• 「ボラベン高原バイク駆け」なんて書くと、なんだか壮大なアドベンチャートリップを期待されてしまうかも知れないけど、実は全然そんなことなくて、単なるオヤジ組のスクーター乗りなんちゃってアドベンチャーなんです。最近は、例のPRU14(マレーシア第14回総選挙)のことが気になって気になって、ホント夜も満足に眠れていない状態なんです。ラオスの続きを書かなきゃと思いつつも、寝るのも惜しいくらいPRU関連のマレー語ニュース... 続きを読む
  • ↓朝6時、タッド・ロー(Tad Lo)ビレッジの静かなる夜明けです。 反対側(西側)は↓こんなビュー。向こうに見える滝を撮りに行ってみました。 ↓今は、乾季も終わりに近いと言うのに水量はまだ十分なようですね。 ↓これがタッド・ロー 第1の滝タッド・ハン(Tad Hang)だ。(ここをクリックするとパノラマビューが開きます)↓これは雨季のタッド・ハン。ネットからの借り物画像だが恐ろしいほどの水勢だ。 ↓ゲストハウ... 続きを読む
  • Day1は、まるで拷問のような「夜行寝台バス」に乗って首都ビエンチャンから南に670km下り、ラオス第2の都市と言われるパクセ(Pakse)にやって来た。下の黄色線で囲ったところが、今回バイク旅の起点(終点)となるパクセと、その東方に位置するボラベン高原(Bolaven Plateau)だ。今回バイク旅は下図に示すとおり、メコン河畔の町パクセを起点に、パクセ東方に位置する標高約1000mの赤土の大地、ボラベン高原をレンタルバイクで時計... 続きを読む
  • 当日は、朝4時にGrabではなくUberをコール(※)、今回旅のバディ、スイスオヤジのピーター(以下P氏と呼称)を途中でピックアップしてKLIA2に向かいました。※なぜGrabではなくてUberなのかと言うと、実は直前まで知らなかったのですが、立ち寄り場所(ピックアップ/ドロップオフポイント)を追加した場合の運賃が、なぜかGrabよりUberの方がずっと安いのです。ただしこれは要注意ですけど、Uberの場合は、アプリの場所追加の方法が明快で... 続きを読む
  • 突然ですが、今サザンラオスをバイクで旅しています。実はこのブログ記事はマレーシア出発前の3月7日に予約投稿したものですが、8日から16日までサザンラオスをバイクで走り回る予定です。先月、急な用事で日本に一時帰国してきたばかりでまだその余韻(風邪っぴきの余韻)も冷めやらぬうち、今度は恒例の国際オヤジトリオのバイク旅です。とは言っても、今回はちょい悪オヤジのシルフィウスがまだドイツから戻って来ていないので、... 続きを読む

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR