FC2ブログ
  • 今日は久々にマレーシア魚市場実用辞典の続きを書きます。前回の魚市場実用辞典(その4)が3月20日でしたから、それから随分間が開いてしまいましたね。ところで、私は相も変わらず美味い新鮮地魚を刺身で喰らう自己満足な食生活を続けているのですが、5月の一時帰国から戻って以来、なんだかんだと日常生活上のトラブル対処に追われていたせいで、他のみなさんを魚市場ツアーにご案内することや旨い刺身を一緒に喰らおう会を催すこ... 続きを読む
  • みなさん、こんにちは。本記事をアップする予定の3月29日、実は私は旅行中で自宅にはおりません。インターネットも携帯電話も繋がらないであろうボルネオ島の真正ジャングルの中を一日中彷徨い歩いているだろうと思います。(このブログは予約投稿しています)そうです、またあの国境なきひねくれオヤジ軍団の冒険旅行です。軍団と言ってもたった3人だけなのですが、いずれ劣らぬひねくれ者で、どこからどう見ても見紛うことなきオ... 続きを読む
  • さて今回はマレーシア魚市場辞典のその3です。私は今までKL内外の魚市場に足繁く通い、いろいろ不思議に思うことなどを調べたり、人に尋ねたりしてきたのですが、未だに理解できないことや納得できないことが少なからずあります。前回のイカン・ニョニョもそのひとつですが、今回取り上げるタイ系(形)の魚もそうです。実はタイ系(形)の魚って数が半端じゃなく多いんだそうですね。学術的分類によるタイ科だけでなく形が似てい... 続きを読む
  • さて、今日はマレーシア魚市場実用辞典のその2ですが、前回に引き続きアジ科の魚を紹介したいと思います。前回はアジ科の小型魚を取り上げましたが、今回はアジ科の中・大型魚です。しかし、前回から思いつきで始めたこの実用辞典ですが、意外に難しいものがあって正直言ってかなり苦労しています。辞典と称するからには、魚種・魚名の同定には私としてはできる限りの正確性を期したい訳で、これまでは大体この魚はこんなところだ... 続きを読む
  • 突然ですが、今回から何回かに分けてマレーシア魚市場実用辞典(仮称)を書いてみます。私は恥ずかしながら、年を経るごとにますます食欲旺盛となり、肉も魚も、やさい・・・・・もなんでも好んで食べるのですが、ご承知のように最近では魚、特に生魚(刺身)には意地汚いほどの思い入れがあります。しかし、当地のマレーシア人たちにはなぜあんな生臭いものを生で食べるのかと不思議がられます。それもその筈、彼らのほとんどは生... 続きを読む

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR