FC2ブログ
  • さて旅の5日目、DAY5はタッドロー(Tad Lo)からセコン(Sekong)を経てアットポー(Attapeu)に向かう約150kmのバイク駆けだ。天気は晴れ、道路は簡易舗装ながら行き交う車もほとんどなく頗る快適だ。だが、時にはこんな横断者もいる!!↓途中のセコンで立ち寄ったカフェの女の子。土間に裸足とはこれまた素朴そのものだけど、話しかけたら真っ赤になってこれこの通り。なんともカワユイじゃありませんか。。見て下さいよ、↓ピ... 続きを読む
  • 「ボラベン高原バイク駆け」なんて書くと、なんだか壮大なアドベンチャートリップを期待されてしまうかも知れないけど、実は全然そんなことなくて、単なるオヤジ組のスクーター乗りなんちゃってアドベンチャーなんです。最近は、例のPRU14(マレーシア第14回総選挙)のことが気になって気になって、ホント夜も満足に眠れていない状態なんです。ラオスの続きを書かなきゃと思いつつも、寝るのも惜しいくらいPRU関連のマレー語ニュース... 続きを読む
  • ↓朝6時、タッド・ロー(Tad Lo)ビレッジの静かなる夜明けです。 反対側(西側)は↓こんなビュー。向こうに見える滝を撮りに行ってみました。 ↓今は、乾季も終わりに近いと言うのに水量はまだ十分なようですね。 ↓これがタッド・ロー 第1の滝タッド・ハン(Tad Hang)だ。(ここをクリックするとパノラマビューが開きます)↓これは雨季のタッド・ハン。ネットからの借り物画像だが恐ろしいほどの水勢だ。 ↓ゲストハウ... 続きを読む
  • Day1は、まるで拷問のような「夜行寝台バス」に乗って首都ビエンチャンから南に670km下り、ラオス第2の都市と言われるパクセ(Pakse)にやって来た。下の黄色線で囲ったところが、今回バイク旅の起点(終点)となるパクセと、その東方に位置するボラベン高原(Bolaven Plateau)だ。今回バイク旅は下図に示すとおり、メコン河畔の町パクセを起点に、パクセ東方に位置する標高約1000mの赤土の大地、ボラベン高原をレンタルバイクで時計... 続きを読む
  • 当日は、朝4時にGrabではなくUberをコール(※)、今回旅のバディ、スイスオヤジのピーター(以下P氏と呼称)を途中でピックアップしてKLIA2に向かいました。※なぜGrabではなくてUberなのかと言うと、実は直前まで知らなかったのですが、立ち寄り場所(ピックアップ/ドロップオフポイント)を追加した場合の運賃が、なぜかGrabよりUberの方がずっと安いのです。ただしこれは要注意ですけど、Uberの場合は、アプリの場所追加の方法が明快で... 続きを読む
  • 突然ですが、今サザンラオスをバイクで旅しています。実はこのブログ記事はマレーシア出発前の3月7日に予約投稿したものですが、8日から16日までサザンラオスをバイクで走り回る予定です。先月、急な用事で日本に一時帰国してきたばかりでまだその余韻(風邪っぴきの余韻)も冷めやらぬうち、今度は恒例の国際オヤジトリオのバイク旅です。とは言っても、今回はちょい悪オヤジのシルフィウスがまだドイツから戻って来ていないので、... 続きを読む
  • 今日から本ブログのトップを飾る写真は色鮮やかなバンコク・鉄道市場(通称)の夜景です。昨日までのトップ画像も、その前の画像も私は大変気に入っていたのですが、やはり旬の画像の方が良いだろうと思い泣く泣く変えました。でも、前の写真もまだまだ捨てるには惜しい、もっと眺めていたいとも思いますので、この記事の最下欄に原画へのリンク画像を置いています。閲覧ご希望の方は是非どうぞ。さて今回は、10月24日から27日の間、... 続きを読む
