昨日の日曜日、ついに待望の仮承認書(Conditional approval letter)が
EMSで自宅に届きました。

実は先週の木曜日から4日間も山に入ってました。
いろいろな計画が詰まってしまい、結果としてそうなったのですが、
私としては、この仮承認書のことも気になるし、とても気忙しい週末でした。

おまけに土曜の夜は月山で雨風に祟られ、テントが飛ばされそうになったりで、
いやはや心身ともに疲れ果ててしまいました。

今日は、朝から山道具などの濡れ物・汚れ物の整備に追われそうです。

でも、昨日、山から下りてきて、EMSが届いていることを知らされ、
山の疲れも吹き飛んでしまいました。

この土日で届くかなあと、ちょっとは期待もしながらですけど、
もし届かなかったら、そして月曜も火曜も届かなかったらどうしようと、
内心では案じていたのです。

必ず近日中に届くことを信じ、今月中旬出発予定で航空券を購入し、
滞在ホテルもブッキングしていましたので、これでホッとしました。

と言うことで、以下、届いた仮承認書とその添付書類です。

先ず、封筒ですが、これは以前、申請受理書の時と同じEMSです。
発送日付は、8/28、先週火曜日です。私がイミグレに電話したのは
その前日の月曜日ですから、電話した翌日に送付手続きしてくれたと
いうことですね。

20120902000.jpg

そして、仮承認書2ページ綴りです。
記載内容はほとんどが既知のことばかりですが、
一点のみ気になるところがありました。
医療保険についてですが、これ(2ページ目)には
Health Insurance → (Required) とあります。

添付のGUIDELINES FOR MM2H PROGRAMには、
60歳以上の者の医療保険はオプションと書かれていますし、
多分これは60歳未満の申請者用なのだろうと思いますが、
念のためさきほど電話で確認しました。

やはり60歳以上であれば必要ないとのお話でした。
保険会社の引き受けできない旨のレター(Decline Letter)が必要なのでは?と
問いましたが、言下にそれも必要はありませんと言われました。

仮承認書1ベージ目です。

20120904000.jpg

仮承認書2ベージ目です。
ここにはイミグレに提出する書類と支払費用RM3800の明細が記載されています。
いずれも既知の内容で特に問題はありません。

20120904001.jpg


これがGUIDELINES FOR MM2H PROGRAMです。

Step One、特に問題なし。

Step Two、イミグレに提出する書類の枚数ですが、
以前も気になった「Original and copy」の意味は、
原本とそのphotostat copyで良いとのことです。
これも電話確認の結果です。

20120904002.jpg

そしてこれが、以前から不明点の多かったセキュリティボンドの
記載例です。ここでも何点か電話確認しました。

20120904004.jpg

まず、ADDRESS OF APPLICANT (PRINCIPAL) IN MALAYSIA ですが、
当然なのでしょうが、これは現在の日本の住所で良いそうです。
それと例の WITNESS欄 については、
マレーシア国内に友人知人が居る場合はその方、
そうでなければ帯同するWIFEで良いのだそうです。
いずれも電話確認の結果です。

これに関しては、いろいろな情報がありましたが、
私のケースでは公証人に依頼などと言う面倒は要らないようですね。

最後に、FD PLACEMENTとLIENに関するMM2H宛ての
BANKレターのサンプルです。

これはこのまま銀行に持参して、発行を依頼するのでしょうから
特に問題はないと思います。

20120904003.jpg

さあ、次はいよいよ、マレーシアに渡り本承認手続きです。

現在、現地でのコンド探しのために不動産関係のWEBSITEにて
各エージェントさんとメールでのやりとりを開始しています。

現地滞在期間中に条件に見合う物件が探せれば良いのですが、
果たしてどうなることやら、ちょっと不安もあります。

まあ、なるべく多くの物件のViewingが肝心かと思い、そのため
こちらでできる限りの打ち合わせをこなして行こうと思います。

それではまた。。
スポンサーサイト
今朝ほど、MM2HのWEB SITEで、Application Statusを確認したところ、
なんとApprovedに書き換えられていましたよ。

ふむふむ、この前電話で注意喚起したのが有効だったわい、
と思わず頷いてしまいました。

で、内容を見ると、

Result

1 Name      *******
2 MM2H Ref No      *****
3 Immigration Ref No   *****
4 Submission Date    02 July 12
5 Application Status   Approved
6 Approval Date   27 July 12
7 Conditional Approval Letter Sent on
8 Approved participant is given a period of six(6) month
 from this date 27 July 12 to comply with MM2H condition.
9 Remark:

新たにイミグレのRef Noが追加されていたのと、
StatusがUnder ProcessからApprovedに変わっていたこと
(Approved on FDの文字はなかったですね)、

そしてLetterの送付、ん?、これ日付が入ってないけど?

でも今週中に発送すると言ってくれたのだから、
期待して待つことにしますけどね。

それに、Approved Dateもこの前聞いた8月3日じゃないですね、
まあでも、私の場合、すぐ本申請に出向くつもりなので、
少々承認日がずれていてもまったく気にはなりませんが。。

いずれにしても、まもなく仮承認書が届くでしょうから
承認内容その他をすべて確認して本申請の準備をするつもりです。

ではまた、、、
今日昼前にイミグレユニットに電話しました。

最初は先週木曜日と同じ電話番号をコールしたのですが、
どうしても繋がらないので、やむを得ず、例のMOTの代表番号へ。

そこからイミグレをコールしてもらいようやく繋がりました。

そこで、用件は仮承認書の郵送受領の件だと説明すると、
担当の方かと思いますが、女性の方が電話口に出られて、
問われるままに、当方のRef.№と氏名を告げると、
この(私の)Applicationは確かに8月3日に承認されていること、
及び今後(私の)自宅宛に仮承認書を郵送予定であることを
教えてくれました。

確かに承認されていると聴き、あらためて安堵しましたが、
8月3日に承認されていて、まだ郵送もしていないのかと、
わが国の行政機関なら少々文句もつけたいところですが、
そこは南国マレーシア、官も民もざっくりのんびりなのだろう
と敢えて何も語らずです、ハイ。。

んっ、ちょっと待って、今後送るって、いつなんだよと、
すかさず、でも、ここは丁寧かつ執拗に聴きました。

当方、仮承認書を受領したらなるべく早くマレーシアに行きたい、
エアチケットやホテルのブッキングのこともあるので、
遅くとも来週初め、つまり9月第1週の初めには受領したいのだと、
先ず説明し、いつ送付してくれますかと、聞いたところ、
ならば今週中には必ず発送しますと応えてくれました。

承認書の郵送の件については、いろいろな方のブログを見ると、
送ると言われてから数週間も何ヶ月も待たされたなんてことも
あるようなので、最後に担当の方の名前を確認し(と言っても、
良く聴き取れないので、spell outしてもらいましたが)、
最後の最後に、私の仮承認書は貴方が今週中に発送してくれて、
私は来週の初めまでに確かに受領できるのですねと、くどいほど
念押しして電話を切りました。

あっそうそう、忘れてましたが、会話途中で例のweb siteの
application statusがupdateされていないことを指摘したところ、
その担当はここではないので担当部署(多分MM2Hセンター)に
言いますとのことでした。

次は、来週初めの仮承認書受領について、
承認書の内容や添え書きなどを含め、仔細に綴ります。
今日午前中にダメもとでMM2Hセンターをコールしてみたら、
意外なことに、なんと一発で繋がりました。

そこで、すかさず名前とMM2HのRef No.を告げて、Statusを確認してほしいと、
依頼したところ、ちょっと待たされましたが、既に8月3日で承認されていると、
ええーっ?? 驚きの応えが返ってきました。

いやぁ、ちょっとびっくりですね。

でも、8月3日に結果が出ていたということは、
ほぼ例の審査スケジュールどおりだったんですね。

それにしても、危惧したとおり、やっぱりWeb SiteのApplication statusは
更新されていなかったと言うことですね。

で、次にletterのことを聞きました。

そうしたら、MM2Hセンターでは分からないので、Immigrationに電話してねと、
イミグレユニットの電話番号を教えてくれました。

すかさず、Immigration Unitをコールしたところ、ここも一発で繋がり、
電話口のOfficerにApproval letterのことを尋ねました。

そうしたら、letterの受け取りは郵送か手渡しかと問われたので、
郵送でと応えたところ、ならば今日は郵送担当者がいないので、
来週月曜日にもういちど電話くださいとのことでした。

いやはや、なんと言うことでしょう。
でも目下の最大懸案であった、MM2Hの仮承認が取れたということは
私にとってひと安心です。今日は収穫がありましたね。

でもLetterを実際にこの手に取るまでは、気を抜かずにゆこうと思います。
とりあえず、来週月曜に再度イミグレユニットに電話して、
Letterの郵送の件、とりわけ、発送しているのかしていないのか、
これから発送するのであれば、いつ発送してくれるのかなどについて、
執拗に、かつ確実なところを押さえておきたいと思います。

あっそうそう、私の仮承認ですが、やはり「Approved on FD」だそうです。
もっともこれについては、提出したApplication FormにFDオプション希望と
私自身が記入したわけなので、当然といえば当然なのですが、
今になって思えば、収入オプションでも大丈夫だったかも知れません。

でも、最初から、少なくとも日本よりは利率の良い彼の地の銀行に
ある程度の定期預金をと考えてましたから、これはこれで良いのです。

ふーっ、今日はひとりで乾杯します。

ではまた・・・
夕方6時(現地5時)まで何回かコールしたのですが、
今日はとうとう通じませんでした。

最後にまたMOTの代表番号にかけ、今日は就業日と聞いたが、
MM2Hセンターに何度コールしても誰も出ないのはなぜかと尋ねたところ、
Minimum manningで数人のOfficerしか出勤していないからだろうとのこと。

なんと言うことか、それなら最初からそう言ってくれれば良かったのに
と思ったが、ここはぐっと堪えて、担当Officerと直接話ししたいのだが、
いつ電話すれば良いだろうか問うと、来週ならばいいでしょうとの返。

結局、Fireさんのコメントどおりなのかなぁ、と思いました。
まぁ、よく考えてみると、彼の地では、ラマダン明けには多くの人が
休暇をとるそうなので、これも良くあるストーリィなのかも知れませんね。

しかし、今回、ipod touchで初めてSkype outしてみましたが、
これってなかなか使えますね。
音声はクリアで、料金も結構安いし、感心しました。

電話の件は、明日以降も引き続きSkype outしてみます。
来週になれば通じるのでしょうが、1日も早く、結果を知りたいので。。
このところ10日以上も機能不全であったMM2HのWEBSITEが、
ラマダン休日明けの今日になって、ようやく復旧したようですね。

早速、私のApplication Statusを確認したのですが、
依然としてUnder Processのままです。

これって? 本当に審査がまだ終了していないのか、
あるいはWebsite上のStatusが更新されていないのか、
だんだん????が強くなってきたので、とにかく電話で確認するしかないと、
朝からずうっとコールしているのだが、これがなかなか通じない。

電話番号は、担当者直通やMM2Hセンターの共通番号(3本)にかけても
ダメ、ならばと、MOTの代表番号に電話したら、交換台と繋がり、
MM2Hセンターを呼んでもらったがこれもダメ。

交換に、MM2Hには誰もいないのかと尋ねると、昨日まではラマダン明けの休日
だったが、今日は就業日なので、誰も居ないということはない。
多分、忙しいか、人が少ないので電話に出られないのだろうと教えてくれた。

しょうがないので、また午後にでもコールしてみるね、と言って電話を切った。

やれやれ・・・・