みなさん、こんばんは。

今日はKLの道路標識や道路標示、それに案内表示板などについて私の最近の気付きや思いを書いてみたいと思います。

マレーシアで車を運転する日本人にとってありがたいのは、マレーシアも日本と同じ左側通行であること、高速道路の作りなどがほとんど日本と同じであること(※これはこの国の高速道路が当初、日本の資金・技術援助で建設されたためと聞きました。)、そして道路標識などの図柄も、これは多分国際標準なのだろうと思いますが、日本のものと大分似ていることです。

なので日本人運転者にとって、感覚的にはほとんど違和感はありません。しかし、困ったことに全ての道路標識・標示や案内が全部マレー語で書かれているため、運転中、運転者にとって必要な情報を咄嗟に理解できなかったり、誤解してしまうこともあったりして、それは安全運転上の問題だろうと思うのです。

私もこちらに来てまもなくの頃、マレー語で書かれた道路標識や標示が読めないことが原因で、バス・タクシーの専用レーンをうっかり走行してしまい、お巡りさんに停められて罰金を払ったことがありました。

しかし、そんな私も当地で車を運転し始めて早や2年が過ぎ、そしてもちろんマレー語クラスの学習成果もあるのでしょう、マレー語で書かれた道路標識などを大分理解できるようになりました。

そこで先日、街歩きを兼ねてあらためて当地の道路標識や案内表示板などをチェックしてきましたので、それを紹介してみたいと思います。

Jalan Sultan Azlzh Shah、チョーキット駅近くの花いっぱいのロータリーです。
001_2015013022485940c.jpg

Sentul公園前からカメラ片手にウォーキング開始です。

早速、↓駐停車禁止標識がありました。図柄は日本と同じなので、誰にも理解は容易です。DILARANG BERHENTI, DENDA RM 500とは、駐停車禁止、罰金500リンギ(現在レート換算で約16,500円)の意味です。駐禁の罰金にしては高いですよね。

002.jpg

実はここはバス停近くのバス専用レーンです。しかし、見て下さい、この有様です。その先を見ると、バス停のまん前もぎっしりと車が停まっています。なんと言うことでしょう、駐停車禁止標識なぞ、完全に無視されてますね。(罰金は結構高いのにどうして?と思います。)

003_201501302248390da.jpg

↓このバス停を反対側から見ています。

004.jpg

↓ほら見て下さい。路線がバスがやってきたのですが、バスレーンには入れずに道路のほぼ中央で停車しています。

005.jpg

バス専用レーンには、↓このような標示があります。LORONG BASとはバスレーンのこと、6 pag-8 malamとは朝6時から夜8時まで、KECUALI HARI AHAD DAN KELEPASAN AMは、日曜及び公休日を除くという意味です。(この日は金曜日でした。)

006.jpg

↑道路が空いているうちはいいのですが、混んでくるとほらすぐに↓この通りです。

007.jpg

すごい!↓お菓子袋を一杯ぶら下げたバイクのおじさんがバスレーンを悠々と走って行きました。左のAWAS JENTERA BOMBA KELUAR DAN MASUKとは、「消防車出入りあり注意」の標識です。

008_201501302248363d4.jpg

↓AWAS KENDERAAN POLIS KELUAR – MASUKは、「警察車両出入りあり注意」の意味です。

009.jpg

ほら、その先にSENTUL地域警察本部がありました。

010.jpg

警察の建物にしてはなかなか洒落てますね。

011.jpg

ここにもバス専用レーンがあるのですが、乗用車が悠然と停車しています。でも、こういう閑散とした駐禁帯は要注意なのだそうです。

012.jpg

なぜなら、ここは↓ZON TUNDA、つまり違法駐車レッカー移動ゾーンです。これは、マレー語を読めなくても図柄で直ぐに分かります。先のぎっしり車が詰まった駐禁帯は、例えレッカー移動したくてもレッカー車の入りこむ余地もないため、安心して駐車できるのだとローカルの誰かが言ってるのを耳にし、なるほどと感心した覚えがあります。

013.jpg

ご参考までに、もし運悪くレッカー移動させられてしまったら、↓こんな、KL市役所のレッカー移動案内板の近くにあるレッカー移動車引き取り所を訪ねて下さい。これは、モントキアラの隣にあるスリハタマスの引き取り所の案内板です。

014.jpg

さて、今日はJalan Sultan Azlah Shahをチョーキット手前の花いっぱい交差点で右折して、Jalan Raja Lautに入ります。実は、今日は私の日本語講師のアルバイトのある日なのです。Jalan Raja LautをKFC前交差点で左折しJalan Tuank Abdu Rahman2に出て、そごうデパートの前まで歩くつもりです。

↓KFC前の交差点角にあるDILARANG BERHENTI DI PETAK KUNING(黄線内駐停車禁止)の標識です。

015.jpg

Jalan Tuank Abdu Rahman2に出ました。この道路はまっすぐムルデカ広場に通じているとても交通量の多い通りです。おや、ここにも駐停車禁止の標識がありますが、添え書きが他と違います。KECUALI KERJA PUNGGAH MEMUNGGAH KENDERAAN PERDAGANGAN SAHAJAとは、荷物の積み下ろし作業を行う商用車を除く、と言う意味です。

016.jpg

アハッ、↓こんな標識があるんですね。調べたわけではないのですが、図柄から屋台(ストール)禁止なのだろうと理解できます。ちなみにここはチョーキット市場の前です。

017.jpg

そして、こんな標識も初めてです。SILA GUNAKAN JEJANTAS UNTUK MENYEBERANG JALANと書いてありますから、道路横断禁止、横断する場合は歩道橋を使え、と言う標識です。なんと、これも違反すると罰金500リンギです。

018.jpg

いやいや、ここもバス停前の駐停車禁止場所ですよ。なのに、こんなに車が停まってる。

019.jpg

ほらね。標識など完全無視ですね。だからバスはいつも道路中央で停車し、客は目の前を通り抜けていくバイクや車に当てられないように注意しながら乗り降りするハメになる。

020.jpg

↓これは、どこにもある行き先案内表示板ですね。まっすぐ行くとムルデカ広場と書いてあります。

021.jpg

↓えーっと、CADANGAN MEROBOH DAN MEMBINA SEMULA KOMPLEX PASARRAJA BOTと書いてありますね。すぐそばにあるKLで最古のチョーキット市場の建て替え建設計画を喚起しています。

022.jpg

↓これは、一般道路でも高速道路でも頻繁に見かける標識です。上の小赤丸標識は障害物注意、下は分岐注意です。この二つは大概セットになっています。

023.jpg

↓道路向こう側に見えているのは、Give Wayつまり、他車に道を譲れの標識です。その下には消防車通行路との注意書きがあります。

024.jpg

↓上は一方通行路、下は歩道上バイク進入/走行禁止の標識です。

025.jpg

お、このバス停には名前が書いてありますね。大変珍しいことです。

026.jpg

ここにもバイクの歩道進入/走行禁止標識があります。それぐらいバイクの歩道上走行が多いということなのでしょう。

027.jpg

これは、国王誕生日の6月6日(日)朝7時から夜9時までこの先通行止めと言う案内板ですね。しかし、今年の6月6日は土曜日ですから、これは去年の案内板がそのまま残っているものかも知れませんね。

029.jpg

↓マジュジャンクション交差点です。交通量が激しいところですから、BELOK KIRI JIKA TIADA KENDERAAN DAN PERJALAN KAKIの標識があります。信号に拘わらず、TURN LEFT IF NO VEHICLE AND PEDESTRIAN、つまり車も歩行者もない場合は左折可と言う意味です。

030.jpg

KHAS UNTUK KENDERAAN PENGUATKUASAAN SAHAJAとは、警察や消防などの法執行権限のある特別車両のみ(通行)可の意味だと思いますけど・・

031.jpg

↓これは簡単、右折禁止(バスとタクシーを除く)です。まもなくそごうデパート前の交差点です。

032.jpg

お、ここにもありましたね。横断歩行禁止、歩道橋を渡れ、の標識です。でもGUNAKANLAHっておかしいですね。GUNAKANは使う/使えと言う意味ですが、接尾にLAHをくっつけてます。これも愛嬌ですね。歩道橋を渡ってネ!と親しみを込めたつもりなのでしょう。そして、ここの罰金は200リンギですって。チョーキット市場の前とは随分違いますね。

033.jpg

でも、↓これ見て下さい、そんな標識があるにも拘らず、みんな堂々と歩いて渡っています。だって、歩道橋まで結構距離があって大変なんですよね。こんな、ほとんど守られないようなルールや標識は意味がないと思いますけどね。

034.jpg

そごう前の交差点です。一番左のレーンはバスとタクシー専用レーンだと書いてあります。

035.jpg




さて、時計を見るとレッスン開始まではまだ時間があるようですので、ちょっと街中の雑踏を歩いてみましょうか。

036.jpg

ほら見て下さい、この界隈、なんとなくレトロな感じがしませんか。この辺りを歩いていると、いつも日本の昭和に逆戻りしたような懐かしい気がするんです。

ちょっと看板もケバケバしくて日本のものとはだいぶ異なるのですが、私はなんとなく好きです。

037.jpg

↓これ見て下さいよ。オデオンシネマと言う映画館ですが、この大看板、レトロな感じがして妙に懐かしくなります。

038.jpg

ふらふらと屋台街にやって来てしまいました。路上でサテーを炭で焼いてます。いい匂いですが、私的にはあの甘ダレは苦手。塩だけで焼いてくれれば言うことないのに残念、といつも思っています。

039.jpg

↓海鮮ものやチキンなどの串焼きや揚げ物屋台ですね。

040.jpg

美味しそうですが、今日はまだレッスン前なのでガマンガマンです。

041_20150130224254228.jpg

ちょっと暑くなってきたので、裏手のビルに涼みに入りましたが、そこで↓こんな面白い(?)標識(?)に遭遇しました。

042_20150130224253940.jpg

エスカレータの乗り方を教示しているのですが、特にロングドレスはたくしあげて乗りなさいの部分、なるほどそうだよなぁと頷いてしまいました。だって、マレーの女性はほとんどロングドレスで、地面を引き摺りながら歩いているのを見るたびに気になってしょうがないのですよ。

ドレスの端っこが、エスカレータのベルトにでも引きこまれたら、それこそ大変なことになりますからね。



さて閑話休題です。ちょっと長くなってしまうのですが、以下は別の日に撮った写真です。それぞれ簡単に説明してみたいと思います。

↓Jalan Kuching, LALUAN WAKTU TERHAD KENDERAAN BERAT, 6.30pg - 9.30pg 4.30ptg- 7.30pg, Kecuali hari Ahad dan Hari Kelepasan Am とは、Jalan Kuchingにおいては、日曜及び公休日を除く午前4時から9時半及び夕方4時半から7時半の間、大型車の通行を制限する、と言う意味です。

043.jpg

↓これは、AWAS KENDERAAN BERAT KELUAR/MASUK DI HADAPAN、つまりCAUTION HEAVY VEHICLES OUT AND IN AHEAD(注意、前方大型車の出入りあり)の意味です。

044.jpg

↓KECUALI KECEMASANとはEXCEPT EMERGENCY(緊急時以外)と言う意味です。

046.jpg

向こうにわが街モントキアラが見えてきました。↓60Km/J ZON HAD LAJU DI HADAPAN 1Kmとは、前方1Km、60Km/hの速度制限帯ありの注意標識です。

047.jpg

↓これは、KENDERAAN BERAT DILARANG MEMASUK LEBUHRAYA、つまり日時指定付きのHEAVY VEHICLES DO NOT ENTER EXPRESSWAY(大型車高速道路進入禁止)標識です。

048_20150130223958fb7.jpg

↓KENDERAAN BERAT IKUT KIRIは、HEAVY VEHICLES KEEP LEFT(大型車は左端レーンを走れ)の意です。

049.jpg

右側には、DILARANG PANDU DI LORONG KANAN(大型トラック・バスは、右レーン走行禁止)の標識があります。左に見えているのは左カーブありの注意標識です。

052.jpg

バンプあり注意、及び黄線内駐停車禁止標識です。

058_201501302228074bb.jpg

↓歩行者あり速度落とせ、の注意標識、その向こうは、前方バンプありの注意標識です。

059_2015013022280611c.jpg

一方これは、KL日本人会近くの路上です。この界隈、余りにも引ったくり被害が多いため、ついにこんな注意標識が立てられたのですね。↓これは説明の要なし、一目瞭然だと思います。

060_20150130222806293.jpg

↓これは日本人会から出てきた道路にある標識です。AWAS, KAWASAN PERUMAHAN, KURANGKAN LAJUとは住宅地域につき速度落とせの意味です。

061.jpg

↓これ面白いですね。JANGAN BUANG SAMPAHとは、ゴミ捨て禁止の意ですが、なぜこの標識だけ英語が付記されているのでしょうかね。でも、こんなに標識が大きくてもゴミのポイ捨てがなくならないのはなぜなのでしょうね。

063_20150130222652409.jpg

時間によってレーンが減少するとの注意標識です。多分、Jalan Syed Putraのこの近くに学校があるための制限標識ではないでしょうか。(※学校があると、登下校の時間帯は周辺一帯が大混雑します。なぜなら、どの学校でも親による送迎が義務付けられているからです。)

064_2015013022265102c.jpg



そして、今日のブログの最後は、最近ようやく復旧した様子の↓電光道路情報板です。(※理由は分かりませんが、KL全域で随分長い間、作動停止していたようです。)

ELECTRICSIGNBOARD.jpg
(これは私が撮ったものではなく、ネット上から拝借した写真です。)

↑この情報ボードには、L/RAYA PERSEKUTUAN SESAK DARI PJ HILTON HINGGA SUSUR KE LDPと出ています。L/RAYA PERSEKUTUANは連邦ハイウェイ、SESAKとは渋滞、DARIはFrom、HINGGAはUntilの意なので、これは、連邦ハイウェイのPJ HILTONからLDPまで、現在渋滞中、と言う意味になります。

特に高速道路走行中などに、こう言った情報が咄嗟に理解できれば、渋滞回避行動も容易となるでしょうし、安全運転に大いに役立つと思うのですが、なんせ、全ての標識などがマレー語表記のこの国ですからね。あらためて、マレー語の読めない外国人には優しくないなと思ってしまいます。

そして、この国で安全に車を運転し続けるには、ある程度のマレー語学習はやはり必須ではないかと改めて感じます。

以上で、今回の道路標識紹介ブログを終わりますが、もちろん、道路標識などはこれだけではありません。今日取り上げたものは、最近私の視界に入ったごく一部のものだけですが、なにかのご参考にでもしていただければ幸いです。

しかし、今回もだらだらと長いブログになってしまいました。こんなだらだらブログは書くほうもしんどいのですが、読むほうも大変かと思います。最後までお付き合いいただいた方、どうもお疲れ様でございました。

ではまた。。




スポンサーサイト