FC2ブログ
  • 昨夕、ナジブがMACCによって再逮捕されたそうだが、メディア報道によると今日(9月20日)にもKLの下級裁判所(Sessions Court)にて追起訴される見込みとのことだ。追起訴の容疑は彼の個人口座に入金されていた26億リンギの件がメインだそうで、いよいよマレーシアの検察当局は1MDBメガスキャンダルの核心に迫るものと思われる。また昨今、ロスマの逮捕・起訴についても取り沙汰されていて、KLの井戸端スズメたちは一段と姦しい。... 続きを読む
  • 先週金曜日の8月31日は第61回目のマレーシア独立記念日(Hari Merdeka Ke-61)だった。毎年のこの独立記念日には国王始め首相・閣僚列席の下、国を挙げて盛大な独立記念式典が行われ、この国と国民にとってはエモーショナル的にも特別な日である。当日はもちろん国民の祝日(公休日)となっている。加えて今年は、マハティール首相率いる野党連合(HARAPAN)が、独立以来初めて与党連合(BN)に勝利し、新ハラパン政権が誕生したいわば新生... 続きを読む
  • 先月、逮捕・起訴されたはずの被告人ナジブが、最近、やけにテレビなどへのメディア露出が目立ち、あの自信たっぷりで鷹揚な物言いは、目障りなだけでなく不愉快でならない。自身のフェイスブックなどのSNSで呟くだけならまだ許せるのだが、それとばかりに商業主義丸出しのメディアが押しかけてインタビューなどするものだから、本人も保釈中の身であることなどどこ吹く風の言いたい放題。果たしてこんなことがあって良いものかと... 続きを読む
  • 今回もまたマレーシア政界疑獄シリーズかとうんざりされそうですね。毎回こればっかりでは、読者の方に、ひねくれ団塊は、これ以外の事象には興味がないのだろうと思われるのかも知れないけど、実はそうでもないんです。私も人並みにあれやこれやの興味もあるのですが、、、もちろん🐡くんもあるし、、、だけど正直言って最近では、このシリーズ以外に書きたいと思う記事がなかなか見当たらない。それにこのシリーズの行方を人一倍... 続きを読む
  • 今日はまず↓このビデオをご覧ください。これは今朝のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)のフェイスブックページに掲載されたものを、私が一旦PCにダウンロードし、ユーチューブに改めて非公開でアップしたものです。(SCMPさんへのおことわり:短編ながら今回のことが、誰にも理解容易なように編集された良いビデオだと思いますので転載させていただきました。なにとぞご了承いただきたく存じます)一昨日、2018年7月3日と... 続きを読む
  • 新政権発足後55日目となる昨日(7月2日)、ようやくマハティール内閣のフルメンバーが出揃いましたね。まだ空席のままだった残り13の大臣ポストと23の副大臣ポストがこれで埋まり、昨日(7月2日)王宮での宣誓式が行われました。どこの国でも内閣の新編成は時の政権にとって最優先事項である筈なのですが、パカタン新政権はなんとそれに2か月近くも費やした。案の定、新野党となったUMNOなどからは通常はあり得ないことだとの非難が相... 続きを読む
  • なんだかナジブ逮捕、逮捕と野次馬的に毎回声高に叫んでるようで、ちょっと心疚しい気もしないではないのですが、ついに昨日(6月29日)マレーシア・キニが゛Najib may be arrested next week(ナジブ、来週逮捕か)"と題する記事を書きましたね。これまでは、このようにはっきりとナジブ逮捕の時期について書いたメディアはなかったので、よほど根拠のある確たる情報を入手したのだろうと思って記事を読んだのですが、なんだかどうも... 続きを読む
  • 「ナジブが1か月以内に逮捕されるって、Dr Mが言ったってさ!」 これは昨日、電話で知人と話をしている時に突然知人から出た話です。私は、「えっ?それって本当かい?」と素っ頓狂な声を声を上げてしまいましたが、詳しく話を聞いてみると、どうやらマレーシア在住の日本人ブログにそう書いてあるらしい。最近の私は「ナジブ逮捕」のキーワードには特にピリピリと神経を尖らしている一人だが、そんな情報はついぞ知らない。なので... 続きを読む
