Give Up Driving, Take Public Transport And Save Money - Is It Worth The Trouble?
車通勤をあきらめて公共交通機関通勤で金を節約するって?-それって苦労する価値あるの?

これは実は、昨年(2015年)10月下旬にマレーシアンダイジェスト(The Malaysian Digest)と言うオンラインメディアに掲載された記事のタイトルなのですが、記事はKLに勤務するサラリーマンの通勤事情を赤裸々に物語っていて大変興味のある内容でした。

なので、そのうちブログで紹介したいと考えていたのですが、その後、小説の世界のようなマレーシア政界疑獄に嵌ってしまったお陰で、つい延び延びになっていたのです。

ところが先日、この記事を裏打ちする ような話をローカルの知人からたっぷりと聞かされたものだから、俄かにこの記事を思い出して今回のブログの題材となった、まぁそんな訳です。

例によって英文記事の原文を添えますが、今回もかなり大雑把に意訳していますのであらかじめご了承下さい。



2016042201.jpg

Some of us need to wake up even before the sun rises and take a cold shower just to prepare ourselves to face the dreadful daily traffic jams.
一部の車通勤者たちは、なんとまだ暗いうちに起き、冷たいシャワーを浴びて毎日恐ろしいほどの交通渋滞に立ち向かう準備をしなければならない。

Rather than choosing the obvious solution, taking public transportation like, LRT, Komuter, LRT, just naming a few, most Malaysians would rather be stuck in their own car in the traffic jam than getting too-close-too-comfort with strangers in LRT.
しかしそれでも多くのマレーシア人は、LRTやKTMやMRTと言った公共交通機関による通勤手段を選ばない。電車やバスの車内で見知らぬ人と接触したり近づきすぎる不安よりは、渋滞で車が身動きできなくても自分の車での通勤にこだわるのだ。

But, on 15 October 2015, eighteen highways raised toll rates by a significant amount, and how do Malaysians react to it? With outrage followed by resigned acceptance as most commuters living in the Klang Valley where the most affected hikes are, know they don't have any other option.
でも、2015年10月15日に18本の高速道路料金が大幅値上げとなったことに、人々はどう反応するであろうか?もっとも厳しい値上げとなったクラン・バレー地区(KL及び周辺地区)に住む大部分の通勤者は、怒りとあきらめの中で、彼らには他のいかなる選択肢もないと言うことを知っている。

In fact, 'significant increase' is an understatement because the hikes saw toll rates more than doubling in some cases!
この高速道路料金の「大幅値上げ」と言う文言は、実際にはこれでも控えめな表現だった。なぜなら蓋を開けてみたら中には2倍の料金値上げもあったのだ。

Before the heat of toll hikes had time to cool down, Malaysians are hit with another transportation fee hike, this time involving LRT and Monorail fares.
高速道路料金値上げの話題がまだ静まらぬうち、マレーシア人は、今度はLRTとモノレールの料金値上げ報道を目にした。

Local media reports in early October state that Land Transport Commission (SPAD) chairman, Tan Sri Syed Hamid Albar had announced that SPAD had written to the prime minister about the proposed increase in fares for LRT and Monorail services requested by Prasarana (a wholly government-owned company which runs the LRT and Monorail services in Kuala Lumpur).
The revised fares is expected to be announced before 31 October.

ローカルメディアは10月初旬、陸上輸送委員会(SPAD)のHamid Albar委員長がLRTとモノレールの運営会社(政府全出資会社)の要求により、料金値上げ申請を行ったと報じたのだ。料金改正は10月31日までに公示される予定と言う。

Malaysians are seeing their transportation costs rise even as they are just barely surviving by the end of the month and rather than devising counter measures, the government asks us to cut our spending, or in other words, “ikat perut”.
10月末までにかろうじて生き残ったマレーシア人は、今度は公共交通費の値上げに見舞われる。政府は対策を講じるでもなく、我々に出費を切り詰めろ、つまり「胃袋を小さくしろ」と言うのだ。

While public transportation has never been the first choice for millions of Malaysian commuters, will the drastic toll hike finally force many cash-strapped employees to consider switching to taking the bus and public transits?
これまで何百万人のマレーシアの通勤者の第一の通勤手段ではあり得なかった公共交通機関なのに、高速道路料金の思い切った値上げは金に困った多くの勤め人にバスや公共交通機関の利用を強制するのであろうか?

How much money can they hope to save by switching given that public transport fares are set to rise as well.
All in all, is it still worth all the money that we can save, sacrificing time and comfort by taking public transportation?

今回、公共交通料金も値上げするとなれば、車通勤から電車・バス通勤に変更したからと言ってどのくらいの節約になるのか?大体、車通勤の時間と快適さを犠牲にしてまでも公共交通手段に変更し金を節約する価値はまだあるのであろうか?



My 2-Hour Commute Journey By Public Transport
私の2時間の公共交通機関通勤体験の旅

2016042202.jpg

In order to really understand what most Malaysians experience when forced to use public transportation, I decided to attempt going to my office, which is located in Sri Hartamas, by taking public transportation; which involved a combination of bus, LRT and Monorail.
毎日の通勤に公共交通機関を利用せざるを得ない場合、大部分のマレーシア人が何を経験するかを理解するため、私はスリ・ハタマスにあるオフィスに、バスとLRTとモノレールを利用して実際に通勤してみることにした。

By the way, I’m staying at Pandan Mewah in Ampang.
My morning began at 5:45am, followed by a quick shower, performing Subuh prayers and grabbing my breakfast , all in less than 40 minutes.

ところで私の住居はアンパン地区のパンダン・メワにある。朝5時45分に起床し、素早くシャワーを浴び夜明けのお祈り(Subuh prayer)の後に朝食を摂るが、この間40分もかからない。

I left my house at 6:25am and took 2-minute-walk to the bus stop. Luckily I don’t have to wait long for the bus to arrive. At 6:32am, the bus set off towards the Cempaka LRT Station (Ampang Line) where I arrived at 6:57am. The bus fare cost me RM0.80.
6時25分に家を出てバス停まで徒歩2分、 幸運にもバスが到着するのを長く待つ必要はなかった。6時32分にバスは出発し、LRTアンパンラインのチェンパカ駅に6時57分に到着した。バス料金は80セン(24円)だった。

While inside the bus, I talked to John who is working in Human Resources at a company near KLCC.
“It’s much easier to take the bus and train to go to my office. I mean if you look outside, you have to face traffic this early in the morning. At least you can take a quick nap inside the bus,” he joked.

