょう。

2014101708.jpg

ははーん、向こうの古いほうの卸売市場と同じで、この人たち、いろんな国から来てる人たちですね。聞くところによると、ミャンマーとか、インドネシアとか、ベトナムとか、タイとか、マレーシア人の他にも結構いるらしいです。特にミャンマーからのレヒュジー(難民)の方が多いとか。。。

2014101709.jpg

でも、私にはどの顔がマレーなのかミャンマーなのかは識別できません。とにかく、笑ってごまかすと言うか、笑いは世界の共通言語、ただそれだけでいいのです。

2014101710.jpg

こっちから笑いかけて、相手が笑って返してくれれば、それでもう気心は通じます。さらに、写真撮ってもいいかとマレー語で「Boleh ambil gambar?」と笑いながら問いかけ、相手が「Boleh(いいよ)」と笑って返してくれれば100点満点です。

2014101711.jpg

それにしてもみんな陽気な若者たちです。「Dari mana?(どっから来たの?)」の質問にはすかさず「Dari kampung Jepun(日本の田舎からだよ)」と答えると、みな爆笑間違いナシです。

2014101712.jpg

みな屈託のないヤングメンです。しかし、朝っぱらからこんなに笑えるとは、こりゃ健康にいいワイナ。

2014101713.jpg

おっ、こっちはそんなにお若くなさそうな。でも、左のヤングマンがジョーダンにノリノリで、右のお方もとても明るく笑ってくれました。そして「Datang lagi(また来てね)」と言われちゃいました。

2014101714.jpg

「Apa nama ketam ini?(このカニなんて言うかに?)」って笑いながら聞いたら、「こいつかい?こいつは"食って儲からん"だ」と。え、なに?「食って儲からん?クテモカラン、Ketam Karang」か、なるほどねぇ。。

2014101715.jpg

写真撮っていいか?って笑ったら、おぉ、いいカニだって。(これはウソです)そして、ほら裏を見ろ、真っ白カニだぞって、カニを裏返しながら笑いフザけてたおっちゃんでした。

2014101716.jpg

お、こっちは箱買いの交渉ですかな?なんと、クパライカン(魚頭)も混じってます。

2014101717.jpg

なるほどバイヤーとセラーはああやって交渉するんですかいのぉ?

2014101720.jpg

朝の3時、いや実際は2時半ごろからオープンしていると言うこの卸売市場、もう6時過ぎだというのにまだプロのバイヤーの姿があるようです。この辺、道の向こうのスラヤンバル卸売り市場とは若干違うような気がします。

2014101718.jpg

しかし、名前(ウエットマーケット)に違わず、どこもかしこもびしょびしょに濡れてます。これが本物のウエットマーケットだなやと変なところに感心したりしてね。

2014101719.jpg

この市場、歩くたびに靴底に魚の内臓や汚れがたっぷりくっついてくるようで、向こうの市場でもそうだったけど、帰ったらしっかり洗わないと履けないよこの靴って感じだったし、この後、靴底の汚れが愛車のフロアマットに移ったらしく、まだ車の中から腐った魚の臭いが取れずに悩んでいます。

やっぱり長靴がいいかも知れないって思いましたけど、プロのバイヤーでもあるまいし、そこまではなぁってちょっと真顔で悩んでいます。

さて、市場には、眩暈がするほどいろいろな魚が出てるようです。これからこの市場の魚たち、季節の移ろいなんて、この南国にはないのかも知れないけど、来るたびにどんな魚と対面できるのかが本当に楽しみです。

2014101721.jpg

↑上の真ん中、アジ科の中型魚ですね。シマアジのようだけどミナミギンガメアジとか言うやつですかね。一度食味を試したいですね。
↓これはお馴染みのキスとクロアジモドキ、でも活きが良さそうで、このキスなら天ぷらでも刺身でも良さそう。

2014101723.jpg

これ(魚)どこから入ってくるの?って聞いたら、みな、タイだとかベトナムだとかボルネオだとか言ってました。もちろん国内各地からもあるのでしょうが、見慣れた魚が半分、初めて見る魚が半分ずつぐらいの割合でした。

↓これ、この前向こうの市場で買ったヤリイカです。

2014101724.jpg

↓こいつは、背中の縞々をみるとタイガープローンだと思いますけど、いや新鮮で旨そうですねえ。

2014101725.jpg

ん?この↓斑模様はハリマオグルッパかな?あはは、これ私がつけた名前なので誰も分からなくて当たり前です。マレー語名は"Kerapu Harimau"、英名は"Brown-marbled grouper"、和名は「マダラハタ」、だと思います。

2014101726.jpg

ところで、マレーシアの国獣(国指定の動物)はトラ(マレートラ)だってこと知っていますか?マレーの虎って言うと、あのマレーの虎ハリマオ伝説のこと?いや、かつてのマレー・シンガポール作戦を指揮した山下奉文陸軍大将だろうって?あははは、そう言う、あ・な・た、は私とおんなじ、若くない。。

そうです、マレー虎(マレータイガー)ってマレーシアの国獣なんですよ。で、タイガーのこと、マレー語でハリマオ(Harimau)って言うのです。思い出しましたか、"快傑ハリマオ"って漫画のこと。私も小学生か中学生の頃に夢中で読んだ微かな記憶があります。

それにしても、私が今飲んでるビールは喉越しが良くて美味いタイガービール。これ、実はシンガポールのビール会社とオランダのハイネケン社の合弁会社が世界各地で生産してるんですって。

どうでも良いことだけど、タイガーって名前付けるからには、こっちにも一言断わって欲しいよね、なんて、すっかりマレー人になった気分でもの言ってる私です。(今、ホントにタイガービール飲みながらこれ書いてるんです)

↓こいつは、イカンメラ(鯛)。でも目が真っ黒だからメラ・マタ・ヒタムか、それとも、目が前に寄ってるからピンジャロか、なんて独り考えることが楽しいのです。(こんなこと言うと、またオタク系の人間だなんて言われそうで嫌なので止しますが、私は決してオタク系の人間ではありません。私を知ってる人たちに聞いてみて下さい)

