2012年12月3日(月)は、生涯忘れられない日になるのだろうと思います。

朝から、このところずっと続いていた悪天が嘘のように晴れ渡り、
この時期、この庄内地方ではあり得ないほど澄んだ青空の元、
新雪を抱いた鳥海山がこれ見よがしに光り輝いていたのです。

これって絶対、鳥海山が見送ってくれてる!! そう思いました。(笑)

午後の酒田駅出発のため、起床から寸刻みのスケジュールに追われ、
余裕があるわけでもないのに、堪らずカメラ片手に車を走らせました。

先ず一番に、酒田本港の対岸地区(下瀬地区)に行きました。
思ったとおりです。港と街と鳥海山、素晴らしいコラボです。
しばし見とれてしまいました。

20121204005.jpg

酒田本港船溜りから見る鳥海山です。
歴史ある湊町酒田と鳥海山のベストマッチです。

20121204004.jpg

次に出羽大橋を渡り、最上川河口対岸地区(高見台地区)から見る
定番の展望です。鳥海山と最上川と湊町酒田の綺麗なコラボです。

20121204002.jpg

そして、高見台地区九木原公園から見た鳥海山です。
この時期、こんな綺麗な鳥海山はめったに見られないと思います。
感謝感激です、ありがとう、鳥海山。

20121204003.jpg

これは、酒田市平田地区から見た鳥海山です。
米どころ庄内平野と鳥海山、いつも見慣れた光景ですが、
今日は特別に愛着を感じます。

20121204000.jpg

鳥海山と落穂を啄ばむ白鳥たちです。
皆一様に首をもたげて、無遠慮に近づく人間(私)に警戒してます。

でもこうして鳥海山を近くに見ると、山肌のひとつひとつに思い出があり、
とても懐かしく、離れがたい気持ちですが・・・お見送りありがとう、鳥海山。

20121204001.jpg

程遠からぬ旅だにも袂わかつは憂きものを、
千重の波路を隔つべききょうの別れを如何にせん・・・

突然こんな古い詩(遠別離)を思い出しましたが、
庄内平野、湊町酒田、鳥海山そして里の山々、きっといつかまた来ます。
それまで元気でいて下さい、さようなら。。。 
スポンサーサイト