バスの中で、KLCC近くの会社に勤めているジョンと会って話した。彼は、"バスと電車通勤の方がずっと簡単だよ。外を見てごらん、こんな朝早くから道路は混んでるんだ。でもこっちは車内で居眠りだって出来るんだぜ"と冗談を言った。

Then I asked him how much it would cost him to commute from home to work, compared to driving your own car where you spend perhaps RM60 a week for petrol.
それから私は、"バス・電車通勤っていくらぐらいかかる?車通勤の場合はガソリン代が多分週にRM60(1800円)ぐらいだろうけどね"と彼に尋ねた。 

“True, but you have to think about the toll and parking fees. Some places have monthly parking fees, but it’s too expensive, would you rather spend like RM170 on parking fees alone or on public transport fares?” he asked.
"そうだね、でも車の場合はそのほかに高速道路料金と駐車料金もかかるよね。場所によっては月極めの駐車場もあるけど凄く高いよ。駐車場代だけで月RM170(5100円)も払える? それともバス・電車代だけにする?"と私に聞いてきた。

“I can drive to work, but I have to pay RM2.50 for toll and spend almost RM20 on parking. I work in human resource and the pay is not much, so you do the math,” he explained further.
"ボクは車通勤もできるけど、毎日高速道路代にRM2.5(75円)、駐車場代にRM20(600円)も払わなくちゃならないんだよ。会社の給料はそんなに高くないし、計算したら分かるよ。"とジョンは私に詳しく説明してくれた。

At 6:58am the train arrived and I spent around 15 minutes squeezed shoulder-to-shoulder with strangers until I arrive at the Hang Tuah LRT station where I have to walk towards the next connection and at 7:19am managed to get on the Hang Tuah Monorail in order to proceed to the KL Sentral station. The fare was RM3.50
6時58分に電車が到着し、私は見知らぬ人と肩と肩を寄せ合いながら次の乗換駅のハング・トゥアまでのおよそ15分間を過ごした。ハング・トゥア駅ではモノレールに乗り換えるためにちょっと歩かなければならなかったが、7時19分発、KLセントラル行きのモノレールになんとか乗ることができた。電車賃は全部でRM3.50(105円)だった。

I reached KL Sentral station at 7:28am and I have to proceed to exit the NU Sentral building. Since I have never taken the bus before, I had a hard time looking for the place to wait for the bus. Finally at 7:41am I located the bus stop and waited for the U83 bus that will take me to Plaza Damas Shopping Centre.
モノレールは7時28分にKLセントラル駅に到着し、私はヌー・セントラルビルの外に出た。これまで私はここでバスに乗ったことがなかったので、バス停を探すのが大変だったけど、なんとか7時41分にはプラザ・ダマスショッピングセンター行きのバス停を見つけてU83番のバスを待った。

Unlike waiting for the LRT and Monorail, waiting for the bus to arrive was excruciating. There was no roof or seats, and its was an uncomfortable wait together with the long queue of people standing in line.
LRTやモノレールとは異なり、バスが到着するのを待つことは耐えがたいものだった。バス停には屋根もなく座る場所もない。私は人々の長い列の中で不快な気持ちで立って待っていた。

While waiting, I chatted with another commuter who was on her way to Publika.
“I work as a retail assistant at one of the shops in Publika and I rather take the public transport than drive because I have to spend more for toll and parking,” Suraya told me.

バスを待っている間、パプリカショッピングセンターに行く途中だと言う通勤者と話した。パプリカの中のお店のセールスアシスタントとして働いていると言う彼女スラヤは、"高速道路や駐車場にたくさんのお金がかかるので、私は電車とバスを利用してるの"と話してくれた。

I also asked her if she ever feel uncomfortable when riding the train or the bus. “Of course I have. So far thank goodness I have never been harassed but squeezing with other guys is not comfortable at all. But I have to endure it because I want to save money from paying toll everyday,” she asserted.
私はまた、電車やバスは不快に感じないかと彼女に尋ねたが、彼女は"もちろん不快だけど、有難いことにこれまでセクハラを受けたことはない。しかし見知らぬ男の人と一緒にぎゅうぎゅう詰めになるのはもちろん不快なこと。 でも耐えなければならない。なぜなら、毎日の高速道路代などを節約してお金を貯めたいから"と彼女は主張した。

Finally at 7:50am the U83 bus arrived and it took me another 33 minutes to reach the office.
7時50分にようやくU83バスが到着し、そして私はオフィス到着までさらに33分を要した。

There you have it; I spent almost 2 hours to reach my office and forked out RM5.80 and going back home was pretty much the same so in total I spent RM11.60 on public transport fares for a day so a month average out to RM255.20 (RM11.60 x 22-working days).
そんなわけで、私はオフィスへの到着にほぼ2時間をかけて、RM5.80(174円)を出費した。そして帰宅にも同じだけかかるわけだから、合計で一日RM11.60(348円)の公共交通機関通勤費となり月にすれば、RM255.20(RM11.60×22稼働日)(=7656円/月)となる。

When I reached the office, my officemate asked me, was it worth the journey? My answer was a big fat NO!
オフィスに着いた時、同僚が"旅する価値はあったかい?"と聞いてきたが、私の答えは"トンデモナイ!"だった。

2016042203.jpg

Public Transport vs Private Car Commute
公共交通機関通勤 vs 自家用車通勤

We could ditch our car or motorbike if we have a proper developed public transport system like in other countries like Germany or Japan.
わが国にもドイツや日本のように良好に整備された公共交通機関があるならば、我々は車またはモーターバイクをどぶに捨てることができる。

Like I said before, taking the LRT or Monorail was easier than getting a bus but the connection between where the public transit stops and where we want to arrive at is sorely lacking as bus frequencies are low and inconsistent.
私が前に述べたように、LRTまたはモノレールに乗ることはバスに乗るよりも簡単だ。しかし各公共交通機関の接続が極めて悪い。これは特にバスの運行頻度が少なくかつ安定的でなく当てにならないためだ。

Like I have described in detail about my one day public commuting experience, it seemed that driving your own car is much better than switching from bus to LRT to Monorail then to bus again. Who in their right mind would choose public transport if they have their own car?
私のある日の公共交通機関利用による通勤体験で詳しく述べたように、バスからLRTに、LRTからモノレールに、そして再びバスに乗り換えなければならない公共交通機関通勤よりは自家用車通勤の方がずっと良いように思える。自家用車を持つ人間で、まともな神経の持ち主ならば誰が公共交通機関を選ぶであろうか?