2014101727.jpg

↓これはまた,綺麗に並べましたね。端の大きい魚がなにかは聞きそびれましたが、これどうやらバイヤーによる箱買いが決まった後のようですね。

2014101728.jpg

↓アオリ(イカ)の小型版です。つい、買おうかと手をだしそうになりましたが、イヤ、今日は見学だけ、と自分に言い聞かせました。

2014101729.jpg

市場の一番遠く(南遠端)から元来た方向を見渡すとこうです。どれほど巨大な市場かがお分かりでしょう。いや、私の趣味の魚市場探索、ますます楽しみになりました。

2014101730.jpg

いかがでしたか?いやぁ私は実に面白かったです。ふうーっと一息ついて市場の外に出てみると、もうすっかり空が明るくなっていました。建物の裏手に周ると、全国各地から荷を運んできたであろうトラックがズラリ連なっていました。

2014101731.jpg

以上、クアラルンプール卸売市場初探索のリポートでした。



でも今日は、これで終わりではありません。

クアラルンプール卸売市場の初探索の前日に、実は古い卸売市場に行っていたのです。(このときはまだこっちが本物と思ってました)

何しに行ったのかと言うと、市場のクローズ状況を見たかったのです。なので朝7時にでかけました。
明るいところで見るPsar Borong Selayang Baru(スラヤンバル卸売市場)の外観です。こっちはこっちでやっぱり巨大です。

2014101601.jpg

で、建物の前にはこんな場外市場みたいなものもあるんです。この他、たくさんの路上販売店も所狭しと並んでいて、それは朝の暗いうちからとても賑やかなのです。

2014101602.jpg

中にはやっぱり、ほらこんな風にして魚を手に持って愛嬌振りまくオニイサンもいましたし、、、

2014101603.jpg

写真撮ってもいい?って聞いたら恥ずかしそうに照れるオネエサンもいたりして、、やっぱりこっちはこっちで甲乙つけがたいと言うか、困ったと言うか、いやまったく贅沢な悩みです。

2014101604.jpg

左はシャカップ(スズキ)、右はチュパッ(シマアジorギンガメアジ)のようです。

2014101605.jpg

で、こいつはみな1kg以上の大きさのアオリイカ。これひとつかって来たんですけど、鮮度抜群言うことなしでした。

2014101606.jpg

朝7時半、市場の中をうろうろしていると、そこかしこの売り場で、売れ残り魚のビニール袋詰め作業が始まりました。ははーん、どうやら、売れ残りのダンピング販売かなと思って聞いてみると、みな、行き先が決まっているのだそうです。

卸売市場だから、その日に仕入れた魚はその日に売り切るときっぱりと言ってましたが、それを聞いて安心しました。どこの市場もそのこと(売れ残りの処分)が一番の問題で、日本では、売れ残りを安く小売店などの常連客に卸すと聞きましたが、やっぱりこの国でも同じなのですね。

でもマレーシアのことだから、売れ残りも翌日また売り場に並ぶんじゃないか、そんなことを少しは疑っていて、だからこんな時間に来てみたわけですけど、そうではないことが確認できてよかったです。疑り深くて申し訳ありませんでした。

でも帰り道、8時30分をとっくに過ぎてましたので、ジャランクチンのKL方面行きはこのとおり。大渋滞に巻き込まれてしまい、行きはスイスイ20分、帰りはノロノロと1時間半もかかってしまいました。

2014101607.jpg

以上、今日は、新発見のKL卸売市場の初探索リポートと、でも未だに甲乙つけがたいスラヤンバル卸売市場のショートリポートをダブルでお届けいたしました。

それではまた。。



今日は、ようやくその全容が少し見えてきたマレーシアの消費税(GST)のことを書いてみたいと思います。

しかし最初にお断わりしておきますが、私は今までこういうこと(経済問題)にはことさらに疎い人間でした。そんな私ですので、誤った理解や不正確な言い回しなどがあるいはあるかも知れません。もし、文中の誤った理解や訂正すべき文言などにお気づきの方は、ご遠慮なくご指摘いただきたく存じます。

さて昨夜(2014.10.13)、関係者が待ち望んでいたであろうGST免税対象品目リストなどが官報に掲載されたと言うニュースをスターオンラインで読みました。

↓これです。

Government unveils full list of GST-exempt items
(マレーシア)政府、GST除外全品目を発表

STAR on line
13 Oct 2014 21:02

マレーシア国会で2015年度予算案を説明するナジブ・ラザク首相(2014.10.10)
gst02.jpg

2015年度予算案におけるGSTの骨子
gst01.jpg
拡大画像はこちらです。

PETALING JAYA: The Government has unveiled the list of items that are zero-rated and exempted from the Goods and Services Tax (GST), that will come into effect on Apr 1, 2015.
ペタリンジャヤ: 政府は、2015年4月1日から施行される物品・サービス税(GST)のゼロレート課税品目リスト及び非課税品目のリストを公開しました。

There were more than 900 goods and services in the zero-rated list.
ゼロレート課税(免税)品目リストには、900以上の物品とサービス品目がありました。(註:課税対象品目の中の免税品目リスト)

Prime Minister Datuk Seri Najib Tun Razak announced the categories of items that would be GST-exempt during his Budget 2015 speech last Friday.
ナジブ・ラザク首相は、先週金曜日の2015年予算案のスピーチの中で、GSTが課税されない品目のカテゴリーを発表していました。(註:課税対象品目のなかの非課税カテゴリー)

In his speech, he said GST would not be imposed on essential services, such as transport, education, healthcare and finance.
スピーチの中で、彼は、GSTは、例えば輸送、教育、健康維持及び金融などの基礎的なサービスには課税されないと言いました。

RON95 petrol, diesel, liquefied petroleum gas are on the zero-rated list.
RON95(オクタン価95のレギュラーガソリン)、ディーゼル(軽油)、LPG(液化石油ガス)は、ゼロレートリストです。

Other GST-free items include imported and local fruits, bread, coffee, tea and cocoa powder, noodles, medicines as well as reading materials and newspapers.
GST除外の他の品目には、輸入もの及び国内産のフルーツ、パン、コーヒー、お茶及びココア粉、麺、薬ならびに読本及び新聞が含まれます。

The full list of goods and services have been gazetted and are available on the officiale-Federal Gazette website.
物品及びサービスの全リストは官報に掲載されました。政府官報の公式ウェブサイトで参照可能です。

と言うことで、以下、各リストのリンクです。

1_GSTゼロレート課税品目リスト(GOODS AND SERVICES TAX (ZERO-RATED SUPPLY) ORDER 2014)はこちらです。

2_GST非課税品目リスト(GOODS AND SERVICES TAX (EXEMPT SUPPLY) ORDER 2014)はこちらです。

3_GST不課税品目リスト(GOODS AND SERVICES TAX (RELIEF) ORDER 2014)はこちらです。



しかし、上のそれぞれのリスト、何回読んでも、私のボケた頭にはすっと入ってきません。私は、スーパーマーケットなどの商店で売られているもののうち、どれがゼロレートなのか細かく知りたいと思ったのですが、いまだに良く分かりません。

免税となる生活必需品は、リストを見る限り、米、パン、砂糖、塩、小麦粉、果物、野菜、食用油、肉、魚、薬などだと言うことは大まかに分かりました。でも、こんなの町の商店で売られているもののうちのどんだけ?って思いませんか。

私なんか、スーパーでの買い物って言えば、日本食材コーナーでのお煎餅とかおつまみ、それとウィスキーやジンを割るための炭酸水、それにジュースやアイスクリームなどが多いのですが、これらは全部+6%になるってことですよね。

うーん、やっぱり来年からはスーパーでの買い物も、ちと高くなるってことは間違いなさそうですね。なんてこと言ってますけど、日本や周辺国の消費税に比べればまだまだ良いほうなので、文句は言っちゃいけないですね、ハイ。

あの官報を繰り返し眺めても、私にはさっぱり細かなGST除外商品のリストは浮かんできませんが、事業主さんは、そんなこと言ってはいられませんよね。商店で売る一品一品について課税なのか免税なのか非課税なのかなどきっちり仕分けしないといけないのでしょうから、いやはや大変なことだと思います。

今、こちらではあちらこちらで盛んにGSTの勉強会が開催されているようですが、来年4月1日の施行まであと半年、いやご苦労様なことです。

↓これは、そんなセミナーで使われている漫画です。

GST03.jpg
拡大画像と和訳吹きだしはこちらです。

あっそうそう、こちらのガソリン価格のことですが、リストのどこにも載っていない(ひょっとしたら探せていないのかも知れません)のですが、先日のナジブラザク首相のスピーチにあったRON95が免税ってこと、官報のゼロレートリストのどこを読めば良いのでしょうか。

このレギュラーガソリンについては、ついこの前(10月2日)、突然20セン値上げになり、かなりの反発があったらしいので、これ(今回のゼロレート措置)も苦肉の策なのでしょうが、私はそれより、いつ政府補助金がカットされるのか、そちらの方が気になります。

しかし、そうは言っても日本の高いガソリン代に比べればまだまだ安い。ガソリン代だけじゃなくて電気代などの公共料金だってなんだってまだ安い。

誰かが言ってた物価が3分の1なんてのはとんでもないけどね、なんてこと漠然と思っていて突然思い出しましたが、ちょっと前(昨年9月頃)に、「投資をまじめに考える 2 マレーシア編」と言うブログ(2013年9月5日)にて、日本(東京)と比較したマレーシアの物価の現状と今後が詳しく紹介されていました。

この方、石坂俊氏のブログは、私もしばしばお邪魔していますが、いつも情報の収集・分析・評価が大変素晴らしく、とても参考になります。



しかし今回のGST、一般消費者の目線で見て、まだ気になるところがたくさんあります。

先ず、飲料水です。マレーシア(KL)の水道水はとても飲めないので、誰もが飲料水業者の宅配を受けたり、スーパーで買って飲んだりしているのですが、リストを読む限り、どうも水道水(浄化処理水)以外の飲料水は課税される模様です。

これって変ですよね。飲料水こそ生活には欠かせないものなのに何故課税?って不思議に思ってしまいます。(私の読み誤りや理解誤りなら良いのですが)

コンドミニアムの賃貸料のGST課税除外は当然ですが、電気料金の300ユニット(300KWH/月)まで非課税もこれは納得しなきゃいけないのでしょうね。(ちなみに我が家は毎月平均450~500KWHです)

それと気になるのは、テレビやインターネット関係です。我が家の場合、TM Unifiと言う、テレビ・インターネット・固定電話の一体契約なのですが、どうやらこれも非課税にはならないような・・・・

とすると、我が家の場合はRM199/月がRM211/月に値上がりする。なに、たった12リンギじゃないかなんて、思っちゃいけません。少しずつオールラウンドにコレクトされるとどうなるかですよ。

リーディングマテリアルだってそうです。教育などとの兼ね合いの詳細はどうなるかは分かりませんが、書店で売られている書籍のうち、どれだけがゼロレートなのか、大いに気になるところです。

この他、自動車保険は課税の対象か否か、生命保険は非課税リストにあるものの、自動車保険は見当たらないと言うことは課税対象なのでしょうかね。また、自動車整備費用なんて非課税リストには載ってないし、と言うことはこれも課税対象と考えるべきなのか。

はたまた、嗜好・贅沢品の物品類、マッサージ、ゴルフ、ジム、美容などなど娯楽的な要素の多いサービスなどのもろもろはどうなるのでしょう。免税リストや非課税リストには載っていないので、恐らく大半は課税されるのだと思いますが、現行の売り上げ・サービス税(SST)の課税範囲よりも対象が拡大されるのではないか、それに悪徳業者の便乗値上げだってあるかも知れないし、やっぱり心配ですよね。

こんな風に考えて行くと、なんだか生活必需品の免税や非課税範囲なんてすごく狭いですよね。もっとも、生活レベルによって当然必需品の範囲も変わるので仕方がないといえばそれまでなんですけど。。。

