• えーっと、あれはPULARAに行く2週間前ぐらいのことだったかな、頭(髪の毛)がかなりボサボサになってたので、人前に出るのだから少しはマシな頭にしようと行きつけの床屋さんに行ったんですよ。えぇ、ムティアラダマンサラのTESCOにあるお気に入りの床屋さんですけどね。その床屋さんのことは前にも書きましたけど、インド人の床屋さんで、技術が確かな上に散髪代が13リンギ(350円ぐらい)とめちゃ安なんです。それにもう何度も通っ... 続きを読む
  • ↑これは今回のPULARA Festival in Pangkorのリーフレットです。PULARAとはPuisi & Lagu Rakyat Antarabangsaの略。日本語に訳せば"詩歌とフォークソングの国際大会"となるわけですが、イマイチピンと来ません。でも今回実際に参加してみてようやくそのグランドデザインを知りました。このイベントは、マレーシアのペラ州、そしてペラ州の中のパンコール島に文化や文学の島としてのアイデンティティを与え世界に発信しようと言うこ... 続きを読む
  • ひょんなことから、今月下旬から来月始め(11月30日~12月2日)にマレー半島西海岸のパンコール島で開催される、ペラ州政府主催のPULARA FESTIVALにゲストスピーカーとして招待されることが決まり、目下、大急ぎでその準備中です。これ、私にとってはまったく寝耳に水の話で、聞かされた時には大いに驚きましたが、しかしその時点ですべてのお膳立てが既に整ってしまっていたのです。プララ・フェスティバルはポエムとフォークソング... 続きを読む
  • 多分今回のこのタイトルの意味は、誰にも分からないですよね。実はこれ、今日これから紹介する今年のハリラヤ短編動画(企業広告動画)に対するある視聴者のコメント("siapa laa pulak yg potong bawang ni...isshh" )を日本語に置き換えたセリフなんです。このハリラヤ短編動画、公開されてからまだ10日弱ですが、ユーチューブでの視聴回数は既に15万回を超え、そのコメント欄は、泣けて泣けて泣けて、、しょうがない、と言うたく... 続きを読む
  • ご承知のようにマレーシアは今、ラマダン(断食)月です。なので、ムスリムの方たちは夜明けから日没まで一切の飲食を摂りません。お陰で、街のマレーレストランなどは日中どこもガラガラ、中には臨時休業しているお店もあるほどです。でも私たち非ムスリムにとっては、このラマダン月も特に影響なしです。寧ろ、普段より空いたレストランで、ゆったりと楽にランチができると喜んでいる人たちも少なくないと思います。ところが私にと... 続きを読む
  • 今(5月12日)、日本一時滞在中です。ですが、孫たちとゆっくりのんびりするどころか、次から次に襲いくるハプニングに慌てふためいています。まず、今このブログを書いているノートPCですが、突然クラッシュ寸前に追い込まれてしまい、補償期限(明日)ギリギリのタイミングでメーカー修理に出すことになりました。今朝引き取りに来てもらうのですが、個人データなどのバックアップ作業に思いのほか手間取ってしまい、夕べはほとんど... 続きを読む
  • みなさん、こんにちは。昨晩からこのブログのトップ画像を↓に変えましたので、あるいはお気づきかとは思いますが、先週は、モントキアラ在住の仲良し夫婦二組とMy better halfと共に計6人で、カンボジアのSiem Reapに行ってきました。目的はもちろん、昨今日本人にも超人気のアンコールワットやアンコールトムなどの遺跡見学がメインだったのですが、中国の春節後とは言え、やはりトップシーズンだったせいか、どこもかしこも騒が... 続きを読む
  • 早いもので今日はもう6月27日、ラマダンもあと10日ほどで終わりです。最近親しく交流しているIIUM(マレーシア国際イスラム大学)図書館のAnieや彼女の多くの友人たちは、今やラマダン明けのハリ・ラヤ(断食明け大祭)を指折り数えて心待ちにしているのだそうですが、私としては、毎年のイスラム教最大のイベントが今年ももう終わるのかと思うと、ちょっぴり寂しい気持ちになります。なぜかと言うと、これまで(マレーシア移住前まで)... 続きを読む
  • 最近、私はまたブリックフィールズにあるYMCAのマレー語クラスに通っています。実はこのBH(BAHASA MALAYSIA) Level2のコースは私にとって2回目です。昨年末に1回目のLevel2を終了したのですが、まだ全部消化できてないと感じた私は、Level3に進む自信がなくて、再度Level2を受けようと、コースの開始を待っていたらこの時期になってしまったと言うことなのです。きっと若い頃の私ならば、少々自信がなくてもガムシャラにLevel3に... 続きを読む
  • このことは以前のブログにも書きましたが、私のマレー語学習ははっきり言って、これまで思うように進んでいませんでした。正直、悪戦苦闘しておりました。日常会話のマスターに3年と目標を掲げ、こちらに移り住んでまもなく参加した日本人会のマレー語講座は既に90週にもなろうとしているのに、やはり週1時間だけの学習では限界があると言うか、それに、きっと自身の努力が足らないのだろうけれども一つ憶えては二つどころか三つも... 続きを読む
  • 今日はマレー語について今感じているところを書いてみたいと思います。マレー語を習い始めてようやく1年になるわけですが、まったくのゼロから始めた割には最近なんとなく分かってきた、と言うか、少しだけそのベールが剥がれてきたような気がしています。なんてことを書くと、おいおい、まだちっとも分かっていないくせに自惚れるなよ、と誰かに怒られそうですが、少なくとも、至るところで聞こえてくるネイティブのマレー語に対... 続きを読む
  • これは「私たちの国語をどうぞ愛して下さい。(Please love our national language)」と言う意味のスローガン(旗)です。マレー語を国語として認めよう、と言う多民族・多言語国家ならではのスローガンだと思いませんか?左の1(One)マレーシアと言うのは「ひとつになろうよ」というこの国の全体スローガンで、街のあちこちで目にしますが、マレー語を国語として愛そうと言うのもそのうちのひとつです。今日は、しばし私の生き甲斐と... 続きを読む

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR