今日は思いっきり恥を晒します。

実は、先週金曜日、1月11日のお昼ごろ、次のような電話を受けました。

POS MALAYSIAですが、あなたの荷物がこちらにあるのですが来れますか?
筆記してください、E-Noは○○○○○です、とのこと。

突然のことで何のことか分からず、POS MALAYSIA?KLIA?と聞き返すと、
今度は、いえLCCTです、エアアジアの、とのことです。

私がLCCTまで荷物を取りに行く?何のために?とさらに聞き返しますと、
もし来れないならばあなたにはオプションがあります。POS MALAYSIAを
エージェントとして指名することもできます、などと、訳の分からないことを
言うのです。

まったく寝耳に水のことで、意味も分からず電話口でしどろもどろして
しまいました。
すると相手は、ではレターを送りますので読んで下さい、と言って終話
となりましたが、、、、

電話を切ってから、落ち着いて考えてみると、POS MALAYSIAだから郵便だ、
BOXって言ってたから小包のことだろう、KLIAとかLCCTってことは航空便だ、
と、ここまではすんなりと思考が進むのですが、でも、何の小包?誰がどこから?
なんで自分で取りに行かなきゃいけないの???????

最近、経年性脳細胞減少症がすすんでいるのか、若い頃に比べてどうも思考が
鈍化していることを感じることが多いのですが、今回もしばらく悩んだ末、
あっそうか、もしかしたら変圧器のことかもって、やっと閃きました。

でも、まだ発注したばかりだったし、まさかこんなに早く着いてるとは
思いもしなかったのですが、EMS番号追跡してみると、果たして、到着後の
通関待ちとなっているではありませんか。

間違いなくこれのことだ、でもなんで通関できない??????

そしてこれもようやく思い出しました。

新品の電気製品には輸入関税がかかるんだってこと。

だから、海外引越し荷物に入れた新品はすべからく箱から出して、
中古品に見せるための偽装工作(笑)したじゃないか。。。

しかし、閃きが遅いよね、いやはや我ながら情けないです。

あぁ、バカだったなあ。。
なんでカシムラさんに直に発注してしまったんだろう、、、

まてよ、発注前にこっちの住所言って、発送大丈夫ですか?って
聞いたら大丈夫ですって返事だったじゃないか。。

でも、大丈夫って言うのは発送だけであって、最後まで送り届ける
ことまで大丈夫って言ったんじゃないんだ?

そっか、それもそうだよね、それが常識だよね。

それを勘違いしてしまって、業者さんだからその辺全部分かって
海外発送してくれて、ちゃんとドアツードアで届けてくれるんだって
自分に都合よく理解しちゃったんだよ。

アマゾンかなんかで購入し、一旦息子のところにでも届けさせて、
それから中古品の偽装してEMSで送らせれば良かったのに、、、
OH!!NO!! OH!!NO!! そこまで頭が廻らなかった自分がバカだった。。。

と言うことは、インボイスが必ず中に入っているだろうし、
価格をごまかすわけにもいかないし、税金、一体いくら払うんだろうか?

いやぁ、まいったなー。
またしても高い授業料だよなー。

で、今日です。

レター送るって言うから待ってたけど、1週間も経つのにまだ届かない。
痺れをきらして、今日電話したら、レター待ってないで、もし来れるなら
来て下さい、だと。。。

な、なんじゃとー? わりゃあ、んじゃ行ってやるよって、思ったけど、
実際には、Yes,I'm gonna come today と普通に言っただけなので、
こっちの気持ちは相手には正確には伝わっていないのが癪ですがね。

自宅のあるモントキアラからLCCTまで70km以上もあるんですよ。
ガーミンナビついてるから道は心配ないけど、問題はいくら税金取られるか、
ですよね。いくらガソリン代が日本の3分の1だって言ったって、遠いし、
高速代もかかるし、まったくいつまでバカなことやってんのかなーと、
つくづく自分が嫌になりました。

だって、もっとよく確認していれば、出国前に購入して引越し荷物に
含められたのに、追加発注なんて必要なかったのに、わざわざ高い送料払い
しかも今度は税金まで。。。まったくのアホバカぶりでトホホです。

思えば、ショートさせて交換したDesk Top PCの電源ユニットの件もそうだし、
自分がもっと落ち着いて判断したり行動したりしていれば防げたものばかり。

その都度、高い授業料払っているのですよ。。
もっともっと落ち着かなきゃと真剣に思い悩んでいる今日この頃です。

さて、と言うことで、今日は片道約1時間のドライブでした。
LCCTの手前右側にPOS MALAYSIAの大きな建物があります。
LCCTを背にすればこのように道路左側になります。

20130117000.jpg 

POS MALAYSIAのOFFICE入り口付近です。最初どこが入り口か分からず
ウロウロしましたが、セキュリティに尋ねて分かりました。
これです、矢印の奥のドアです。まるで倉庫の入り口です。

20130117001.jpg

先ず、ルーム2でEナンバーを告げ、荷物受取りと通関に必要な書類を貰います。

20130117002.jpg

次に、ルーム1のカウンターでその書類を提出し、左側のベルトコンベアで
自分の荷物を受け取ります。えっ、もう貰えるのかって、一瞬喜びました。
だってまだお金払ってないし、ひょっとしたら税金必要ないのかって?