政府や各担当大臣は、口を揃えて、今回のGSTの導入は一般国民の家計を圧迫はしないと繰り返し述べていますが、GSTによる歳入が増えるということは、どこかの誰かの懐がいたむのは当然で、それが一般家庭に全く及ばないなどということはありえないと、経済ど素人の私はそう考えてしまいます。

いずれにしろ来年4月からは、このGST導入により、家計も少なからず圧迫されるのは間違いないと思った方が良さそうです。

gst05.jpg

でも、私は毎日の晩酌と地魚を刺身で食らう唯一の贅沢は絶対欠かしたくありません。(幸運なことに市場の魚はほとんどが免税のようです)

それではまた。



今日は最近のBBCなどのニュースから、MH370に関するトピックスをお届けしたいと思います。

先ず、これまで4ヶ月近く中断されていた南インド洋でのMH370の捜索活動が再開されたと言うニュースです。



MH370 search resumes in Indian Ocean
インド洋におけるMH370の捜索再開
BBC News Asia
6 October 2014

The next phase of the search for the missing Malaysia Airlines flight MH370 has begun in the southern Indian Ocean.
行方不明となったマレーシア航空MH370便の捜索の次のステップが、南インド洋で開始されました。

A ship equipped with specialised sonar technology has arrived in a remote stretch of ocean where the plane is believed to have ended its flight.
専門ソナー技術を備えている船が、MH370がその飛行を終えたと思われている遠い海域に到着しました。

The Boeing 777, with 239 people on board, went missing after it veered radically off course on 8 March.
239名搭乗のボーイング777は、3月8日、突如予定の飛行コースから外れた後に消息を絶ちました。

Its whereabouts are still unknown despite a massive international air-and-sea search operation.
その所在は、国際的な大規模空・海域捜索活動にもかかわらず、未だ判っていません。

Australian officials believe the plane was flying on autopilot when it crashed.
オーストラリア当局は、MH370は自動操縦で飛行し、(最後に)墜落したのだと信じています。

Using satellite data, officials have concluded that the airliner ended its journey in the Indian Ocean, north-west of the Australian city of Perth.
当局は、衛星データを基に、MH370はインド洋(オーストラリアのパース北西部)でその飛行を終えたと結論づけています。

'Big area'
「ビッグエリア」

On Monday, a vessel contracted by Malaysia, the GO Phoenix, began its work in the seas about 1,800 km (1,100 miles) off western Australia.
月曜日、マレーシア政府契約の船、GO Phoenixが、オーストラリア西海岸から約1800km(1,100マイル)離れた海域に到着し、捜索を開始しました。

深海調査船GO Phoenix
GO phoenix

It will tow underwater sensors over the sea floor scanning for traces of jet fuel and using sonar and video to try to locate the plane.
船(GO Phoenix)は、海底近くの水中でMH370のジェット燃料の痕跡をスキャンする水中センサーを引き、さらにビデオとソナーを使用してMH370の発見を追求します。

FUGRO equator 01
拡大図はこちら

The Phoenix will be joined later this month by two ships sent by Dutch contractor Fugro. The operation could last at least a year.
オランダの契約者Fugro(訳者註:豪政府が契約したオランダの民間深海調査会社)によって派遣される2隻の船が、今月後半、GO Phoenixに合流します。 捜索活動は少なくとも1年間の継続が可能です。

FUGRO Discovery
FUGRO equator

FUGRO Equator
FUGRO discovery


Analysis by Richard Westcott, BBC News Transport correspondent
Richard Westcott(BBC News Transport特派員)による分析

Investigators will be eventually be towing three vehicles, each about the size of a small car, from three ships, on the end of 10km armoured cables, at walking pace, across an area the size of Croatia, that's littered with mountains that could dwarf the Alps.
最終的には、調査者は3隻の調査船から、10kmの長さの外装ケーブルの先端に(繋いだ)3台の小型車ほどの大きさの水中探査装置を、小さなアルプス(のような山)が散在するクロアチアほどの広さ(訳者註:四国の面積の3倍程度)の海底を、(人間が)歩くぐらいの速度で牽引することになるでしょう。

They will be hoping that their sonar picks out odd-shaped lumps of plane debris in an area that is already peppered with odd-shaped rocks.
彼らは、彼らのソナーが、元々奇妙な形をした岩の海底地域から、奇妙な形のMH370の破片の塊を発見することを望んでいるでしょう。

The search area is based on a technique that's never been tried before. In effect, they've used some innovative number crunching based on the fact that the missing plane automatically checked in with a base station seven times while it flew along. A bit like when your phone buzzes next to a loudspeaker even when you're not using it.
捜索域は、これまでには試されたことがない技術に基づいて(決定されて)います。 実質的に、行方不明となったMH370がその飛行間、7回基地局に自動チェックインしたという事実に基づくいくつかの革新的な複雑な計算値を用いています。 あなたの携帯電話機が、あなたが使っていない時でも、拡声器の側にある時、ブザー音を発する(呼び出し音が鳴る?)ことにちょっと似ています。

"Challenge" doesn't even begin to describe this search. But that doesn't mean to say that they won't get a piece of luck and eventually solve one of the world's most disturbing mysteries.
「チャレンジ」は、この捜索を語り始めることもしません。 しかし、そのことは彼らが、幸運のかけらも得ることもなく、結局、世界で最も不穏なミステリーの1つを解決できないと言うことではありません。

The head of Australia's transport safety agency, which is leading the underwater search, said he was "cautiously optimistic" the next phase - jointly funded by Malaysia and Australia - would eventually locate the plane.
海中捜索を主導しているオーストラリアの運輸安全局長官は、マレーシアとオーストラリアが共同で資金提供する次のフェーズは、最後にはMH370を発見できるだろう、「用心深く楽観的である」と言いました。

"Cautious because of all the technical and other challenges we've got, but optimistic because we're confident in the analysis," Martin Dolan, chief commissioner of the Australian Transport Safety Bureau, told the Australian Broadcasting Corporation.
「我々の持つすべての技術的、その他のチャレンジのため、用心深い、しかし、我々は分析に自信があり、楽観的である」と、Martin Dolanオーストラリア運輸安全局の主任コミッショナーはABC(オーストラリア放送協会)に話しました。(訳者註:先進技術等の使用には細心の注意を払うが、捜索海域などを決定した分析力には自信があるので任務達成の見通しは楽観的である、と言う意か?)

"But it's just a very big area that we're looking at."
「しかし、我々が見ているのは非常に大きいエリアです。」

(中略)

The previous search was suspended four months ago to allow for detailed mapping of a 110,000 sq km (44,000 sq mile) area of sea bed.That survey uncovered previously unknown extinct volcanoes and depressions up to 1,400m deep.
前の捜索は、海底の110,000平方キロ(44,000平方マイル)のエリアの詳細なマッピングを行う必要から、4ヵ月前に中断されていました。その調査では、深さ1,400mまでの未知の(海底)死火山と陥没域が明らかになりました。

mh370searcharea.jpg



(以下は私見です)

四国の3倍もの広大な面積の海底を、人間が歩くほどのスピードで探索するというのは、気が遠くなるほどの作業です。

捜索関係者の方が言ってましたけど、haystack(大きな干草の山)から1本のneedle(針)を探すようなものだが、まだその干草の山さえ見つかっていない、とは言い得て妙で思わず唸ってしまいました。

しかも、その広大な海底は決して平坦ではなく、ごつごつした岩山もあれば深い谷もある、海底に無数にある山や谷を慎重に這いずり回る作業となる・・・・うーん、1年かけて結果が出ればまさに奇跡というべきかも知れません。

さらに今回の捜索再開に当たり豪政府の高官が述べた、用心深く楽観的であると言う言葉、大変意味深長だと思います。

今回新たに設定された捜索域は、前回までの衛星データ等の分析結果を修正したもの。捜索域が誤っていれば、いくら丹念・緻密に捜索したとしてもヒットするはずもないが、我々としては世界最高の叡智をもって分析した結果の捜索域再設定とその捜索作業を今後固唾を呑んで見守りたいと思います。

さてそんな中、MH370に関して以前から気になっている世界のニュースがあります。

それは、今もなお世界中をSNS等でサーキュレート(回覧)されているConspiracy Theories(陰謀説)です。

私自身は、もちろんそんな確たる根拠も証拠もないような、噂話のような陰謀説を信じる人間では決してありませんし、そんなことを真剣に論ずるなど、今もなお毎日悲嘆にくれているであろう被害者家族の方や、現に困難な捜索に携わっている関係者に対して寧ろ失礼なこととも思います。

しかしながら、いかなる陰謀説が世界中を駆け巡っているのか、その概要ぐらいは知っておくべきと考え、敢えて紹介してみたいと思います。



以下は、英国の人気タブロイド日刊紙であるザ・デイリーミラー(The Daily Mirror)のオンライン版(Mirror on line)に最近(2014.8末)掲載された記事を和訳・要約した上、私見を加えたものです。

Flight MH370: 19 conspiracy theories from Malaysia Airlines plane's disappearance
MH370便:マレーシア航空機の失踪、19の陰謀説
Mirror on line
24 Aug 2014

Plane was shot down during military ops
  米・タイ軍合同軍事演習における誤撃墜説

これは、事件の3ヵ月後に出版された「Flight MH370: The Mystery」(Nigel Cawthorne著)と言う本が出所となっています。南シナ海を飛行していたMH370が、折しも南シナ海で行われていた米・タイ陸海空軍による合同軍事演習によって誤射、撃墜された、と言うものです。MH370の捜索域が当初の南シナ海からインド洋にシフトされたことで、秘密裏に回収されていたブラックボックスをインド洋の捜索域に投棄したなどというとんでもない説で、なんでこんな説が堂々まかりとおるのだろうと不思議でなりません。


Rapper "predicted loss of plane"
  ラッパーのMH370失踪予言説

このラッパーと言うのは、米国の歌手兼音楽プロデューサーのPitbulのことですが、なんと2年前の彼の曲の歌詞の中で、今回のMH370の失踪を予言していた、というものです。まぁ突飛でもないことのように思えますが、確かに、Get It Startedと言う曲の歌詞のなかには、なるほどと思うような"Now it's off to Malaysia" and "Two passports, three cities, two countries, one day."というキーワードが並んでいます。

ことさらに陰謀説を好む人たちは、偶然にも見事に一致するこのキーワードに飛びついた模様です。曰く「マレーシアから飛び立った航空機」、「2つのパスポート(盗難に合い不正に使用された二つのパスポート)」、「3つの都市(マレーシア、ベトナム及び中国の首都)」、「2つの国(マレーシア、ベトナム)」、そして「1日(事件が1日のうちに起きている)」と言うまさに予言にも取れる意味深な歌詞です。

しかし、世の中にはこれに勝る偶然の一致が随所にあります。私は、この予言説を真剣に語る方たちには申し訳ないのですが、これはそれらの中のひとつに過ぎないと思っています。


Ex-PM joins conspiracy theorists
  (マレーシアの)元総理大臣、陰謀論者の仲間入り

これは、御年89歳になるマレーシアのマハティール元首相のブログが発信源です。

偉大なるマハティール元首相は、2014.5.18付けの自身のブログにて、米国CIAやボーイング社がMH370の所在を知っている筈で、誰かが何かを隠していると非難しています。また彼は、現代では航空機のハイジャック防止やテロ対策のため、搭載GPSシステムや通信システムの地上からの遠隔制御のみならず、シームレスな完全遠隔操縦も可能と延べ、大いなる物議を醸しています。

ブログは、「離陸した飛行機は着陸しなければならない」と題し、「MH370便は恐らくどこかに存在している。航空会社のロゴなどは消されているだろう。破片やフライトレコーダーの捜索など時間と金の無駄だ。」と断言しています。

 さらに「誰かが何かを隠している。マレーシア航空や政府が非難されるのは不公平だ。いくつかの理由から、メディアはボーイング社とCIAの関与を報じない。みなさんがこのブログを読んでくれることを望む。」と述べています。

マハティール元首相の爆弾発言ブログ→BOEING TECHNOLOGY – WHAT GOES UP MUST COME DOWN

元首相が言うように、確かに現代科学を結集すれば技術的には不可能なことではないかも知れません。しかしながら、商用航空機に、恐らく莫大な費用がかかるであろうその類の装置を事前に施すことは、費用対効果の面で到底実際的とは思えません。

考えうるあらゆる選択肢を提供したという意味で評価されるべきかも知れませんが、本記事の著者があの偉大なマハティール元首相だけに無視できない、ただそれだけのことのような気がします。


US military base conspiracy
  米国の軍事基地陰謀説

この説は、MH370機のザハリエ機長の自宅コンピューターから、デイエゴガルシア島(※)にある米軍基地滑走路へのフライトシミュレーションプログラムが発見されたことがどうも発端らしいのですが、在クアラルンプールの米国大使館のスポークスマンは、マレーシア紙の取材に対し、このこと(MH370が同島に着陸したのではないかと言う疑惑)をきっぱりと否定しています。

機長の自宅のフライトシミュレーション、航続距離、滑走路長などなど、陰謀論者が飛びつきたくなるような事柄が目白押しでなるほどとも思うのですが、実際に着陸したのであれば、いくら米軍基地と言えども隠しおおせるものではないはずです。

ただし、これまでの陰謀説の中ではもっとも説得力があると思いますので、興味のある方は↓の動画をどうぞ。



※ディエゴガルシア島(Diego Garcia):インド洋に浮かぶ英国の属領でチャゴス諸島中の一環礁。英国政府によって、島全体が米国に貸与されており、インド洋にある米軍最大の拠点。湾岸戦争やアフガニスタン攻撃、イラク戦争の際に、B-52戦略爆撃機、B-2ステルス爆撃機などがここから出撃した。米国の軍事戦略上の要衝。(以上Wikipedia)


Afghan hijacking
  アフガンハイジャック説

これは、ロシアの新聞に掲載された記事が出所です。記事によると、MH370は、アフガニスタンの無名のテロリストにハイジャックされ、パキスタンとの国境に近いアフガニスタン国内で乗員乗客が捕虜として拘束されている。7つのグループに分けられた乗員乗客は、土で造られた粗末な小屋で食事も満足に与えられずに生かされている、のだそうです。

これはもう、単なる想像なのか、悪い夢でも見たのでしょうか。しかし、モスクワをベースにする創立100年、読者100万と言うMoskovsky Komsomolets紙は何を根拠にこんな記事を載せたのだろうと思いますね。


MH370 'hid' behind another plane
  MH370が他機の陰に隠れて飛行した説

どこかのブロガーがブログに書いたことが出所のようです。MH370がレーダーに探知されなかったのは、他機、つまりシンガポール航空68便の陰に隠れて飛んだからだと言う説なのですが、こんなことが実際的でないことは、航空関係者なら誰もが知っています。

つまり、現代の一次レーダー(二次レーダーのトランスポンダーが動作していない場合)のブリップ(反射映像)の分解能力(解像度)は極めて高く、2機を1機として誤認させるにはどれほど近接した距離で飛行しなければならないのか、と言うことです。

記事には、互いに3300フィート以内で飛行すればとあるようですが、大型商用航空機が僅か1Km程度の水平距離で飛行するなんて、実際上不可能と言って良いと思います。


Alien abduction
  エイリアン(地球外生命体)による誘拐

真面目に議論している方たちからは怒られそうですが、これはもう笑っちゃいますよね。

でも、確かに地球外生命体の存在は、ある程度否定できないところもあるようですので、そんなことはSF映画の世界だろうなんて一笑に付すこともできないことかも知れませんが、記事では、今回のMH370の失踪事件は、このエイリアンによる誘拐かD.B.クーパー事件(※)より強力なハイジャッキングしか説明の仕様がないのだと書かれています。

※D.B.クーパー事件:1971年に米国で発生した、身代金を要求したハイジャック事件。単独犯による事件とされ、飛行中のノースウエスト航空機からパラシュート降下で逃亡し、未だ未解決の有名事件。


A life insurance scam
  生命保険詐欺事件説

これはよくある話なので、もちろん否定はできません。マレーシアの捜査当局は、未だこの保険金詐欺事件説を除外しておらず、捜査続行中なのだそうです。


The Illuminati
  秘密結社イルミナティ説

これは、Redditと言う大手SNS上でのサーキュレート記事です。

なんと、MH370のボーイング社におけるB777の製造ナンバー、404と言う数字に着目しているそうです。

誰もが知るとおり、数字404は、An HTTP 404 error means not found、つまりインターネット検索におけるNot foundを意味しています。MH370の製造ナンバーは、単に偶然なのか、それとも秘密結社イルミナティによる陰謀なのか?

なるほど妙なところに着目しましたね。発想が凄いと言うか、想像力が豊かと言うか、とにかく感心しています。


Edward Snowden
  エドワード・スノーデン説

えっ、これはなに?と思いましたが、MH370に、テキサスに拠点を置くフリースケールセミコンダクターと言う情報通信企業の20人の社員が搭乗していたとの初期情報に基づく説のようです。

どうも、この社員の中には例のエドワードスノーデンと接触のある人物もいたのだとか。米情報筋は、中国監視などのアジアにおける秘密情報が、中国によって暴露されることを恐れ、関係人物が搭乗するMH370が北京に着陸する前に飛行機ごと消してしまったのだ、と言う大胆かつとんでもない推論です。

米国の国家安全保障局が、エドワードスノーデンという元契約社員による国家機密のすっぱ抜きに頭を悩ませている最中でもあり、まさに時宜に適った大衆受けする推論なのかもしれません。


Electronic warfare experiment
  電子戦実験説

これも、MH370に搭乗していたフリースケールセミコンダクター社の20名の社員に関係していると言うことです。なんでも、彼らは、そのような電子戦に関する専門知識を持った人たちだそうで、MH370は、ハイテク電子戦兵器の実験により、結果として覆い隠されてしまったのだ、と言うのです。どうも意味がわかりませんが、要するにMH370は米国のハイテク電子戦実験の犠牲になったのだ、と言いたいのかもしれません。


Fire
  火災説

当然、幅広く考察されているところです。MH370は、飛行中何らかの原因で火災が発生し、あっと言う間に操縦室にも客席にも火が廻り、乗員乗客全員が死亡したが、偶然にも機体の外部損傷が少なく、機は自動操縦で飛行し続け、最後に海に墜落したという説です。

私には、こんなことが現実に起きるとは想像し難いのですが、まあ、数ある説の中ではまともな方かと思います。でも、これ陰謀論ではありませんよね。


A military take out or secret weapon at work
  軍による排除または秘密武器の作動説

これはどういうことかと言うと、もし、人々が懸命に捜索してもただ一片の破片も見つけることができないとすれば、これはもう、この地球上の誰も知らないまったく新しいとてつもない力が働いたと考える以外にない、と言うものです。もし、そんなとてつもない武器を持つ軍が存在するならば、その軍は地球の全土を支配する能力があると言うことだと、記事は綴られています。

MH370が、軍による奇妙かつ想像を絶するような力で、あっと言う間に、跡形もなく消されてしまったのではないか、と言うこの陰謀説は、エイリアン説と同じで、私は真剣に読む気にもなりません。


Pilot suicide
  パイロット自殺説

この説は、今まで何度も新聞などで取り上げられ、結局その可能性は極めて低いと捜査当局がステートメントを出していますので説明を省略しますが、私は機長も副機長も、家族にも同僚にもとても慕われている人物であり、自殺などネガティブな兆候も証拠もなにも出ていない、という話をふんだんに見聞きしていますので、これは先ずあり得ないだろうと個人的には思っています。


Cracks in the aircraft
  機体の亀裂発生説

これも通常考えうる事故原因説です。FAA(米連邦航空局)は、昨年9月にB777の胴体の亀裂発生が空中分解にいたる危険性について警告を発し、各航空会社に翌年4月(今年4月)までに胴体の亀裂検査を行い必要な修理を確行せよとの指示を出しました。

これを受けて検査した航空会社の中から、製造後14年を経たB777に16の亀裂が発見されたとのリポートがあり、そのためマレーシア航空でも、全てのB777の機体検査を実施することを決定しましたが、それはMH370が離陸するちょうど2日前のことでした。

うーん、十分考えうる原因説ですね。でも、燃料が尽きるまで飛行できた可能性が高いとみられていることから、機体が空中分解した形跡もなく、この、一見まともな事故原因説もどうやら当てはまらないようですね。


It's in an Asian Bermuda triangle
  アジアのバミューダトライアングル説

バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)とは、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結ぶ三角形の海域で、昔から船や飛行機、もしくは、その乗員が消えてしまうという伝説がある魔の三角海域のこと。

なんと、今回のMH370もその突然で不可解な消え方を見ると、この航空機はアジアの魔の三角海域に入ったのだ、と言うのです。

昔から語り継がれているバミューダトライアングルのアジアバージョンだなんて、一切の超常現象を信じていない私としては、これも一笑に付したいところですが、まぁ、そう考える人達がいても別に構わない、そう思います。


Terrorists crashed it into the sea
  テロリスト説

事件発生当初、盗まれたパスポートを使用して搭乗した2人の人物がいたという事実が、この説を有力なものにしました。しかし、その後の捜査でこの2名の人物はテロリストではないと明らかになりました。

また、この説に便乗する形で、いくつかのテロ実行宣言がなされましたが、それらは全て虚偽またはいたずらに過ぎないと捜査当局が発表しています。

私は、今回の事件からはこのテロ説を除外すべきではないと考えていますが、もしそうだとしたら、実行の理由と成果を誇示したがる世界の過激派テロ組織がなぜ名乗り出ないかも不思議です。


Pilot deliberately turned off passengers' oxygen supply before ditching into sea
  不時着水の前にパイロットが故意に乗客の酸素供給を絶ったという説

目的は不明だが、パイロットが故意に客室与圧を減圧したと言う説。客室が減圧されると自動的に真上から降りてくる酸素マスクだが、この酸素供給は最大20分間しかもたないし、そもそも睡眠中の客などはマスクを瞬時に掴むことができず、数分間で意識を失うと言う。

大勢の乗客の誰からも異常を知らせる連絡(携帯電話など)も発信されていないことから、客室にいた全員が意識不明となった可能性は大いにあるが、これとて、なぜ?と言う疑問にはまったく答えていない。


Pilot Zaharie Ahmad Shah is prime suspect because he cleared his diary
  ダイアリが空白なザハリエ機長最有力容疑者説

捜査当局は、MH370のザハリエ・アハマド・シャー機長のダイアリには、他のクルーとは異なり、なんの予定も記されていないことを重要視し、最有力の容疑者とみていると記事にありました。機長自殺説においては、なんらの兆候や証拠が見つかっていないとしていた捜査当局のはずなのになぜ?とも思いますが、事実ならば確かに気になる事柄ですね。



以上、ミラーオンラインに掲載されていた記事を要約し、それに私見を加えて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

すべてが陰謀説などではなく、中には寧ろまともな事故原因説もありましたし、中には、オカルト的なものもありました。

信じる信じないは個人の自由ですが、私は、そう考える人たちもいる程度にしか認識していません。

やはりMH370は、何らかの理由により自動操縦を余儀なくされ、乗員乗客全員が意識不明のうちに、最終的には搭載燃料が枯渇し、その飛行を南インド洋にて終えたのだ、とする関係当局の見方は正しいと私も思います。

遺された乗員乗客の家族の悲嘆に思いを致し、かつ前代未聞の航空ミステリーを解き明かすためにも、一日も早く、墜落地点(Heystack)が特定され、そしてMH370機(Needle)が発見されることを祈るばかりです。

PRAY FOR THOSE ON BOARD MH370
MH3701.jpg

それではまた。。

今日は、以前から気になっていたCIMBのPreferredカードとklia2のエアポートラウンジについて、これまで確認できたことを書いてみたいと思います。

今年(2014年)の2月か3月頃に、それまでのCIMBのPreferredカードがCIMB Preferred Visa Infiniteと言うVisaクレジット機能付きのカード↓に切り替わり、旧いカード(クレジット機能なしのカード)が使えなくなったことは周知の通りです。

cimb preffered visa infiniti

しかし正直言って、私が保有するCIIMB Preferredカードはエアポートラウンジの無料利用が主目的なので、今までKLIAのラウンジしか利用できなかった(旧LCCTでは利用できませんでした)このカードは、私にとっての利用価値は余りないものと判断していました。(最近はほとんどエアアジア機利用なので専らklia2だけです。KLIAには滅多に行かないのです)

なので、これまでCIMBから何度か説明レターやインビテーションレターを受けてはいたのですが、旧いカードを新カードに切り替える申し込み手続きもなにもせずにそのまま放置していたのです。

ところがつい最近、klia2のラウンジがこの8月1日(2014年)からCIMBのPreferredカードで無料利用できるようになっていることを知りました。

klia2lounge.jpg

CIMB Preferred Visa Infiniteカードで無料利用できるマレーシア国内及び周辺国空港でのエアポートラウンジのリストはこちらに記載されています。CIMB preferred Airpot Lounges

で、早速、このカードの申込み手続きを行おうとCIMBの最寄支店に出向いたのですが、担当者の女性の説明では、カードの申込には①新たにクレジットカード用の定期預金を組むことが必要、②その額は最低1万リンギ以上でなければならない、③カードの年会費は永年無料だが、メインのカードには50RM/年、補助のカードには25RM/年のカードサービス税の支払いが必要、とのことでした。

実は支店に出向く前に、これらのこと(カードの申込みに必要な条件のこと)は銀行からの事前送付資料やネット上の情報にて確認していたのですが、中には、これらの提示条件が、支店や支店の担当者によって異なることがあるとの情報もあったため、私としては、最初から複数の支店を訪れて説明を求めようと考えていたのです。

案の定、次に訪れた別の支店では、③のカードサービス税は本来客が支払うものだが、銀行が毎年の支払いを肩代わりするので客側は支払い不要、さらに次の支店では、②の最低額は定められていない、客側の判断でいくらでも良いがその金額がクレジットの上限となる、ただし、カードの申込み手続きはホームブランチで行う、この支店は貴方のホームブランチではないので受付できない、との説明でした。

お分かりでしょうか、この国では例えお堅い銀行と言えども、この程度のことは普通にあることなのです。私は、どの支店の担当者も支店や担当者の裁量の範疇で説明をしているのであって、顧客に誤った説明やウソの説明をしているのではないとは思っていますが、それはあくまで支店または担当者本位の説明であって、すべてが顧客の立場に立った説明ではないのだと言うことを既に学習しています。

そして、このことに対する客側の対抗手段は複数支店に出向き、より有利な条件提示の支店を客が選ぶ、このことに尽きると考えています。

今回も3支店に出向き、案の定、支店ごとに異なる条件提示を受けましたので、それを客の立場で精査し、私にとって最も有利な条件を提示した支店にて手続きを行うことにしたことは言うまでもありません。
(参考:CIMBの1年もの定期預金金利は、マレーシア中央銀行の政策金利上昇に合わせ、本年7月から3.4%P.A.となっています。もちろん、クレジットカード用の定期預金金利も3.4%P.A.です)



以下はCIMB Preferred Visa Infiniteカードで無料利用が可能な、klia2のプラザプレミアムラウンジの情報です。(注:まだ私は実際には利用していませんので、すべての情報はPlaza Premium Loungeのweb site(Plaza Premium Lounges KLIA )に記載されている情報及び私がそれぞれのラウンジに直接電話問い合わせをした結果による情報です。実際に利用した後に各ラウンジの使い勝手の詳細や写真等を掲載するつもりです)



Plaza Premium Lounge (Gateway@klia2)

このラウンジは、Gateway@klia2、つまりデパーチャーホールの手前にありますので、国際線出発/国内線出発ともに利用が可能です。(コネクティングフライトの方は一旦エアサイドから出る必要があります) 24h利用可能です。

plaza-premium-lounge-at-gateway-004.jpg

場所:Level 2M, Gateway@klia2
PLAZAPREMIUMLOUNGEGATEWAY2.jpg
営業時間:24 hours daily
お問い合わせ:malaysia@plaza-network.com +(603) 4065 0156



Plaza Premium Lounge (International Departure, klia2)

エアサイド内、スカイブリッジを渡る手前の右側、国際線出発level2のPier L、搭乗ゲート L8の前にあります。早朝4時から利用可能です。(注:ゲートP、ゲートQから出発する場合はスカイブリッジを渡らないといけないので、時間に余裕を持つことが必要です)

Plaza Premium Lounge (International Departure, klia2)

場所:Level 2, International Departure Level, klia2,(next to Gate L8)
plazapreminumloungel8.jpg

営業時間:04:00am - 00:00am daily
お問い合わせ:malaysia@plaza-network.com +(603) 4065 0161



Plaza Premium Lounge/ Wellness Spa (klia2)

エアサイド内、スカイブリッジを渡ったサテライトビルディングMezzanine Levelのほぼ突き当たり、McDの隣にあります。朝7時から利用が可能です。このラウンジは、香港、シンガポールに次ぐWellness Spaです。マッサージやヘアトリートメントなどが受けられます(有料)。

Plaza Premium Lounge Wellness Spa (klia2)

場所:Mezzanine Level, International Departure, klia2
wellnessspaklia2.jpg

営業時間:07:00am - 00:00am daily
お問い合わせ:malaysia@plaza-network.com  +(603) 4065 0165




以上今日は、klia2のラウンジのうち、CIMB Preferred Visa Infiniteカードで無料利用ができるようになった3つのプラザプレミアムラウンジの紹介でした。

ではまた。。