  • え、これナジブじゃないか、と思われたでしょうね。そうです、そのとおりです。でもこれ、古い写真じゃないですよ。スターオンラインに掲載された昨日(6/15)の写真です。今日のタイトルはハリラヤオープンハウス2景ですが、そのうちの1景です。しかし魔訶不思議ですね。未だにナジブってこんなに慕われているのですかね。メディアによれば、彼の今年のオープンハウスは、彼の出身地で選挙区のペカン(パハン州)の彼の自宅(大体... 続きを読む
  • ご存知のようにマレーシアのマハティール首相は、昨日6月10日から明日12日まで日本訪問中です。マハティール新首相の初の外国訪問先が我が日本だなんて、日本人としてはなんとも嬉しいのですが、マレーシアに住みマレーシアに密着している(と自負している)私としても(マレーシアとマハティール首相を)大変誇らしく思います。今回の訪日は、日経主催の第24回国際交流会議への参加が主な目的なので、いわゆる「公式訪問」ではないの... 続きを読む
  • 新政権発足から今日で20日、目下、巷は今週金曜(6月1日)から開始となるGSTゼロ%に向けて慌ただしい。スーパーなどの事業者はプライスタグの張り替えなどに極めて多忙であろうし、消費者は商品価格がいくら値下がりするのかなどの井戸端会議に忙しい。確かに、今現在6%GST課税の商品は6%値下がりするであろうし、そうでなければならない。いや、それだけではない筈だ。仕入れ値も当然GST分値下がりするのだろうから、その分最終売... 続きを読む
  • 今日は、本ブログのちょこっと宣伝です。いや、宣伝と言うより、まだご存じない方たちのためのお知らせと言うか、啓発などと言ったら上から目線に感じられるでしょうか?そんなつもりは毛頭ありませんので気軽にお目通しいただければと思います。と言うのも、今回のマレーシア総選挙後、私の政治関連記事へのアクセスが急に増えて私としては大変嬉しいのですが、どうも私のブログのTABLE OF CONTENTSにカテゴライズ(分類区分)して... 続きを読む
  • このたび、私たちが住まうマレーシアは社会体制が一夜にして変わった。しかも決して革命的でも過激でもなく、平和的に穏健な方法で世の中の仕組みが変わった。人間の一生なんて短いものだ。このような社会変革を実際に目にすることなどまずあり得ないことであろう。期待していたとは言えなんと幸運なことと心底思っている。さらに、選挙前には誰しもが不安に思っていた、政権移譲時の混乱も擾乱もなにもなかった。恐らくマレーシア... 続きを読む
  • 月並みな言い方だが時の流れはまことに速いもので、あの歴史的なPRU14(第14回総選挙)からもう明日で1週間となる。もっとも投開票日当日から5連休が続いたことから、新政権下のマレーシア社会は昨日の月曜に始動してまだたったの二日しか経っていない。なので新HARAPAN政権に対する国民の期待と不安はまだまだ混沌としていてまったく先が見えていない。だがしかし、この国に住んでいると、それでもなにがしかの変化を感じ取ることは... 続きを読む
  • 栄枯盛衰は世の習いとは言うけれど、つい数日前まであれだけ奢り高ぶり、権勢を振るっていたナジブ前首相のなんと華奢で卑小な人間に見えること。選挙に負ければタダの人、どころか、彼の場合は財産資産はもとより、命までをも剥奪される怯えもあるのだろうが、数日のうちにこれだけ劇的に身の処し方が変わる人間もそうざらにはいないだろうと思う。私は今、マハティール新首相による新内閣のメンバー発表前のキニTVの中継映像を見... 続きを読む
  • 昨日の第14回マレーシア総選挙の結果は、皆さん既にご承知のことと思いますが、大方の予想に反し、野党連合(PAKATAN HARAPAN)の勝利に終わりました。実は、このことで私の首も当分繋がり、大いに安堵しています。どういうことかと言うと、私はこれまで、もし今回の選挙結果が私の期待(野党勝利)を裏切る結果となった場合は、すぐさまこの国に見切りをつけて本帰国することを決心していて、周囲にもそのことを宣言していたのです。... 続きを読む