For that, I asked my colleague who drives to the office daily.
そのため、私は毎日自家用車通勤をしている同僚に尋ねた。

He spends about RM50 per week for his petrol hence on average he would spend RM200 on petrol per month. He usually takes the Loke Yew Toll which cost him RM2 per trip.
彼は週にRM50(1500円)をガソリン代に使う。月にすると平均RM200(6000円)だ。それに通常、ローク・ヨー料金所を通るので1回につきRM2かかる。

Once reaching the office, he has to pay RM10 for parking from 8am until 5pm. He also mentions that he would usually spend 1 hour and 30 minutes commuting from and to work. That of course depending how heavy the traffic is on a particular day.
Working on basic calculation, so his expenditure would be RM200 (petrol) + RM88 (toll – RM4 x 22 days) + RM220 (parking-RM10 x 22 days) = RM508.

オフィスに到着したら、8時から5時までの駐車代としてRM10(300円)払わなければならない。車通勤に要する時間は1時間半だが、もちろんそれは道路の混雑状況によって異なる。毎月の通勤費用をざっと計算してみると、ガソリン代がRM200(6000円)、高速道路料金がRM88=2640円(RM4×22稼働日)、駐車場代はRM220=6600円(RM10×22稼働日)、合計でRM508(15,240円)となる。

“But I can leave the house at a reasonable hour and I feel comfortable in my car seat,” he said.
“You can’t help but feel stressed because of the traffic jams, but you can choose to ignore them. For me, I’d turn the radio up and have a solo concert in my car,” he suggested.

しかし車通勤ならそこそこゆっくりの時間に家を出ることができ、車の中は実に快適だ。確かに交通渋滞はストレスだろうけど、カーラジオの音を大きくし、車の中の一人だけのコンサートでそれを無視することができるのだ、と彼は語った。

2016042204.jpg

So here is the bottom line comparing public transport to private car commute.
公共交通機関通勤と自家用車通勤の比較の要点は次のとおり。

If I decided to take public transport, I have to spend RM255.20 and I have to get used to being like a can of sardines and use 4 hours to commute back and forth between home and workplace or I spend RM508, and only spend less than 3 hours on the road, completely comfortable in my own car.
公共交通機関通勤を選択する場合、費用は月にRM255.20(7,656円)で済むが、イワシ缶のようなぎゅうぎゅう詰めに慣れなければならず、往復4時間も使わなければならない。自家用車通勤はRM508(15,240円)かかるが3時間未満の通勤時間だし、自家用車の中は完全に快適だ。

With that being said, it is up to you which mode of transportation that you want to use, save some cash but you have to sacrifice quite a lot of time and comfort, or save a little bit of time but you have to fork out almost double the amount in cash.
If given the choice, would you conclude like I did that its really not worth it to brave the long hours, discomfort and inconvenience just to save a few hundred ringgit a month? Of course, if you add up the amount spent for a year, it would still come to over RM3,000. For the less fortunate and lower income groups, that is still a lot of money which could be put to better use.

と言うわけで、いずれの交通手段を選択するかは本人次第だが、僅かの金を節約するために多くの時間と快適さを犠牲にするか、あるいは少々の時間を節約するために約2倍の通勤費を払うかのどちらかだ。選択できるならば、あなたは私と同じような結論、つまり月数百リンギットの金を節約するために長時間の通勤や不快や不便に果敢に立ち向かうなんて意味がないとの結論に達するであろうか?もちろん年間の節約費用はRM3000(90,000円)にもなるわけだから、不幸な人々や低所得層にしてみれば、大きな金額ではあるのだが・・・

Is The Money Saved Worth The Sacrifice In Time And Comfort?
時間と快適さを犠牲にする節約は価値があるか?

The World Bank’s 12th Malaysia Economic Monitor: Transforming Urban Transport report published in June 2015 finds that Greater Kuala Lumpur residents spend a crazy 250 million hours a year stuck in traffic and travel 29 km/h slower on average during morning peak hours, costing 1.1-2.2% of the gross domestic product (GDP) in 2014, or a dizzying RM12.7-24.7 billion in losses (including delay costs, fuel wasted and economic cost of emissions), as well as a reduction in subjective well-being.
世界銀行の第12次マレーシア経済モニターは、 2015年6月に発行した都市交通の変遷報告の中で、グレーター・クアラルンプール(KL首都圏)の住民が1年のうち交通渋滞に巻き込まれて過ごした時間は2億5000万時間、朝の交通ピーク時間における(車の)走行速度は平均で(常態よりも)29km/hも遅く、それは2014年の国内総生産(GDP)の1.1-2.2%またはRM127-247億の損失(遅延損失、燃料経費及び二酸化炭素放出対策経費など)であり、主観的幸福度を減少させていると指摘している。

The report highlights that nearly 75% of Malaysians live in cities, have a high reliance on cars (estimated two cars per resident in KL) combined with inadequate public transport has led to congestion and low public transport usage (only 17%, compared to Singapore’s 62% and Hong Kong’s 89%).
報告は、マレーシア人のほぼ75%が都市圏に住んでいることを明らかにした上で、KLでは公共交通網の整備が不適切なため、住民は一家に2台所有する自家用車に高く依存せざるを得ず、これが道路の交通混雑と僅か17%(シンガポールは62%、香港は89%)と言う低い公共交通機関利用率を招いていると指摘している。

Is anyone at all surprised by these findings?
これらの調査結果にいったい誰が驚くか(否誰も驚かない)?

Both Singapore and Hong Kong already have a developed MRT system and plenty of stations located near to every single major housing development and more importantly the connections are seamless, making it so convenient to take the public transport instead of driving.
シンガポールと香港はいずれも先進のMRTシステムを導入しており、数多くのMRTの駅がすべての主要な住宅団地に隣接している。さらに大切なことはMRT各線の乗り換え接続が際めてスムーズなことだが、これらが車運転よりも公共交通機関に乗ることを極めて便利にしている。

Having put the public transport system in place, these two governments also ensure that the costs associated with driving private cars is way too high to ensure that their cities are not congested with private vehicles.
公共交通システムの導入にあたり、これら2都市(シンガポールと香港)の政府は、住民が自家用車に乗る場合のコストを(政策的に)高く設定したため、結果として自家用車による道路混雑は余り起きていないのだ。

For example, the prohibitively expensive costs of parking in Hong Kong and the high cost of car ownership and tax imposed on driving into the city centre in Singapore serve as effective deterrents to private commute.
例えば、香港における法外に高い駐車料金や、シンガポールでは、自家用車の高い所有経費や都心へ乗り入れに対する課税などが、自家用車通勤に対する効果的な抑止力として作用しているのだ。

2016042205.jpg

↑先進国とは、貧しい者でも車を持てる国ではなく、裕福な者が公共交通を利用する国のことだ。(ガスタホ・ペトロ、ボゴタ市長)

When the MRT Malaysia is completed, perhaps the government could make that gentle nudge in the form of increased parking costs and central business district taxes to discourage Malaysians from driving to work...but ONLY when the public transport system is up to par.
マレーシア版MRT(現在建設中)が完成するとき、政府は、自家用車通勤を抑制するための方策として、駐車料金を密かに高く設定したり、市内中心商業地区における乗り入れ税などをそっと導入したりすることができるかも知れないが、しかしそれは公共交通システムが標準のレベルになっていればこそのことだ。

We occasionally hear of our elected lawmakers and government leaders trying out public transportation, but maybe they should make it a habit and get down to the ordinary rakyat's level on a more regular basis in using public commute.
我々は時折、議員の先生方や政府首脳の方々が公共交通に試乗したことを耳にする。しかしそれ(公共交通機関通勤)は習慣づけられなければならないし、国民一般が通常の通勤手段として公共交通機関を使えるレベルにしないといけない。

They seriously need to personally experience using public transportation rather than depending on data on a piece of paper to get the REAL picture and the reason why Malaysians prefer to stick to using their cars if they have a choice.
彼ら(議員や政府首脳)が、マレーシア人はなぜ、公共交通利用の選択肢があったとしても、自家用車通勤にこだわるかの実際の理由を、紙の報告書に頼るのではなく、個人的に公共交通を経験して知ることは真に必要なことだ。



以上、マレーシア、と言うよりここKLの通勤事情についての興味ある記事を紹介しました。冒頭に説明したように記事は昨年10月に掲載されたものですので、費用計算の元になるデータがやや古い(特に電車・バスの料金がこの半年でかなり値上がりしています)ことは否めませんが、通勤事情の全体図に変化はありません。

一見高度に発達した都市交通システムのように見えるのですが、私自身、3年半生活してみて、東京などと比較すると不便極まりなく、逐一の不便は枚挙に暇がありません。

どこに行くにも、なにをするにも効率的でない。つまり無駄があると言うことなのですが、なるほどこの辺りのことが先進国とそうでない国の差異なのかといまさらながら気付かされています。

それではまた。

スポンサーサイト
今日は、前回のBlogへの書き足しになりますが、前回書き損ねた、
以下の私の初期の頃の疑問について綴ってみようと思います。

・高速道路をなぜこんなに多くのバイクが走っているのか?
・そのバイクはなぜジャンパーを後ろ前に着て走っているのか?
・車線変更はもちろん、右折でもウィンカーを点けないのは普通?
・あり得ない割り込みや幅寄せをする車がなぜ多い?
・直進レーンからの右折や右折待機は普通のこと?
・なぜこんなにも渋滞するのか、対策は講じていないのか?
・こんなハチャメチャなラウンドアバウトでは接触事故は当たり前?

第1に、ExpresswayやHighwayをなぜこんなに多くのバイクが走るのか、
ですけど、これはもう、ちょっと調べただけで理由が分かりました。

世界各国の二輪車普及率をみてみるとなんとマレーシアがトップなのです。
さらに保有している二輪車の内訳をみると、125cc以下の小型の実用車が
もっとも多い。と言うことは、日本などと違ってこの国では、多くの
人たちが実用の二輪車を通勤に使用しているのだと思います。

確かに四輪車の普及率も右肩上がりのようです。しかしそうは言うものの、
経済的に豊かでない方たちにとってはまだまだ二輪車が本命なのです。

こんな事情もあって、高速道路やハイウェイから二輪車を締め出すことなど
出来ません。(SMART tunnelは二輪車禁止ですがこれは例外です。)

と言う訳で、特に朝夕の通勤時間帯には夥しい数のバイクに遭遇するのです。

慢性的な渋滞でのろのろ走行している四輪車の隙間を縫って、神業的に
すり抜けて行くバイクたち、私の車の4コーナーセンサーはいつもピーピー
鳴りっぱなしでホントに冷や冷やします。

でもあれじゃぁ、四輪車のサイドミラーなどに衝突しない方が不思議。
私もいつかは当てられるものと覚悟していますが、その時のためにも、
渋滞中の車線変更には厳重注意、バイクは後方の死角から接近してくる、
バイクの接近に気がついたならハンドルは切らない、直進を維持する、
などなど今から防衛運転に心がけています。

で、このバイク、原付よりちょっと大きいぐらいの小さなバイクが
一番多いようにみえます。

こんなバイクたちです。

20130514002.jpg

こんなバイクたちが高速道路で100km、時にはそれ以上の速度で縦横無尽に
走っているなんて、想像しただけでも怖くなりませんか。

そして、次なるはバイカーのファッションですが、感心なのは全員きちんと
ヘルメットを被っていること。

バイク事故は重大な人身事故になる可能性が極めて高いので、当然と言えば
当然なのですが、以前、中国でほとんどノーヘルのバイク集団を目にしたことも
あるだけに、マレーシアは違うなぁとちょっと安心しました。

でも足元をみると、およそ半数がサンダルやゴムぞうりです。
あれは危ないなぁと思ってしまいますが、余計なことでしょうかねぇ。

で、第2の疑問、

・バイクはなぜジャンパーを後ろ前に着て走っているのか?

見て下さい。このバイクの人、ジャンパーを後ろ前に着て走ってますよねぇ。
いや、この方だけじゃなくバイカーの大部分の方がこうなんです。
これって奇妙に思いませんか?

20130514001.jpg

ローカルの方に聞きましたが、これを見た外国人は誰でも奇妙に思い、
必ずローカルの人に質問するそうです。あれ、なんのため?って。。

答えは、日よけ、防寒、防署、ファッション(?)などと様々らしいです。

と言うのは、当のバイカーに尋ねても答えがまちまちなのだそうです。

でも私は、きっとこれは普通に着るよりも多目的な調節が容易だから、
だと思っています。

だってこの方が、バイクに乗ったまま楽にジャンパーの上げ下げができ、
風量調節などが簡単にできるからに違いないと、ほぼ確信しています。

見て下さい、このバイカーは後ろ前に着ているジャンパーを下げて、
首から胸の部分までを露出して走っています。

20130514005.jpg

風が当たりすぎて寒い場合はジャンパーを上げる、暑くなってきたら、
風を取り込むために下げる、こんなこと、後ろ前に着てなかったら、
とても走りながらできることではないでしょう。。


さて次は、四輪車ドライバーのドライビングマナーについてです。

・車線変更はもちろん、右折でもウィンカーを点けないのは普通?
・あり得ない割り込みや幅寄せをする車がなぜ多い?
・直進レーンからの右折や右折待機は普通のこと?

彼等のマナーの悪さは、それはもうネガティブな意味で定評があります。
これは直進レーンからの右折車を撮ったものですが、こんなことは当たり前です。

20130514000.jpg

なぜ、普段は動作緩慢にみえる彼らが、一旦ハンドルを握ってしまったら、
こんなにも性格が変わってしまうのか不思議でならない、などと考えていたら、
次のような英文コメントに遭遇しましたので紹介してみたいと思います。

1. The 'Tidak Apa’driver
You drive in your own world. Basically, you seemed to enjoy driving
and usually sing along with what is on radio.
The problem with you is that, sometimes you are not aware that you might
be annoying others.
Sometimes you are even hogging the road.

2. The‘Mat Rempit’wannabe
You drive like you are riding a bike like the Mat Rempits.
You swerve in and out of lane like you are in a rush all the time.
You cannot afford to wait for even 1 second, so when you are approaching
any road hoggers, you are ready to swerve.

3. The‘Anti-Jam’driver
You cannot stand being in a traffic jam.
If you know there is a jam coming up, you rather take a longer route
than sit in the congestion.
Even if it is further and would take a longer time to reach your destination

4. The‘Multi-task’driver
You need to show that you can do many things at one time.
Using the mobile phone is only one of the ‘usual’ tasks.
You want to be drinking something, eating a burger or even French Fries
to go with it.

5. The Bully
You like to bully others on the road.
You honk, you overtake, you disturb slower drivers and you are not afraid of
accidents. Basically, you do anything just to get your way.

6. The‘Law Breaking’driver
You live to break traffic laws.
You run the red lights, drives above the speed limit, makes illegal turns
and cut queues. Just a matter of time before the cops get to you.

7. The Queue cutter
You seemed to be an expert in cutting queues.
Traffic lights, parking, toll plazas, whatever it is and whenever you see
a queue, you MUST cut it. Its like a lifelong mission for you.

ご参考までに上の英文にざっと和訳(意訳)をつけてみます。

1. (あなたは)ネバーマインドドライバー (Tidak Apa=Never Mind)
あなたはいつも自分の世界に浸ってドライブしてるし、カーラジオの音楽に
合わせて歌って、ドライブって楽しいよね。でも、問題は周囲の迷惑に気付いて
いないこと、時には道路を独り占めしてるしね。

2. (あなたは)曲乗りライダーなりたがり
あなたはまるでバイクの曲乗りライダーのよう。レーンを右に左にひらりひらり。
前に車がいたら、たとえ1秒だって我慢できない、すぐ追い抜いてやるだもんね。

3. (あなたは)渋滞大嫌いドライバー
あなたは渋滞なんて我慢できない。もし渋滞に遭いそうなら例え遠回りしようとも、
例え時間が余計にかかろうとも迷わずそっち。渋滞なんてくそ食らえだよね。

4. (あなたは)マルチタスクドライバー
一度になんでもできることを見て欲しい。携帯なんて当たり前、なにか飲んだり、
フライドポテトつきのバーガーだって食べれるぜ。
  
5, (あなたは)弱いものいじめドライバー
あなたは道路で弱いものいじめが好きだよね。少しでも遅い車がいたら、ホーンを
鳴らしたり、追越しなんかの嫌がらせするしね。事故なんてちっとも怖くない。
走りのためにはなんだってやるよね。

6. (あなたは)法律破りのドライバー
(あなたは)法律を破るために生きてるよね。赤信号無視や速度違反や規則違反の
右/左折、それに割込み常習者だし。まぁ、ポリスに捕まるのも時間の問題だけど。

7. (あなたは)割り込みドライバー
(あなたは)割り込みの名人だよね。信号待ちの列でも、駐車待ちの列でも、
高速道路の料金所待ちの列でも、とにかく何の列でも列をみたら割り込まないと
いけないしね。だってそれがあなたの生きてるうちの使命なのだから。


いかがでしたか。
もちろんこれはマレーシアのドライバーに対する揶揄なのですが、
やっぱり日本人でなくても同じように感じている人が多くいるんですね。

実は、車に乗ると性格変わる人って、日本人にもいると思いませんか?
ただ数が少ないから、大多数がそうではないから目立たないのだとは
思いますが、こう言うのって、精神状態だとか心のゆとりだとか、なにか、
そう言うジャンルのキーワードに原因究明や問題解決のヒントがあるような
気がします。

いずれにしても、こんなBAD MANNERには絶対同化しないぞと思っています。


ところで今日、隣町のスリ・ハタマスというところに買い物に行ったのですが、
ここの路駐にはほとほと厭きれます。いやいやこの街だけじゃなく、KLでは
良くある光景なのですが、、、

この街は、モントキアラから高速道路(PENCHARA LINK)を挟んで南側にある、
ローカル色豊かな街なのですが、いつもここの狭い通りが、両側の路駐で
益々狭くなっているのです。

奥に見えているのが、モントキアラの高層コンド群です。
ほら、見て下さい、両側路駐ですよ。左側は駐車OKですが、右側は×の筈です。

20130514004.jpg

でも、右側もびっしりです。お陰で、通りは車一台がやっと通れる狭さ。
まったく迷惑な話です。

これは、上の道路に平行な一本隣の道路ですが、ここもこのとおりです。

201305141000.jpg

お分かりですか、両側に駐車禁止の標識が立っていますよね。
まったくお構いなしなのですね。でも、これって、遵法精神とかマナーの問題
と言うより、物理的に駐車場が足りないことが根本原因なのでしょうから、
その辺りをなんとかしないと、解決は難しいですよね。


今日の最後は、渋滞緩和策のひとつのこの国のラウンドアバウトについてです。

我々日本人には耳慣れない言葉かと思いますが、ラウンドアバウト(Roundabout)
と言うのは、信号無しの円形交差点です。通常3本から5本ぐらいの入出路が
このラウンドアバウトに出入りしているのですが、ここマレーシアでは
その周回方向は時計周りと決まっているようで、全ての車がぐるぐると左に廻ります。

でも、もともとは渋滞緩和策であったはずの、ラウンドアバウトですが、
今では大きな障害になっているのではと感じているのは、私だけでしょうか。

これは、とあるラウンドアバウトの混雑の様子を撮った写真です。

201305142000.jpg

早くラウンドアバウトの周回路に入りたいのですが、既にラウンドアバウト内は
周回している車で満杯なのでなかなか入れない状況です。

このように、英国殖民地時代の名残りとも言えるこのラウンドアバウトですが、
確かに、交通量が少なければ、ほとんど全車がノンストップで入出できるしで、
確かに渋滞緩和に有効に機能するのでしょうが、混雑してくると却って渋滞を
招いているような気がします。

混雑している時は、必ず停止して周回の輪に飛び込むタイミングを計らないと
いけないし、とてもスムーズには入れないのです。なので、どうしても長蛇の
列ができることが問題なのです。

そしてさらに大きな問題は事故の危険性が極めて大きいと言うことです。

だって、混雑している時のラウンドアバウトは、入るのも出るのも大変です。

オーバーに言えば命がけなのです。既に周回している車の間に割り込んで行く
形になるし、外側の輪から内側の輪に移ったり、逆にラウンドアバウトから外に
出るために、内側の輪から外側に移るときなど、本当に神経使いますよね。

私は時々、周囲の車に気を取られていて、出口が見えなかったり、出損なって
しまう場合などもありますが、そのために一回余計に周回したりするのです。

でもこんな状態じゃ、接触事故が起きない方が不思議だと思います。
誰かが言ってました、これってまるで孫がやってるスーパーマリオのゲームか、
アイススケートのショートトラック競技みたいだねって。

でも、ゲームなどでは失敗してもまたやり直せるからいいけど、こっちは
失敗イコール事故ですからね。これぞまさしく真剣勝負ですよ。

とにかく、このままではいけないと思いますけど、行政は考えていますかね。
こんなこと、私が心配することでもないとは思いますけど、老婆心ながらです。。

なお、この日本人にはなじみの薄いラウンドアバウトの走行方法や注意点などに
ついては、step1Malaysia.comの中村さんがブログにに詳しく書かれています。

ここです→http://ameblo.jp/step1malaysia/entry-11237456168.html

ふぅー、今日もまた長文になってしまいました。すみません。
私は、今では毎日のように車を運転してクアラルンプールの街を
走っているのですが、まだ当地の複雑怪奇な道路網や道路交通事情に
精通するには至っていないと言うのが正直なところです。
(専らガーミンナビに頼っていると言うことです。)

しかし、鉄道やバス利用が極めて不便なここモントキアラでは、
車の運転は生活に不可欠ですし、周辺の道路網や道路交通事情などは、
いの一番に憶えなくてはならないことですので、悠長に構えても
いられないのです。(いつまでもカーナビには頼れません。)

と言うことで、今日は当地の高速道路や道路交通事情について
知り得たことを、私自身のためにも整理してみたいと思います。

こちらで車の運転を始めた頃は、実に様々な疑問を感じたものです。

・書店に行っても道路地図が見当たらない?
・どこまでが高速道路で、どこからが一般道なのか?
・高速道路の料金所で支払う料金はどこからどこまでの料金なのか?
・なぜ同じような高架のハイウェーでも無料と有料があるのか?
・立体交差や分岐や合流がなぜこんなにも複雑なのか?
・高速道路を通らず一般道(下道)だけで目的地になぜ行けないのか?
・スマートタグ(≒ETC)をかざしてもゲートが開かない時もある?
・高速道路をなぜこんなに多くのバイクが走っているのか?
・そのバイクはなぜジャンパーを後ろ前に着て走っているのか?
・車線変更はもちろん、右折でもウィンカーを点けないのは普通?
・あり得ない割り込みや幅寄せをする車がなぜ多い?
・直進レーンからの右折や右折待機は普通のこと?
・なぜこんなにも渋滞するのか、対策は講じていないのか?
・こんなハチャメチャなラウンドアバウトでは接触事故は当たり前?
・以下略

とまぁ、こんな具合ですが、もちろん今ではそのほとんどについて、
知っている方に教わったり、インターネットや資料で勉強したりして、
私なりに、ある程度は理解したつもりでいます。

なので以下にこれらの疑問について逐条的に整理してみます。

先ず、この国、マレーシアの高速道路ですが、調べてみると、
わが国もこの国のインフラ整備にはこれまで随分関与してきたのですね。

その結果かどうかは知りませんが、今では東南アジアでNO.1、
アジアでは日本、中国に次ぐNO.3のポジションなのだそうです。

料金システムなども日本などとほぼ同じなんだそうです。

で、調べてみて初めて知ったのですが、こちらの高速道路って、
ほとんど民間資本で建設しているのだそうですね。

こういうの、BOT(Build-Operate-Transfer)システムと言うのだそうです。

だから高速道路ごとに運営会社が違っていたりする訳ですね。

これは、その代表格であるPLUS MALAYSIA BERHADと言う会社が運営する
マレーシア半島縦断の高速道路概要図です。

201305072000.jpg
⇒ E1(NorthSouth Expressways)拡大図

もちろん個々の民間会社が公共の高速道路を運営する訳ですから、
利用料金体系や収受システムなどがバラバラにならないよう政府が厳しく
統制しているわけです。

ところで、私の最初の疑問ですが、道路地図の件です。

当初、この国の主要な道路網と周辺の詳しい道路情報を知りたいと思い、
適当な道路地図を求めていろいろな書店を巡りました。

しかし、これはと思うものがなかなか見当たらず、結局今に至っても満足な
道路地図は入手できていません。

でも、これ良く良く調べてみると、この国には今まで地図文化と言うものが
定着していなかったらしく、需要もほとんどなかったと言うことなのですね。

そう言えば道路地図に限らず、書店の地図コーナーのなんと貧弱なこと。
日本ではあり得ないことのひとつだと思います。

しかし、私はその後、Google地図など精度の高いオンラインマップや、
ガーミン製カーナビのお陰で、紙の地図の必要性をさほど感じなくなった
こともあって、今では道路地図を探すことを止めました。

ただ、誰かが、使い勝手の良い無料の地図があると言ってましたので、
だったら私も欲しいなとは思いますけど、どうしてもないといけないものでは
ないような気がしています。


さて次は、高速道路と一般道の区別、そして高速道路料金の件です。

・どこまでが高速道路で、どこからが一般道なのか?
・高速道路の料金所で支払う料金はどこからどこまでの料金なのか?
・なぜ同じような高架のハイウェーでも無料と有料があるのか?

こちらで車を運転し始めた頃は、どこまでが高速道路で、どこからが
一般道なのだろうといつも疑問に思っていました。

走行中、道路標識などに注意していれば区別できたのかも知れませんが、
始めの頃はとてもとてもそんな余裕はありませんでした。

高速道路は全て高架かと思うとそうでもないし、一般道の中にも高架があるし、
ジャンクションやインターチェンジもあるしでなかなか区別は難しいのです。

このGoogleマップを見ていただきたいのですが、マレーシアの各高速道路には
全てEナンバーがついていて有料です。

それ以外のナンバーがついている道路は無料の連邦道や州道などです。

201305081000.jpg
⇒ KL周辺地区Google Map

でもこの無料の連邦道や州道などには、元は有料の高速道路であったり、
高架だったり、立体交差のジャンクションがあったりする、いわゆる
ハイウェーと呼ばれている道路もありますので、区別は難しいのです。

高速道路とハイウェイの唯一の違いは料金所があるかないかなのですが、
周辺の高速道路は全てオープントールシステム(都度料金収受システム)で、
料金所はたいてい区間の中間点ぐらいにあるため、余計に分かり難いのです。

ここまで整理してみると、あえて区別する必要もないことに気付きます。

要するに私の走行中の興味は、この道路は有料か無料かに尽きるのですが、
今ではそれもあまり考えないことにしています。

目の前に料金所が現れたら、ここは高速道路なのだからと素直に料金を払う。

そしてたまたま料金所を通過する前に高速道路から一般道に出た場合は、
料金所を通過しなかったから料金は支払わない、ただそれだけのことです。

なので、この料金所で支払う料金は、一体どこからどこまでの分なのか、
などと悩まないことにしたのです。
(厳密に言えばその高速道路の始点から終点までとなるのですが)

そうは言っても、高速道路区間の始点と終点以外の地点からでも出入り
できる当地の高速道路は、例え目的地が直ぐ近場であったとしても、
ルート上に料金所があれば支払わないといけないし、逆に、目的地が
はるか遠くで高速道路を何度も利用するルートであったとしても、
途中で料金所を通過しない場合はまったくの無料なわけで、この辺りを
うまく考えて賢く生きようとする人がいても不思議ではありません。


さて次の疑問ですが、

・立体交差や分岐と合流がなぜこんなにも複雑なのか、です。

これは今でもいつも感じています。

これを見て下さい。これはモントキアラから西に7kmほどの
ところにあるE11とE23のジャンクションです。
いや、ここは一般道との連絡もあるのでインターチェンジとも言えます。

201305081001.jpg

どうしてこんなにも複雑なのでしょうか、もっとシンプルにデザイン
できなかったものかと思います。

ここはあの優秀なガーミンナビもガイドを間違えるほどの複雑さで、
お陰で始めの頃は何度も行きつ戻りつしながら無駄に走りました。

その後、こんなところがKL周辺地区には一杯あることが分かって、
もう今ではそんなもんだと諦めてしまっています。

とにかく分岐を間違えないようにしないと、、前の記事にも書きましたが、
なかなか戻って来れないのです。誰かが言ってましたけど、ひとつ分岐を
間違えたために20KM以上も余計に走ってしまったと。。


そして、次の疑問は

・高速道路を通らず一般道(下道)だけで目的地になぜ行けないのか?

と言うことですが、これは、私が住んでいるモントキアラに限った
ことなのかも知れません。

先ずこれを見ていただきたいのですが、これは私の住まいのある
モントキアラ周辺の道路地図です。

緑色が山、ジャングル、ゴルフ場、茶色が高速道路、黄色が一般道です。

201305082000.jpg

モントキアラは中央のやや右上の部分、青の太線で囲んだ地区なのですが、
おわかりでしょうか、西側は山というかジャングルになっていて、高速道路
以外の道路はありません。

なので、特に私好みのウタマショッピングモールなどのダマンサラエリアに
進出するためにはどうしても高速道路に乗らないといけないのです。

いつか、下道がないはずがないとタカを括って行ってみたはいいけど、
ことごとくデッドエンドでやっぱりダメでした。

西側ではなくて、今度はKL中心部の東方向や、日本人会のある南東方向は
どうかと調べてみましたが、東方向へは北に大きく迂回する形でOK、
南東方向へはあちこちでデッドエンドに遭遇し、結局ダメ、と言う結果でした。

あっそうか、だからモントキアラからKL中心部への路線バスは北に大きく
迂回するルートなんだと今、ここで初めて気がつきました。


次に、これは最近の気付きです。

・スマートタグ(≒ETC)をかざしてもゲートが開かない時もある?

↓これがスマートタグ本体(携帯ETCみたいな無線発信機)です。

201305084000.jpg

↓これは、スマートタグに挿し込むタッチンゴーカードです。
(プリペイド方式で高速料金のほか、駐車料金や鉄道などにも使えます)

201305085000.jpg

で、ここ(↓)がTOLL PLAZA(高速道路の料金所)です。

右から、スマートタグレーン(=この国のETC、カードを挿し込んだスマートタグ
を前方にかざすだけで料金収受が瞬時に完了しゲートがオープンとなる。)、
タッチンゴーレーン(タッチンゴーカードを料金所のパネルにタッチすることで
支払い完了となりゲートが開く。)、そして一番左が現金支払いレーンです。

201305083001.jpg

どこの料金所でもこのスマートタグレーンが一番空いているのですが、
スマートタグをかざしてもたまにゲートが開かない、作動しないなんて
ことが、たまにですけどあるのです。

えっなぜ?と一瞬焦ってしまいます。特に何台もの車が、後ろに続いている
場合は、悲惨です。私が止むを得ず後退し始めると、後続車も一斉に
後退しなくてはなりません。朝の通勤時間帯では本当に冷や汗がでます。

これ、スマートタグの9Vバッテリーが消耗してることが原因、つまりこちらに
原因があることが多いのですが、たまにはそうではなく、受け側に原因がある
場合もあるそうです。

日本のETCではこんなこと絶対ないのにと思うとちょっとイラつくことも
ありますが、念には念を入れてバッテリーは早めの交換、それともちろん
タッチンゴーカードのリロードも早めに余裕を持ってしましょうね。

ちなみに私は今回、4ヶ月半でゲートが開かなくなり、電池交換をしました。
思ったよりも電池消耗が激しいので注意が必要と感じました。

バッテリー残量が少なくなってきて、開かないのではと言う不安がある場合、
タッチンゴーレーンに並んだほうがBetterだと思います。


さて次は、バイクのことや人々の運転マナーなどについてなのですが、
これ以上の長文になると皆さんに厭きられそうなので、ここは次回に廻します。

今日は高速道路に特化した話題のみと言うことにしたいと思いますが、
最後に、私もそうですが、この国で車を運転されている多くの日本の方たちの
興味の対象になりそうなこと、つまりSPRINTハイウェイやDUKEハイウェイなど
普段お世話になることの多いハイウェイの内外リンクや各地区との関係位置が
良く分かるポンチ絵などを紹介してみたいと思います。


これはスプリントハイウェイ(E23)の概要図です。
sprinthighwayroutemap.jpg
⇒ E23(SPRINTハイウェイ)拡大図その1
⇒ E23(SPRINTハイウェイ)拡大図その2

このポンチ絵は、モントキアラから外に出るときには、必ずお世話になる
SPRINTハイウェイ(E23)と他の高速道路や一般道のリンクと主要な地区との
関係位置が大変良く分かるお勧めの一枚です。


次に、これはKL北側のDUKWハイウェイ(E33)の概要図です。
201305073000.jpg
⇒ E33(DUKEハイウェイ)拡大図

この絵は、KL中心部の慢性的な渋滞を避けるため、モントキアラからSPLINT(E23)
を経てDUKE(E33)に乗り、KLの北側から中心部にアプローチする際に、それぞれの
リンクと関係位置が良く分かる、これもお勧めの一枚です。


さらに次は、SPRINTから南西方向にリンクするLDPハイウェイ(E11)のポンチ絵です。
ldproutemap.jpg
⇒ E11(LDPハイウェイ)拡大図

LDPとはLebuhraya Damansara-Puchongの略語で、ダマンサラとプチョンを結ぶ
高速道路なのですが、SPRINTから西、そして南にリンクし、シャーアラムや
プトラジャヤ、KLIA方向へのリンクとそれぞれの関係位置が分かる一枚です。


そして今日の最後は、KL中心部から南のプトラジャヤ方向に向かうE20です。

201305074000.jpg

⇒ E20(MAJUハイウェイ)拡大図 (PCでないと開けないかも知れません)
   注:メニューのEXPRESSWAY INFO→ EXPRESSWAY LOCATION

この絵は、左が北、右が南ですのでご注意下さい。

MAJUハイウェイと呼ばれるE20とMRR(Kuala Lumpur Middle Ring Road)との
リンクの関係位置などが分かる一枚です。


以上、今日はKL周辺地域の高速道路などについて知りえた情報を整理しながら
アップしてみましたが、まだまだ整理し足らないようで、ちょっとわかり難い
駄作になってしまったことを平にご容赦下さい。

なお、今日アップできなかったことがらについては、次回と言うことにします。

ではまた。。

追記(2015.1.29)
:スプリントハイウェイ(E23)及びLDPハイウェイ(E11)のポンチ絵のリンクが無効になっているとのご指摘を受け修正いたしました。ご指摘いただいた方、大変ありがとうございました。