でも、これぬか喜びでした。POS MALAYSIAのゲートのセキュリティパスも
求められたのですが、カウンターから書類返して貰う時、あれっパスは?って
聞いたら、いいから早くブルーのカスタムカウンターに行きなさいと言われ、
なんだ、あそこで税金払うんだってことに気がつきました。

20130117003.jpg

これが、カスタムです。

20130117004.jpg

私、やっぱり勘違いしてました。私の荷物をDETAINしたのは、
POS MALAYSIAでなくてPOS MALAYSIAにあるカスタムなんですね。

そっか、だから自身で取りにこれない場合は、その代理人としてPOS MALAYSIA
を指名し必要な費用を支払って、後刻届けてもらうとか、最寄のPOSに取りに行くとか
できるってことですか、それがオプションということですか。。。ふうーん。。

赤いTシャツのお兄さんの左にあるのが私宛の荷物です。
オープンしなさいって言われたので、全部開けたのですが、カシムラさんの
梱包がまた随分ご丁寧で、なかなか品物が現れません。

途中、係官にいろいろ質問されました。これはあなたが購入したものかどうかだとか、
いくらしたのかだとか・・・・、おお、ようやく出てきました。

でも、ずっしりと重くて(だって11kgもあるのですから)なかなか取り出せません。
興味深げにそれを見ていた係官、彼、いい年のおっさんなんですが
(と言っても私よりきっと若い)、またまた聞いてきます。

これ何するものかって聞くから、電圧のトランスフォーマーだって答えると、
日本ではマレーシアと電圧が違うのか、高いのか低いのかって言うから、
低いんです、100Vなんですって言うと、ほぉー、そうか、日本は100Vなのかなどと
言いながら、すかさず、で、いくらしたの?だと。。

あれっ、どうしたのかなインボイスが見当たらないぞって、探してたんだけど、
なかなか見つからないものだから、一瞬で、またまたズル虫が起きてきて・・
・・・・・えーっと、これ2万円です、って言ってしまいました、咄嗟に。。

そしたら、リンギに換算するといくらなのって言うから、わざわざ計算機出して
、えっと、678リンギですって言ったら、そのおっさん、ふふん、んじゃ、
これここ置いてしばらく待っとりゃあね(実際にこう言ったのではないのですが、
こんな雰囲気でした。)と言いました。

実際は5万円もしたんですけど、いくらかでも税金安くして貰いたいし、
これ人間の本望って言うか、でも浅ましい気持ちだったなって、待ってる間
ずっと反省してました。

もちろん、ここに来る前に、例のごとくいろいろネットで調べまくりました。
マレーシアのロイヤルカスタムのページで、輸入関税のレートを見たのですが、
どうも良く分かりません。

でも、分類にもよるようですが、10%ぐらいの関税かなって、そんな感じです。
と言うことは、さっき678リンギって宣告(私はそのつもり)したから、
税金は70リンギぐらいかなって思ってました。

しばらく待ってようやく係官に呼ばれました。
審査の結果、あなたは188.89リンギの税金を支払って下さい、とのお達しです。
えっ、188.89? 予想よりも高いじゃん、なんで????

手渡された書類を見て唖然としました。なんとそこにはカシムラさんからの
インボイスがホッチキス止めしてあるのです。

ど、どこにあったんだよ、これ?って冷や汗が出てきましたが、例のおっさん
ニヤッと笑うだけで何にも言いませんでした。

一言、6番のカウンターで支払って受け取り貰ってきてね、だと。。。

で、これが6番カウンターです。
支払いはキャッシュオンリーだそうです。
赤のTシャツおにいさんの次にちゃんと188.89リンギを支払い、
受取りを貰ってまた先ほどのカスタムカウンターに戻ります。

20130117005.jpg

でようやく、荷物の持ち帰りを許されました。
その前に1番カウンターに戻って、先ほど預かりされたゲートセキュリティパスを
もらい(そうです、そういう訳だったのですよ、なるほどねー。)無事に車に
積んで持ち帰ってきました。

これが、そのカシムラ製の3000W仕様のトランスフォーマーです。

20130117006.jpg

早速セットアップしましたが、これでようやく日本から持ち込んだ全電化製品の
使用が可能になりました。

でもこのために随分と散財しました、決して他人にはおすすめしません。
でも、この件に関し、ひととおりの知識経験が身につきましたので、なにかの際の
お役には立てるのかも知れません。(笑)

と言うことで、今日は、思いっきりの恥さらしでした。

あっそうそう、例のインボイスですが、よく見たら上箱のEMS送り状の横に、
透明ビニールの袋が張り付いてました。あの中にあったんですね、で、カスタムでは
先にそれを見て、品物の分類と課税額を計算できていたはずなのに、敢えて、
本人に申告させた、なんのために? 未だに不明ですが、結局課税額は、
ほぼインボイス記載の価格の10%でした。

ではまた。。
スポンサーサイト