  • Dr M announces May 10, 11 as public holidays if Harapan winsDr M(マハティール元首相)、野党連合が勝てば5月10日、11日を公休日とすると宣言malaysiakiniPublished on 24 Apr 2018, 5:25 pm | Modified on 24 Apr 2018, 7:10 pmGE14 | Pakatan Harapan chairperson Dr Mahathir Mohamad has announced that May 10 and 11 will be declared as public holidays if the opposition coalition wins the general election.GE14(... 続きを読む
  • やっぱりダメです。一時も目が離せません。出るは、出るは、まるで雨後の筍のように面白ニュースと言うか、そんなこと言ったら大変失礼かもしれないけど、ネタ記事が毎日毎日、次から次に目の前に出てくるものだから、やっぱり今回も書かせて下さい。もちろん私はこの国では選挙権のないただの傍観者です。傍観者だからなにを書いても良いとは決して思っていませんが、何を書いてもこの国の人たちには決して影響を与えることのない... 続きを読む
  • すみません、今、サザンラオスのバイク旅を書きかけ中ですが、またまたここでひとつ毛色の違う記事を入れちゃいます。いよいよクライマックスシリーズ突入か?と言っても、この「クライマックスシリーズ」は日本プロ野球のクライマックスシリーズのことではない。本ブログの「マレーシア政界疑獄シリーズ」のことである。実はこのシリーズ、2015年7月から書き始めて今回で42稿目にもなり、なかなか好評?と自分勝手に思い込み、自... 続きを読む
  • まったく情けないったらありゃしないのですが、急な一時帰国から戻ってすぐに風邪で寝込んでしまい、ブログを書く気にもなれずにしばらく臥せっていました。でも昨日あたりから喉の痛みや咳もようやく治まりなんとか復調したようですので、遅ればせながら今これを書き初めています。衰えは少しずつ、しかし確実にやってくるものですね。若い時にはこんな風では絶対なかったのにと思うと、なにか悔しい気がしますがこればかりは如何... 続きを読む
  • 今年に入り、マレーシアの次期総選挙を一斉に報じた日本メディアの小さな記事を私もひととおり読みましたが、やはりこの国に住み、毎日この国の人たちの生の声を聞いたり、その雰囲気を肌で感じている私にとっては隔靴掻痒の感が否めないですね。いや産経や日経、それに時事や朝日などの日本メディアだけじゃないですよ。あの米国最大手通信社のブルームバーグにしても大差はないようですが、いずれも与党有利とみる根拠がどうやら... 続きを読む
  • Kudos, Dr Mahathir and Anwar, for seeking justice, says Australian paper正義を希求するマハティール元首相とアンワル元副首相(現在服役中)に喝采と豪紙An Australian newspaper has praised Pakatan Harapan chairman Dr Mahathir Mohamad (first left) and jailed opposition leader Anwar Ibrahim (second left) for working together to bring Prime Minister Najib Razak and Umno to book for the 1MDB scandal among ot... 続きを読む
  • さて、しばらく様子見中のマレーシア政界疑獄ですが、最近では来年のGE14(第14回マレーシア総選挙)を念頭にした与野党双方による口撃が益々熾烈になってきています。先日(10月27日)は来年度の政府予算案が国会に提出されましたが、与党はこれをすべての国民に幅広く恩恵をもたらし生活費負担の軽減を重視したバランスのとれた予算案であると自画自賛、他方、これは選挙ありきの総花的かつポピュリズムな予算案だと、野党や現政権に... 続きを読む