  • 有難いことに、こんなブログでもご愛読下さる方が少なからずおられて、時々叱咤激励を受けます。今回のこのボルネオ高原歩き旅にも何人かの方から叱咤激励のコメントを頂戴しました。と言うか、ほとんどはもっと早く続きを読ませろと言う催促のコメントなのですが、すみません、これが私の限界なんです。特に今回は、ブログを書くことよりももっと切迫した"かくこと"があり、思うように進みませんでした。実はここで暴露しちゃいま... 続きを読む
  • いよいよ今日(DAY5)から真正ジャングル踏破行にチャレンジです。そう言えば、今回の旅の初日に、KLセントラルから乗ったKLIAエクスプレスの車内で、ピーターとシーシーの古い知り合いだと言う老齢のドクターと偶然鉢合わせしたのですが、話を聞いたら、なんと以前、バリオからバカラランまでのジャングルを単独踏破したことがあるとのこと。偶然にしては出来過ぎのような気もしましたが、一同有難く拝聴しましたよ。そしたら、そ... 続きを読む
  • ボルネオ高原歩き旅シリーズ、本編第2回目の今日は、DAY3とDAY4を書きますが、この二日間はいずれもDAY5から始まる本格的ジャングル踏破行のための予備訓練と言うか、ウォームアップなんです。なにしろ、普段はあまり運動などして鍛えていないルーズなオヤジたちですからね。。。なに、それ違うよ、イケさんって? え?シーシーは毎日プールで泳いでる? え?ピーターも歩いたりジョギングしてるの? なんだナマケモノはオ... 続きを読む
  • 本当はこの旅ブログのタイトルを「サラワク奥地ジャングル踏破の旅」としたかったんだけど、残念ながら雨で全うできなかったし、ちょっと遠慮したんです。だから「クラビット高原歩き旅」でいいんです。ま、でも無理してたら今頃どうにかなってたかも知れないし、これで良いのだ、、、と悔しいけれども納得している我々団塊ひねくれシニアです。DAY1さて、初日はKLIAからサラワクのミリへ。プロローグにも書きましたが、今回はマ... 続きを読む
  • みなさん、こんばんは。予て予告のとおり、今回から小分けしてボルネオ島の高原歩き旅を綴ります。我々国境なき団塊シニア三人組の顔触れは、リーダーのピーター(スイス出身)、いかにもちょい悪オヤジ風のシルフィウス(ドイツ出身、ニックネームはシーシー)、それにひねくれ団塊の私の三人組で前回と同じです。今回は、前回スマトラバイク旅から約4か月、リーダー兼旅企画担当のピーターが満を持した旅なので、そんじょそこらの平... 続きを読む
  • 皆さん、新年明けましておめでとうございます。年が明けたと思ったら、あっと言う間に今日はもう1月4日。早いもので今年でもう5回目のマレーシアのお正月です、と既に何度口にしたことか。そんな時、あとどれぐらいマレーシアにいるのかと問われたりもするのですが、正直なところまだはっきりとは決めていません。言えることは、人生の最終章は日本でなければならないと言うことと、健康次第の4文字です。昨年は、東京に住む私の... 続きを読む
  • 今日のバイク旅はDay6(11月22日)です。しかし今思えば、我々のブキティンギの宿、ブキティンギ・ホリディ・ホームは魔訶不思議な宿でした。摩訶不思議の最たるものは、やはり入口の鉄格子の扉がいつも施錠されていて自由に出入りできないことでしたね。その他にも、宿の看板がどこにもなくて宿を探すのにひと苦労したとか、宿主がダブルブッキングにも全然悪びれる様子もなかったとか、普段は宿主や従業員の姿は見えずどこにいるの... 続きを読む
  • さて今日は、スマトラ島バイク旅のDay4とDay5、ブキティンギの東方約55kmにあるハラウ渓谷(Harau Valley)への泊りのバイク旅です。↓これはDay4(11月20日)の朝、ハラウに向けた出発前、宿のヤングボーイにポーズをとる団塊シニアバイク軍団、と言うよりスクーター軍団、、かな。(笑)Day3の昨日は、バイクの距離計によると120kmぐらい走ったようだ。燃料タンクはほとんど空だ。しかし昨日はバイク旅初日にしては、しかも私としては何... 続きを読む
  • 団塊シニアのスマトラ島横断バイク旅、今日はDay3(3日目)です。↓これは西スマトラ州にある高原の町、ブキティンギの安宿(Bukittinggi Holiday Home)での朝食です。なるほどBreakfast includedとはこう言うことだったのですね。今回の旅でこの安宿には都合3泊もしたのですが、毎朝これ(インドネシア版ナシゴレン)でした。毎朝、この朝食を届けてくれる宿従業員のヤングボーイに聞いたら、どこかその辺の屋台で買ってくるのだそう... 続きを読む
  • (Day1からの続き)これ↓は、2日目の朝、ホテルの部屋から見たペカンバルの町です。よく見たら結構大きな町で、後で調べてみるとそれもその筈、リアウ州の州都でなんと100万都市なんだそう。(すみません、今回の旅もリーダーのピーターにオンブにダッコ。ろくに事前勉強もしないで参加しています)朝から快調に冗談飛ばすちょい悪オヤジのシーシーです。それで、朝めしはコレ、だけ?なんか、前宣伝とはちょっと違うんじゃないか... 続きを読む
  • 今日は旅の第1日目(Day1)を綴ります。ブログを小分けして中身を小出しにするつもりは毛頭ないのですが、撮った写真が多すぎて、これもあれもとアップしているうちに1日分だけで既に30枚を超えました。普段から、オマエのブログは長過ぎて途中で飽きる、などと辛口のご批評をいただいてる身としては、これ以上長くすると飽きられるどころ怒りをかうかも知れないな、などと悩むのです。それと先にお断りしておきますが、スマトラ島... 続きを読む
  • みなさん、こんにちは。我々団塊シニア三国トリオ(日本+スイス+ドイツ)は、先週木曜日(11月24日)、凡そ予定どおりスマトラ島横断のバイク旅を終了し、概ね無事にマレーシアに戻りましたが、それから既に3日も経つと言うのに未だに旅の疲れがほとんどとれずにいます。いや疲れだけでなく、今日は、旅の途中で負傷し、まだ腫れと痛みが引かない右手小指と、赤道直下の強烈な直射日光に焼かれ、見た目も悲惨な左手の甲と腕を診ても... 続きを読む
  • "ノスタルジア(Nostalgia)"、今回のジャングルトレインの旅はまさにこの一言に尽きます。ところで余談ですが、この"Nostalgia"と言うワード、マレー語ではギリシャ語のように"ノスタルギア"と発音するのですが、このように英語読みしない単語が他にもあって時々面喰います。もっとも語中の"g"は"ジ/ジィ"ではなく"ギ/ギィ"とギリシャ語読みするのが普通なので当然といえば当然なんですがね。しかしこのノスタルジアorノスタルギア... 続きを読む
  • さて今回のブログは前回に続く「癒しの列車旅 in Malaysia」の第2弾、深夜特急ならぬ深夜急行ジャングルトレインの旅ですが、少し長くなりそうなので2回に分けてお送りすることとします。今度の列車旅は、実は私自身ではなく友人のP氏の企画によるものですが、往年のバックパッカーを自認するスイス人の彼は今なおアドベンチャラスな旅が趣味なようで、奥さんや家族の心配をものともせずにここKLを根城にしてせっせと独り旅に出て... 続きを読む
  • 思い付きと言うべきか、全くの偶然と言うべきか、はたまた私と言う人間の大雑把な性格の成せる業と言うべきか、特に熟慮したわけでもないのに、今回主題の列車旅、と言ってもホンの些細なミニ列車旅なのですが、先週とそして今週続けて出かけることになりました。先週はひょんなことから最近評判のETSでイポーを往復する羽目に、そして今週は今日から3日間の予定で、予て憧れのジャングルトレインに乗ってきます。ここにいたる経緯... 続きを読む
  • 突然ですが、最近どうも疲れ気味です。年のせいかも知れませんが以前のように元気が出ません。これではいけないと思いつつも毎日だらけていて、このまま体力・気力が徐々に失せてしまうのかとやや不安を感じます。文章を考えるのも億劫でブログの更新もなかなか思うように進んでいません。なので今日のブログは最近撮り溜めた写真を貼るだけ、文言を極力省いた手抜き工事です。以下、時系列に並べてみます。これは先月(7月)22日、... 続きを読む
  • 久々の気晴らし小旅行、今回はマレーシア東海岸の最北に位置するクランタン州の州都コタバル市です。このコタバル市のことやクランタン州のことについて、実は私はマレーシア移住以来、いろいろな人たちからいろいろな場面で話を聞かされるものだから、機会があったら是非一度行ってみたいと思っていたのですが、昨年暮れにエクスペディアを何気に眺めていたところ、コタバルフリーチケットと言う文字が目に止まり、ホテルも良さげ... 続きを読む
  • 早いもので今日はもう10月6日、キナバル山の山行からすでに約1ヵ月も経つのですね。ところで最近のKLのヘイズはまったく酷いものです。思えば先月、サバ州のコタキナバルからKLIA2に戻った際には、辺り一面が濃いガスに覆われていたのには驚きましたが、あれからひと月も経つと言うのにこのヘイズ、まだまだ改善されそうにもありません。こちらのSNSでは毎日、このヘイズがいかに人間の健康に害を及ぼすか、新聞等で毎日発表され... 続きを読む
  • ティムポハンゲートの奥にある鉄柵をくぐり抜けると、そこは下り坂から始まる森の小道でした。前後に登山者の人影はありませんがそれもその筈です。9月1日に入山が一部解禁されてから今日でまだ9日目と日が浅くその情報がまだ行き渡っていないだろうこと、登山が再開されたと言ってもまだ途中のレストハウスまでであること、登山許可数が1日約200人から100人に半減されていること、などが影響しているのでしょうか、今日の出発前の... 続きを読む
  • それは旅支度を解き、ロッジで寛ごうかとしている時のことでしたが、地震には随分慣れているはずのこの私も、地の底から突き上げるような突然の大きな衝撃にはギクリとしました。なんだ今の?まさか余震?本震から既に3ヶ月以上も経っているというのに、まだ余震が収まっていないのだろうか?幸いなことに地震による衝撃はそれっきりでしたが、後ほど確認したところ、震源はラナウ北西14kmで深度浅。と言うことは宿泊したロッジか... 続きを読む
  • クルーズ3日目、クラビ沖到着の朝です。朝食はウェスタンと中華とアジアンのブッフェ。ここ↓はウェスタン料理のダイニングレストラン、フォーシーズンズですが、広くて気持ちが良いのと、料理の種類や質も十分、それにいつも空いていてゆったりとダイニングを楽しむことができました。船内のレストランは、このフォーシーズンズの他に中華レストランのオーシャンパレス、そしてプールデッキと同じ階にはマリナーズブッフェがあって... 続きを読む
  • 今日は、格安ながらもお得感一杯で、意外に満足させられたスタークルーズ(その1)をリポートします。先ずこれ↓を見て下さい。ペナン島を夕方5時に出航して約2時間半、マラッカ海峡の北、アンダマン海に沈む夕陽です。この↑水平線の彼方には遥かなるインド洋が、そしてその南には1年前に行方不明となったMH370が沈んでいるとされる茫洋たる南インド洋が広がっているのだと思うと、何かしら感慨深いものがあります。船はスーパース... 続きを読む
  • 今日は2014年の大晦日、さて、去年の今頃は何をしていたのだろうとブログを振り返ってみると、2013年12月30日にはKL屋台街のバーチャルツアー記事を書いていました。それで思い出しましたが、去年の今頃はほとんど雨が降らず連日熱い日が続いていて、確か屋台街にカメラ持参で出かけた日も汗が噴出すような熱さでした。ところが今年は、このところなぜか毎日雨で、とても涼しい日が続いています。しかも、雨季でも1日中雨が降り続... 続きを読む

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR