最近、何に一番癒されるかと言うと、それはもう孫たちをおいて他はありません。もちろん、旅に出て見知らぬj町を歩いたり、可憐な山野草を眺めたり、旧知の友と談笑したりすることも十分な癒しなのですが、孫たちの場合は別格です。

しかも孫たちと遠く離れている今はなおさらのことです。スカイプやラインのテレビ電話(ビデオ通話)で時々は顔を見たり、お話したりして、寂しさを紛らすこともできるけど、やっぱり直に会いたい、そして一緒に遊びたい、いつもそう思っています。

今回一時帰国の初日の朝、早速あーちゃんがじぃじのところにやってきました。
まだ起きたばっかりで寝ぼけ眼をこすりながら、一生懸命になにかお話しています。

でも、じぃじはそんなお話なんか、ちっとも耳に入りません。だって、その愛くるしさ、見ているだけで思わずうるうるきそうだったんです。思わずぎゅっと抱っこしたら、あーちゃんがじぃじのホッペにチュッしてくれました。もう堪りません、朝からフニャフニャ、メロメロになってしまいました。(すみません、自分の孫娘を惚気たりしてホントにバカなじぃじです)

でも、あーちゃん、来年は小学生だし、もうこんなことはしてもらえないだろうなと思うとちょっと寂しくなりますが、それにしても子供の成長は早いですね。にぃに(孫息子のこと)の方は、早くも4年生、いつのまにか話し方も大人っぽくなってしまって、3歳のころ、何ヶ月も親と離れて山形に居たのがついこの前のことのように思えるのですが、時の流れはホントに速いものですね。

側で二人を見ていると、この上ない幸せを感じるのですが、この子達といつまで一緒に居れるのか(私がいつまで元気で居れるのかと言うことです)と考えたりして、時々ふとわれに返ります。



話は突然変わりますが、この時期の日本は、本当にいい季節ですね。

娘(長女)が自宅の小さな庭に植えているバラなどの花が一斉に咲き誇り、それは見事なものです。いつのまにか花好きになった様子の娘ですが、かつて、山形の自宅の庭にバラを植え、玄関先にバラの生け垣を作って悦に入っていた母親にそっくりで、母娘ってこれほど似るものなのですね。

私には名前も良く分かりませんが、バラの花や周りの緑を眺めていると心が癒されます。(かつてはよく山に登り、途中の高山植物やその他の可憐な山野草に随分癒されましたし、名前や植生なども懸命に勉強したものです)

以下、長女が育てたバラなどの庭の花たちです。名前などの詳細がまったく分からないので、コメントはなしです、写真だけアップします。

2014060403.jpg

2014060404.jpg

2014060405.jpg

2014060406.jpg

2014060407.jpg

2014060408.jpg

2014060409.jpg

2014060410.jpg

2014060411.jpg

2014060412.jpg

以上、娘の家の小さな庭に咲くバラたちでした。

さて、皆さんはスポーツエンターテインメント施設とかスポーツアミューズメント施設って知ってますか?
私は、初めて耳にしました。(きっと私が世の中について行けていないのだと思いますけど)

実は、帰国滞在中の日曜日、孫たちファミリィとスポッチャと言うスポーツエンターテインメント施設に行って来たのです。

スポッチャ?スポッチャってなに?って思われた方、多分私と同年代ですね。ラウンドワンとかスポッチャとか、我々世代にはなんのことかワケの分からないワードが出てきて面食らってしまいますが、聞けば、このような施設が全国に普及して久しいのだそうです。

へへん、まだ分からないでしょう。ヤング世代や良くこのような施設を利用されている方々にとってみれば、そんなことも知らないの?随分遅れてる、と笑われそうですね。

まっ、百聞は一見に如かずです。これをご覧あれ。
ここは孫たちファミリィとやってきた、スポーツエンターテインメント施設のラウンドワンでスポッチャを併設しています。。

2014060501.jpg

そっか、最近では単なるゲーセンとか単体のバッティングセンターやビリヤードとかではなく、こういう遊びやスポーツ的なものを一緒くたにまとめた総合施設が流行ってるんだ。。これで多分間違ってないですよね?

2014060502.jpg

ボウリングとか、ビリヤードとか、ダーツとか、とにかくいろいろなことが一箇所の施設でできる、ナルホドな場所なのですが、それにキッズも遊べるスポーツアミューズメントのスポッチャを併設したのが「ラウンドワンスタジアム」なのだそうです。
(でも、なんかますます分からなくなってきていませんか?)

とにかく、百聞は一見に如かずですから・・

ん?Spo-chaの文字の上に、スポーツ&レジャービュッフェと書いてあります。Leisure Buffetだなんて、和製英語の典型に思えますが、意味は分からなくもないです。(要するに何でも何度でも遊べるってことなのでしょうね)

2014060503.jpg

でもなんか、やたらと横文字が多くないですか?AMUSEMENT,,,RELAXATION,,,ENTERTAINMENT,,,,,etc.

2014060504.jpg

2時間とか3時間とか、入場料を払って決められた時間内であれば何を何回プレイしても良いのだそうです。で、子連れのファミリィにはとても優しい料金体系でもあるらしく、孫たちのお気に入りのプレイスなんだそうです。

2014060505.jpg

ここはなんですか?ほほぉ、3on3(3人制)バスケのコートですか。1組10分までと注意書きがありましたが、コート入り口にタイマーがありそれで順番を待つんですね。

2014060507.jpg

にぃにとあーちゃんが最初にやろうと言ったのは、バスケットコートの向こうにあるミニフットサルのコートでのサッカーボール遊びです。まだ、順番待ちもなく、のびのびと遊べました。

20140606000.jpg

次にトライしたのが、初めての経験、ローラースケートです。
でも、ここって、道具もなにもかも貸し出し無料って言うか、入場料込みなのだそうですが、まったくの手ぶらで来れるし、絶対いいですよね。もちろん全施設とも手ぶらでOKです。

2014060509.jpg

二人とも、初めてなので壁の伝い歩きです。じぃじもやってみてよ、と言われてトライしたのですが、直ぐにすっころんで脚腰をしたたかに打ちました。これ、今でも後遺症が続いています。(笑)

2014060710.jpg

中には、こんなキッズのボーリングの遊び場があったり、

2014060511.jpg

なんと、卓球台もありました。じぃじの得意の卓球なので、にぃにと初対戦してみましたが、じぃじはなぜか空振りばかりでいいところをまったく見せられませんでした。

2014060512.jpg

さぁ、次は何して遊ぼっか?おっ、これにぃにの得意なエアホッケーじゃん。えっ、これもお金要らないの?すごくいいね、ここ。二人で仲良く上手にできるかな?

2014060717.jpg

そして、噂に聞いていたスポッチャの「カラオケ」ルームです。スポッチャの外(ラウンドワンの中)にも立派なカラオケがあるのだそうですけど、ここはスポッチャの入場料だけで利用できるのが売りです。

早速、二人で交互にテレビの人気アニメ「妖怪ウォッチ」を歌います。
なんと、歌い終わると画面に採点が出てきました。二人とも、それを競って何度も歌います。

2014060514.jpg

いやはや、なんと言う時代でしょうか。こんな二人が大人になる頃の日本はどんな変貌を遂げているのか、ちょっと末恐ろしい気もしないではないのですけどね。。

2014060515.jpg

この他、スポッチャ(SPO-CHA)では、実に様々なスポーツが楽しめます。
例えば、テニス、バドミントン、キャッチボール、ピッチング、バッティング、フリスビー、パターゴルフ、ゴルフ打ち放し、アーチェリー、ポケバイ、ロデオなどなど、まだまだ他にもたくさんあって遊びきれないほどです。

もちろん、中にはフードコートもあったり、ドリンクバーもありました。ドリンクは何度もお代わり自由でカラオケルームへの持込みもできました。しかし、これでファミリィみんなで数千円で済むなんて驚きです。

今はこんな時代なんですね。サービスもここまで進化させないといけない時代なんですね、なんて、今浦島のように呆然としてしまいましたが、マレーシアにこんな文化が定着するのはあと何年後、いや何十年後なのだろうかと考えさせられました。

最後に、スポッチャにはこんなプレイスもありました。そうです、マッサージチェアです。最近私は、KLのショッピングモールなどにある有料のマッサージチェアを良く利用しているのですが、それがオドロキの無料かつ最新型です。

2014060520_20140605143016479.jpg

いやぁ、このスポッチャ、孫たちだけでなく、私もいっぺんに好きになりました。
と言うことで、今日は、こんな素晴らしいスポッチャをまだご存知ないかも知れないわが同世代の方々に是非お知らせしたくて書いてみました。ではまた。。
スポンサーサイト
今日は、可愛い孫たちがマレーシアにやってきた、の巻です。

孫たちにまるで目がないじぃじとばぁばとしては、この日が来るのを一日千秋の思いで待っていて、今まで同様、いや今までよりもずっと準備万端整えて、満々の迎撃態勢をとっていたわけです。

だから朝3時、まだ真っ暗いうちに空港に出迎えに行くことなんかもちっとも苦にならなかったし、毎日、朝から夕まで、いや朝から朝まで、可愛い孫たちと一緒に過ごせることがなんと幸せなことか、しみじみと噛みしめてました。

しかし正直言って、空港で孫たちを見送った後は、気が抜けて疲れがいっぺんに出てしまい、二人ともちょっと寝込んでしまいました。

特に、孫たちの対応行動計画のすべてを采配したこのじぃじとしては、もてるエネルギーのほぼすべてを使い果たしました。

でも幸せでした。世の中にこんな楽しいことがあろうかと言うぐらい、幸せでした。

今、孫たちが帰った後の残務整理をしています。

一緒に遊ぶのに夢中になり過ぎて、いっぱい撮ろうと思ってた写真もあんまり撮れてなかったし、振り返れば、いつものことですが反省点は山ほどあります。

このブログに、自身の家族の写真を載せたり綴ったりすることには、やや抵抗があるのですが、以下、可愛い孫たちへの、じぃじからのラブレターと言うことで大目に見ていただきたいと思います。


これ、KLCC公園の噴水池のところです。二人とも変な顔してる。

変な顔しちゃダメって言うと、ますます変な顔です。

201309041000.jpg

これは、スリアKLCCのセンターコートです。

変な顔しちゃダメだからねって言って、こんな顔です。

20130904006.jpg

Berjaya Times SquareのTheme Parkにやってきました。

最初はGalaxy StationのCoort's Expressです。

20130904000.jpg

じぃじとにぃにが乗りました。意外に高速スピンで時間も長い。

じぃじもちょいビビリでした。にぃには、こんなのへっちゃらだい、と言ってました。でも、ホントは相当ビビッてました。だって、じぃじの手をずっと握ってたし・・・

これは、7FにあるFantasy GardenのFlying Bumbee Beeです。

20130904001.jpg

一見、仲良く乗っているように見えますが、なんのなんの・・

最近、あーちゃんも負けていません。なおくんにぃにもたじたじです。

20130904002.jpg

将来はどんな女の子になるのかな。ゼッタイ、負けん気の強い女の子だろーなー。。

今度は同じFantasy GardenのHoney Bumpです。

20130904003.jpg

最初は運転の仕方がよく分からなくて、あっちこっちうろうろしてたのが、憶えたら強いのなんのって、積極果敢に突っ込んできてはドッカーン。。アッハッハーって笑ってまたドッカーン。。いや、まいったねーー。

これは、直ぐ隣にあるBotanic Drive。今度はファミリーで乗りました。

201309042000.jpg

こうやって眺めていると、ずっと遠い昔を思い出します。

西武園遊園地とか豊島園遊園地とか、随分通いました。ここに写っている長女が5歳、長男が3歳のころです。昔5歳の長女も今じゃアラフォーです。ブログに写真出すけどいい?って聞いたら、ダメっ、絶対ダメっ、モザイクかけなきゃ怒るからねっ、て強く言われました。


ある日の夜のこと、KLタワーからの夜景を見に行きました。

タワーの足元についたら、二人ともなにやらがさこそと取り出しました。

201309045000.jpg

なんと、ライトアップされたKLタワーを、なおくんは3DSで、あーちゃんはにぃにのお下がりDSで写真撮影しようと言うのです。

201309043000.jpg

でも、3DSでもDSでも夜景の撮影は上手に撮れないらしく、二人ともぶつぶつ言ってました。

で、次に取り出したのが、スマホです。な、なんと二人ともスマホを持っているのです。このじぃじでさえ持っていないと言うのに・・

201309043001.jpg

スマホのほうが夜景がきれいに撮れるのかなー。。

ここ、タワーの展望デッキですが、あーちゃん、にぃにの方にスマホを掲げて、もおっ、ツインタワー見えないから、そこどいてよーって、文句言ってます。

ところで、なおくんにぃにが持ってる3DSって、wifi通信ができるのですね。知りませんでした。車に乗ってて、にぃにが、突然、今UAEの人とすれ違った、今度はイギリスの人だ、なんて、最初はにぃにがなに言ってるのか意味がさっぱり分からなかったけど、これすれ違い通信のことなんですね。

そうです、なおくんパパがモバイルのwifiモデムを携行してるから、いつでもどこでも、3DSからのすれ違い通信ができるということなんです。

と言っても、分からない人にはなんのことかさっぱりでしょうけど、でも、これって、私ら団塊の世代には隔世の感があります。私は、同世代の中ではITには強いほうだと自負しているのですが、いやはや今や9歳のなおくんにも既にすっかり負けています。
(注:ニンテンドー3DSのすれ違い通信とは、近くにいる人にキャラクターやプロフィールを送信して、データ交換できるシステムで、海外においてはいろんな国の人とすれ違えて大変面白いのだそうです。いや、まいりました。)

さて、次は孫たちの最大の楽しみ、Sunway Lagoon Water Parkです。

201309044000.jpg

Surf Beach Entranceのチケットカウンター前です。
なおくんにぃにの決めポーズです。既にかなりテンションハイです。

後方に、黒づくめのアラブの方が見えていますが、中に入ったらその多さに驚きました。アラブの民族衣装のニカブを纏った方が大勢いらっしゃいました。

ところでムスリムの方専用水着ってあるんですね、頭を隠すやつ。。
ブルキニって言うんだそうですが、Sunway Lagoonでいっぱい見ました。

おおっ、これはカッコいい。。さすが、普段からスイミング教室通ってるだけあって、泳ぎも潜りも様になっています。可愛い孫の成長を実感しました。

201309043002.jpg

こっちは、あーちゃん。まだ浮き輪なしでは泳げません。

201309043003.jpg

でも、この日一日だけで、顔を水にちょっとつけるだけのレベルを脱し、完全に身体を水に潜らせるところまで、がむしゃらに進歩しました。

そして、二人仲良く決めポーズです。

201309043004.jpg

この他、にぃにとじぃじやパパの一応男性チームは、チューブスライダーとかスリルあるアトラクションや5DのTheaterに挑戦しましたが、お尻をぶつけて擦りむいたり、冷たい水をぶっかけられて、ぶるぶる寒い思いをしたりして、楽しくもアリ、痛くもアリ、そして南国マレーシアで風邪引きそうにナリでまぁ、忘れられない思い出はいっぱいできました。

そんな、楽しい毎日もあっと言う間に終わり、いよいよお見送りです。

20130905000.jpg

お互い(じぃじと孫たち)寂しくて、泣きそうになりながらも懸命に堪えて、ごまかしのふざけマンをやりながら、MAS航空で成田に飛び立っていきました。

201309043005.jpg

次に遭えるのはいつか分からないけど、みんなぁ、元気でいろよぉ。
風邪引くな! いっぱいごはん食べろよ! いっぱい遊んで勉強しろよ! 
じぃじもまだまだ死なないで、元気で頑張るからさ!
今回の一時帰国のおまけのご褒美は、もちろん可愛い孫たちとの再会です。
私は、外見もしぐさも別に変わったところはない筈なのに、不思議なくらい
子供たちに好かれます。

元来の子供好きなのかも知れませんが、子供が近づくとつい楽しくなって、
声をかけたり、触ったりしたくなって困ります。

もっとも今時は変な人に見られないようじっと我慢していることも多いのですが・・

マレーシアのコンドミニアムにも、孫のような子供たちがたくさんいます。

肌の色や髪の色が異なる多国籍の子供たちですが、その可愛さは万国共通です。

いつもみんな一緒になってわいわい楽しく遊んでいるのですが、
私もその輪の中に入りたくて、一緒に遊びたくて、うずうずしてしまいます。

子供は可愛い、掛け値なしにそう思いますが、中でも孫たちは格別です。
単に血が繋がっているからだけではない、何か特別な感情なのです。

生まれてまもない、まだ言葉も話せない幼い頃から、心を通わせているし、
だから目を合わせただけでもう気持ちが通じ合う、そんな深い絆があるのです。

妹のあーちゃんです。飛び切り可愛いです。ちょっと目がヨッちゃいましたけど、
そこがまたとっても愛くるしい、なんて、こうなるともう手のつけられない
本物のじじバカ振りですね、ハイ。

20130416000.jpg

にぃにです、今年3年生になりました。
ニンテンドーの3DSに夢中です。こんなに真剣な顔して、お勉強の方はどうなのかなぁ??

20130416005.jpg

その傍で、いつもひょうきんなあーちゃんです。
でも、あーちゃんもにぃにのお下がりDS持っていて、時には真剣な顔をしています。

20130416006.jpg

ねぇ、じぃじ、お外であそぼおよって、二人に誘われて、近くの公園にやってきました。
元気に走り回るあーちゃんです。

20130416001.jpg

にぃにのサッカーボールだって、ほらこんなに上手に蹴れるんだからって、
格好はまぁまぁだけど、でも、このあとみごとな空振りでした。

20130416002.jpg

それを見ていた直くんにぃに、妹にボールの蹴り方とかを教えます。
こうやって見ていると、すっかり立派なおにぃちゃんだけど、実際はどうなのかな?

201304161001.jpg

でも、あーちゃん、にぃにのお話なんて、ちっとも聞いていません。
下を向いて、一生懸命、草をいじってまーす。

20130416003.jpg

ほら、見てみろよって、直くんにぃに、かっこよくボールを蹴ります。

201304161000.jpg

そして、ボールのほうにヨーイドンです。
二人とも、いつもこんなに仲良しだといいのにねぇ。。

20130416004.jpg

上の写真にはありませんが、じぃじも一緒になってボールを蹴ったり、
走ったりして、お陰でちょっと腰を痛めてしまいましたが、とっても楽しい、
孫たちとのひとときでした。

この先、いつまでこの孫たちと楽しい時間を共有できるのだろうと考えると、
ふと寂しくもなりますが、だからこそ、会えるときの一瞬一瞬を大切にしようと
心を新たにしました。

そして、別れ際、直くんにぃにが、じぃじに見られまいと必死に隠した涙顔、
このじぃじは決して忘れない。ありがとう、にぃに、あーちゃん。。

今度は、マレーシアで待ってるからね。それまで、バイバイ、、、

孫たちが夏休みに入り、
今年も埼玉の娘家族が実家のある山形にやってきた。

いや、私の子供たちは、この家で生まれ育った訳ではないので、
ここは実家ではなく「実父母の住む家」と言うのが正しいのだろう。

生家でもなく故郷でもないので、
この家にも山形の地にも執着も興味もないのだろうが、
たまたま親が住んでいるからと言う理由だけで、
遠くからやってくるのである。

普段、親孝行とか親思いなどの言葉を忘れたかの我が娘だが、
こうやっていつも遠くから家族を連れてやってくるところを見ると、
まだ捨てたものではないのかも知れない。

ともかく、私にとっては孫たちがやってくるということ、
それ自体が極めて重要なイベントなのである。

目の中に入れても痛くないほどに可愛い孫たち、
さて今年はどうやって楽しませてやろうかと、思いを巡らせ、
海・花火・キャンプをテーマに決めた。

本当は鳥海山の山登りでもといきたいところだが、
(娘から)死ぬほど反対されるのは目に見えてるし、

キャンプにしても、暑いとか、虫がいるとかで、
多分嫌がるだろうけど、これだけは絶対譲れない。

なにせ、こっちは来る日のために何年もかけて、
少しずつファミリーキャンプのグッズを買い揃えてきたのだし、

まして、年末のマレーシア移住を決心したことから、
孫たちとのファミリーキャンプは今年が最後のチャンスなのだ。

誰がなんと言おうと今年はキャンプに行くぞ、と意を決して、
みんなに話したら、うん、いいよ、だって。ちょっと拍子抜け。

ところがどっこいこれがタイヘンの始まりだった。
今年の夏は異常に暑い。孫たちが着くや急に暑くなったのだ。

暑いから、涼しいところに行こって、
先ず向かうは庄内唯一のデカモール(メガモールではない)だ。
註:メガ(mega)は百万、デカ(deca)は十の意で規模を表す。

ええっ?コインゲームやるの?
だって、山形に行ったらやっていいってお母さんに言われたから、だと。。。

だけど、二人ともナニコレ?
妙に真剣な顔つきのあーちゃん、コインなんか一杯取ったって、
なーんにもならないんだよーん。

20120727001.jpg

そして次の日、いよいよ海、花火、キャンプの日です。
やってきたのは山形県西浜海水浴場。

なおくん、数年前まで怖がって泣いてたくせに、
いまではこんなんだよ。

20120728001.jpg

なかなかカッコいいじゃん。

20120728002.jpg

二人とも大はしゃぎで楽しそう。でも、
タイヘンなのはじぃじだよ、朝からキャンプの道具を積み込んで
キャンプ場に車で運んで、テント張って、いろいろ準備して、
もおっ、暑いのなんのってはんぱじゃないんだからっ。

20120728003.jpg

バーベキューの後は、西浜花火大会だよ。
いつかここで大雨に逢い早々に退散させられたけど、
今年は大丈夫だろうな。

でも、ここの花火、海上に向けての斜め打ちがいい。
孫たちも大喜びだ。人出も信じられないほどで、おかげで
アテにしていた出店の生ビールも売り切れで、
じぃじとしては大弱りだがしょうがない。

20120728004.jpg

なおくん、持参のDSで写真撮影だって。
でもDSってカメラ機能もついてるんだ?
知らないのは年寄りだけだって。。

20120728005.jpg

そしてキャンプ場の朝でーす。
でも、そんなに簡単に朝が来たわけではないのです。

昨日は大汗かいて、バーベキューの食材やらなんやら
いろいろ準備したのに、肝心のビールを忘れた。
いや、まったく持ってこなかったわけではないが、
たった2缶で足りるわけがない。
飲んでるうちから汗になるんだからっ。

なくなったら買ってくればいいだろうって?

えぇえぇ、私もそう思っていました、最初のうちは。
でも、いろいろ忙しくてそんなヒマなかったんだよ。

だから、夜の花火大会でしこたま生ビール飲むぞって思ってたのに、
なんと、売り切れだと。。。とほほ。

キャンプ場に戻って、落ち着いたら最寄のコンビニまで
買いに行こうと思ってたのに、えっ?、ダメでしょ、
まだアルコール残ってるかも知れないしって諌められ、

そんなバカなと思ったが、30分はかかるであろう距離を
歩く元気もなく、仕方なく、寝るしかないなぁって、
寝ようとしたんだけど、いや暑いのなんのって。

寝られないって、あの暑さじゃ。。
朝まで暑いし風がないし、
いやはやタイヘンな夜でしたなぁ。
体重2kgは減ったな、多分。

20120729001.jpg

でも、タイヘンはまだ終わらないんだよ。
後片付けがあるし、いろいろ考えると頭が痛い。

毎日朝から暑いし、孫たちとさあどこへ行こうか、
やっぱり冷房の効いたところだと考え、
今日は、酒田市中町にある児童センターにやってきた。

以前はなかった壁登りがある。
早速クライミングに挑戦する孫たち、
うんうん、なかなかやるじゃん。

20120730001.jpg

そして、今年も孫たちとの夏休みはあっと言う間に終わった。
慌しくも充実感のある日々であった、が、心底疲れた。
連日タイヘンが続き、もうへとへとになった。

でも、孫は可愛い。なおくんも、あーちゃんも、世界一可愛い。
だから、また聞いてみた。
ねぇ、あーちゃん、あのさ、この前じぃじとけっこんするって言ったよね?
でもさ、やっぱおかあさんとするって言ったよね?
じぃじとけっこんするって、ウソだったんだ?

えっ?ウソじゃないよ、ホントだよ。

だったらヤマガタの子になる?

えっ、ヤガマタ(ヤマガタではない)の子になったら
おかあんがカワイソーじゃん、だからムリっ。
おかあさんと一緒に帰るっ。

まっ、やっぱじぃじなんてこんなもんだよ。
しょーがないよ、これでいいのだ。
2012.06.11 孫とお留守番
先月のフリマに関する記事の中で、親に似ずしっかり者の
娘夫婦のことを少し書いたが、今度は海外の銀行口座開設のため、
夫婦二人で渡航すると言う。

夫婦二人で家を空ける
   ↓
孫たちだけが家に残る
   ↓
誰かが面倒見る
   ↓
暇なのは誰か
   ↓
山形のじぃじとばぁば

と言う必然的な模式が出来上がる訳で、
まぁ別に反対する理由もないし、他の用事もあるしで、
ほいほいと二つ返事で引き受けた。

上のなおくんは、3歳の時に、妹が産まれる前、しばらく一人で
山形に来ていたし、その後も何度か親抜きで過ごしたことも
あるのでまったく心配なかったが、問題は下の女の子だよ。

今回はじめて親抜きとなると言うのだ。
しかも、この子は特に甘えん坊で、普段から母親べったりなのだ。
果たして、親抜きで無事に過ごせるのか、ちょっと不安。

なおくん、小2、7歳いやこの5日で8歳になった。

022 のコピー

ちっちゃい頃からじぃじ大好きの男の子、WiiとかDSとか言う
ゲームに無我夢中で、果たして毎日の宿題はどうなるか。

妹のあーちゃん、幼稚園、3歳、来月4歳の誕生日。
あかちゃんまんを自称する甘えんぼ、泣いたら手がつけられないらしい。



親が出かけること、
ちょっとだけ家に戻らないこと、
その間、じぃじとばぁばと一緒に過ごすんだよと、
ちゃんと言い聞かせたから大丈夫だよ、
と言って親はさっさと出かけて行った。

さて、ここから始まる笑いと涙のストーリー
ほんのちょっとだけ紹介しますね。

なおくん、早速ゲーム開始、えっ?宿題は?
と言うも聞こえないフリ。
どうも、じぃじは甘く見られているらしい。
あまり言うこと聞かなかったら、怒るからねって言うと、
すかさず、だったら学校休むからねだと。。

一方のあーちゃん、親が居なくなった途端、えっなになに?
と言うほど、今度はじぃじにべったりくっつきまくり。
顔やおなかや手足など、触りまくりの、舐めまくりの、、
それを見たなおくん曰く、うわっ、きっもちワルーって。。

あーちゃん、じぃじとけっこんするーって。
うんうん、例え3歳児でも悪い気はしないぞ。
そのうち、突然気配がなくなったと思ったら、
すやすや寝てる。ふふふ、まだまだあかちゃんまんだよねー。

そして深夜、闇を切り裂く突然の号泣。
いやはや、なかなかどうして、たいした泣き方だよ、
でもこれぐらいでめげるじぃじではないぞ、、
とは言うものの、まだ初日だよ、トホホ。。。

朝が来て、小学校と幼稚園に送り出し、夕方にはお出迎え。
先ずは、なおくん、小学生のお見送り。じぃじが玄関前で
ふれーふれーって、言ったげようかと言うと、本気になって
恥ずかしいから絶対やめてって、怒る。





かさ、忘れ物だよーって、追いかけると、逃げる。
追いついてかさを渡す。もおっ、おっきな声で呼ばないでよ、だとさ。。

さて、こちらはあーちゃん。
今日は体操着で幼稚園。
いそげいそげ、朝からかけっこしーだよ。



今日は可愛い制服あーちゃん。
ちょっとおすましして幼稚園バスを待ちます。



幼稚園バスがきました。
突然おりこうさんに変身するあーちゃん。
え?いつもの甘えんぼあーちゃんはどこ行ったかなー?



そして夕方、そして夜。
昨日とおんなじ泣き笑い。
気丈にも、ずっとこのままでいいよ、だと。。
そりゃそうだ、二人とも、甘えるだけ甘え、
わがままし放題だもの。



でも、そんなこんなであっと言う間に時は過ぎ、
そして、親が帰ってくると、件のあーちゃん、
途端に手のひら返したように、じぃじとけっこんしない、
やっぱ、おかーさんとするー、だとさ。

まっ、じぃじなんてそんなもんだよね。。
そんなもんなのさ、、、
2012.05.04 孫とスカイプ
月並みだが、孫は可愛い、果てしなく可愛い。
生まれたときから、ずっと可愛い。

二人目もまた可愛い。
ちょっとおませな女の子、
いつもじぃじが好きって言うけど、
まさか、お世辞?

山形と埼玉で、遠く離れて暮らしているから、
年に数回程度しか逢えないのが寂しい。

だから、スカイプのテレビ電話が無性に楽しい。
ねぇねぇ、今晩テレビ電話できる?って、
小2のなおくんに聞くと、ちょっと考えて、
うーん、でも明日学校だから、少しだけだよって。
ちゃんと、気配りもできるんだ?

これって、
なおくんはじぃじとばぁばの宝物だからね、
世界一大好きだからねって、
生まれたときから言い続けてきたおかげかなあ。

妹のあーちゃんは、
今日も、元気に幼稚園バスに乗ったかな?
なんでも食べれるあーちゃんだから、
ちゃんとハナマルもらえてるかなぁ?

だけど、マレーシアに行くと、ますます遠くなるね。
でもさ、今までだって、そんなに会えてないんだし、
マレーシアだってスカイプできるし、、できるよね?

それにさ、もっと大きくなったらさ、
二人でマレーシアに来ればいい。
絶対来てよね、きっと楽しいから。

最近、通学児童の列に車が突っ込んだとか、
ひどい事故が多いけど、もし、あれがかわいい孫たち
だったらと思うとぞっとする。

そんな幼いいのちがと考えると、いたたまれない。
もしこの命とひきかえに、
可愛い孫たちを救ってもらえるなら、
是非そうしてくださいと、きっと、そう言うと思う。