  • やはり9月12日(火)のナジブ首相の米国トランプ大統領との会談は、1MDBの問題がまったく議題に上がらなかったことや会談後の共同記者会見が開催されなかったことなど、ほぼすべてが大方の事前予想どおりだったようですね。もし記者会見が開かれていたなら、手厳しい米国の記者たちの追及にはとても耐えきれなかっただろうことから、それを密かに期待する向きも多かったと思うのですが、流石にこれは回避できたようですね。しかしナ... 続きを読む
  • 今日は、久々に政界マレーシア疑獄シリーズを書きます。このところ、来るGE14(第14回マレーシア総選挙)の件に関してはあまり芳しくないニュースが多い中で、久しぶりに爽やかな、ある人物のインタビュー記事を読みましたのでそれを紹介してみたいと思います。それはTHE MALAYSIAN INSIGHTと言うオンラインメディアの記事ですが、このマレーシアンインサイトは、実は昨年3月に政府MCMC(マレーシア通信・マルチメディア委員会)によっ... 続きを読む
  • 今、マレーシア政界とマスメディアは、今月15日の米司法省(DOJ)による昨年7月に続く第2弾の民事訴訟提起の発表を受け、かなり騒がしくなってきています。と言っても、驚いたことにマレーシアのほとんどの主流メディアはこの件完全スルーしています。ほんの僅かな記事があったとしてもその内容は政府報道官などの発表に同じで読む気にもなりません。なので、詳細かつ信頼に足る情報はこれまで同様非主流メディアに頼らざるを得ませ... 続きを読む
  • 今日は久方ぶりにマレーシア政界疑獄シリーズを書きます。前回が2月28日でしたからちょうど3か月ぶりですね。これって極めて長いインターバルですけど、このことに特別な意味がある訳ではありません。単に記事になるようなトピックが見当たらなかったからです。もちろんこちらのメディアには、主流も非主流もほぼ連日のようにポリティカルな記事が満載なのですが、私にとっては新鮮味がないと言うか変わり映えのしない記事ばかりで... 続きを読む
  • 直近のマレーシア政界疑獄シリーズは昨年の12月18日でしたから、あれからもう2か月が経過しましたね。もちろんこの間も私は、毎日欠かさずメディアチェックをしているつもりなのですが、主流メディアはうんざりする程のナジブよいしょの記事だらけでとても読む気にはならないし、反主流メディアにしてもなにかつまらない記事ばかりなので、ブログに書きたいとの食指がまったく動きませんでした。ところで、このところのマレーシア... 続きを読む
  • スマトラ島のバイク旅シリーズの途中ですが、ここで1回だけバイク旅をお休みして、政界疑獄シリーズの記事を1稿ポストしておきたいと思います。同シリーズの前回記事が9月13日でしたから、もう3か月もこのシリーズの記事を更新していません。なのでつい最近も読者の方から叱咤激励のメールや私の身上を心配して下さる心優しいメールを頂戴しましたが、大変ありがとうございます。でも特に私の身上に変化があったわけでもなけ... 続きを読む
  • どこの国にも貧富の差はある。先進国だろうが発展途上国だろうが、貧しい者もいれば富める者もいる。それはそうなのだが、ここマレーシアのクアラルンプールには富める者たちがやけに目立つ。高級車の新型ベンツやBMWを乗り回し、高級バンガロゥ(マレーシアでは戸建て住宅をこう呼ぶ)に住み、子弟はほとんどが欧米の大学に留学しているそうな。。いや、これはなにも中華系やインド系の羽振りの良い実業家諸氏のことではない。私... 続きを読む

t-ikesan

・雪国山形から南国マレーシアへ
・異文化生活辛くもあり楽しくもあり
・孫恋しさにしつこくSkypeお願い中
・息子宅のスリングボックスさまさま

累計閲覧者数

Table of Contents

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR