Hi ! みなさん、こんにちは & こんばんは。
4月27日(日)、予定どおり、KLIA2のオープンデーに行ってきました。

何はともあれ、写真をたくさん撮ってきましたのでご覧下さい。

↓オープンデーの主催者(MAHB)さんのPR画をお借りしました。
20140429000.jpg

↑私の大好きなマレーシアの漫画家「カンポン・ボーイ」のラットさんの画です。このマレーカンポンに登場する人物画の素朴なタッチと情緒的でどこか懐かしい風景やストーリーが大のお気に入りです。

さて、オープンデーですが、前回ブログに綴りましたようにKLセントラルからERLで行ってきました。

201404293000.jpg

↓なんとか手に入れたフリートライアルライドチケットですが、どうやって使うんだろうと思っていたら、意外に簡単、セントラル駅のKLIA EKSPRESのバリアゲート(改札口)にあるQRコード読取機にチケット右上ののQRコードをタッチするだけでOKでした。

erlfreeticket01.jpg

実は、私はこのKLIA EKSPRESに乗るのは今回が初めてです。(KLIAトランジットには乗ったことがあるのですが・・)
と言うことでかなり期待していたのですが、車両はトランジットと同じようで、特に驚くようなことはありませんでした。車内はまぁ綺麗だけどフツー、乗り心地もまぁそこそこでした。(日本と比較してはいけませんね。。)

でもやっぱり速い、所用時間33分、あっと言う間にKLIA2に到着です。
EKSPRESはKLIAまでノンストップ、KLIAで通常のお客さんが下車した後、今日だけ特別運転のEKSPRESがそのままKLIA2に向います。(KLIAからKLIA2までは距離にして2kmチョイ、あっと言う間の到着です)

このERLがどのようにしてターミナルに入線して行くかは、以前のブログにも載せた↓この写真でお分かりいただけるかと思います。(ちょっと古い工事中の写真ですが)

201401012000.jpg

ところで、このブログのKLIA2シリーズを読んでおられる読者の方にはおられないと思いますが、KLIA2とKLIAは別物の空港だと思っていらっしゃる方が案外多いんですね。

そんな方たちのために改めてブリーフさせていただきますが、別物の空港ではありません。

KLIAと言うのはクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur Internatinal Airport)の略ですが、KLIA2もKLIAと同一の空港です。と言うより、KLIA2と言うのは空港の名称ではなく、ターミナルの名前だと理解したほうがベターです。

いわば、KLIAが第1ターミナルで、KLIA2が第2ターミナルです。

そう考えれば、このこと(複数のターミナル施設を有すること)は特別変わったことでもなんでもありません。
ただ、今度のKLIA2は近年急成長を続けている格安航空会社(LCC)に特化したターミナル施設と言うところが、世界の注目を浴びているのです。

なので、計画当初は経済性なども考えて予算もかなり低かったようですが、出来上がってみれば、なんと現KLIAよりも立派でゴージャスなターミナルになってしまいました。

そのことに関する理由や評価は、今までもこのブログで詳細に取り上げていますのでここでは省きます。

さらに、KLIA2専用第3滑走路(4km滑走路)も新たに造られましたし、新管制塔も完成しています。

空港に複数の管制塔があるのは、世界の大空港でも珍しい(米国ダラスフォートワース国際空港などの一部空港)ことと理解していますので、これも大変興味のあるところです。(多分アジアでは初めてだと思います。)

どこの空港でも複数のターミナルの使用区分は、通常エアラインによって決められていますから、自分がどこの航空機を利用するかによって行き先ターミナルが分かるというわけです。

このKLIA2はそれが格安航空会社(LCC)であるということです。なので、MAS(マレーシア航空)やJAL(日本航空)などの格安航空以外のエアラインを利用する場合は従来どおりKLIAに行けば良い訳で、今までとなんら変更はありません。

ちなみに現LCCTは前のブログにも書きましたが、5月9日で完全閉鎖されるとのことです。エアアジアも9日朝からはKLIA2で全便の運航を開始すると既に公式にアナウンスしていますので、みなさん行き先を間違えないようにしましょうね。(ただし、8日に到着するエアアジア機の一部はKLIA2を使用するものもあるようです。詳しくはエアアジアの公式ウェブサイトをどうぞ)


さて、ここでKLIA2のエアサイドターミナル施設の関係位置を簡単にブリーフしたいと思います。
↓KLIA2 INFOさんからお借りしたこのポンチ絵は大体、上が概ね東、下が概ね西(以下、東西南北は全て概ねの方角)です(左が北、右が南です)。ERLでも、バスや自家用車で到着する場合でも、すべての利用客は西側から入り東側へ向うと言うことになります。

20140429002_20140429124203bee.jpg

エアサイドとは、旅客や空港関係者のみが立ち入りできる区画、つまりデパーチャーホールやアライバルホールの先にあるターミナル区画のことです。国際線の場合のイミグレやカスタム、そしてコンタクトピアと呼ばれる各搭乗ゲートに繋がる連絡通路、搭乗待合室、搭乗ゲート及びボーディングブリッジなどが含まれます。

KLIA2においては、出発・到着ホールの先に、両手を広げる形で手前には主として国内線用のコンタクトピア、そして300mの長さのスカイブリッジの先にあるサテライトと呼ばれる離れ小島には、国際線のコンタクトピアが、やはり左右に両手を広げています。



さあそれではERLに乗ってKLIA2に到着するところから見て行きましょう。

まもなくEKSPRESがKLIA2に到着します。線路の右側に見えているのはカバードカーパーク(6000台収容可の屋内駐車場)と管制塔、左側に見えるのはデパーチャードロップ(出発便の利用客を下車させるところ)に繋がる高架道路です。

いよいよ列車はKLIA2のトランスポーテーションハブに入線します。

201404272000.jpg

EKSPRESの車内からデパーチャードロップに繋がる高架道路を左側に見ています。

201404297000_2014042912420232a.jpg

↓これはトランスポーテーションハブ内のERLプラットフォームから列車が入ってくる方向(KLIAの方向)を見ています。

201404292001.jpg

EKSPRESが到着しました。(前の写真とこの写真は帰りがけに撮ったものです)

201404292002.jpg

EKSPRESを降り、バリアゲート(改札)を通り抜けて、エスカレーターかリフト(エレベータ)で上に上がります。
ここが、L2(ターミナル2階)のKLIA EKSPRESとKLIA TRANSITの出入り口です。

201404292000_201404290811559ea.jpg

↓これはL2(ターミナル2階)のフロアマップです。

201404291000.jpg

ERLの改札を出ると、このフロアのちょうど真ん中ぐらいに出てきます。このマップのセンターの小島がERLの駅になっています。

今日のオープンデーの目玉は、何と言っても通常はボーディングチケットを持っている搭乗客でないと立ち入りができないスカイブリッジなどのエアサイド内を見学できること、それに5月2日に開業した後は一般者は絶対に立ち入れないエプロン(駐機場)や滑走路や誘導路のバスツアーです。

なので、そのために必要なツアーの申込みをしなくてはいけません。
そのツアー申込み手続きは、L3(ターミナル3階)のデパーチャーホールで行うと聞きましたので、早速L3に上がってみようと思います。

L2の奥側にあるウォーカレーター(段差のない平らなエスカレーター)で先ずL2M(ターミナル中2階)に上がります。

201404297010.jpg

↓これはL2Mのフロアマップです。

201404291002.jpg

このフロアは癒しのゾーンと言うことで、カフェやマッサージ店などがあるようです。

201404297009_20140429120826345.jpg

フロアマップにプラザプレミアムラウンジを発見しましたので、その場所に行って見ましたが、残念、まだ工事中でした。

201404297008_2014042912082580c.jpg

現LCCTのプレミアムラウンジは、私が保有しているCIMB銀行のプレミアカードでは無料で入れない(KLIAのラウンジはOK)ことに不満を感じているので、KLIA2に新しくできるラウンジはどうなんだろうと気になるのです。

この件、インフォメーションカウンターを探して聞きました。

そうしたところ、ラウンジは現LCCTにあるものがそっくり引っ越してくるのだそうです。だから営業開始は5月9日以降になるだろうとのお話でしたし、肝心のCIMBのプレミアカードが使えるのかどうなのかも聞きましたが、知りませんとのことでした。でも、そっくりそのまま引っ越してくるのなら期待するのは無理なのでしょうね。

さぁ、こんなところで道草食ってないで、L3(ターミナル3階)に上がりましょう。
↓これはL3のフロアマップですが、L2Mからエスカレーターで上がってくると、デパーチャードロップオフを横切る形でデパーチャーホールに入ることになります。

201404291003.jpg

ここがデパーチャーホールです。
まだ時間が早いのに既に大変混雑してました。後で聞いたら当日は7万8千人の来訪者がいたそうで、道理で混み合っていた訳です。

201404294000.jpg

デパーチャーホールのフライトステータスボードです。表示されているのは現LCCTのフライトステータスだそうです。

201404294001.jpg

どこでエアサイドのツアー申し込みをするのかと思ったら、なんとチェックインカウンターで手続きするのだそうです。結構大勢の方が並んでいましたが、まだ時間も早かったせいか割と楽に手続きを行うことができました。

201404294002.jpg

周りを見ると、ほとんどがマレー系の方たちばかりで、なぜかチャイニーズ系やインド系の方たちはあまり見かけません。ましてや日本人らしき方にはまったくお目にかかりませんでした。

良く見ると皆さん、マイカッド(MyKad)をカウンターに出してましたので、えっ?マレーシア人以外はダメなの?と少々不安も過ぎりましたが、いやそんなことがあろうはずがないと思い直し、勇気あるわがニッポンの4人グループはドライバーズライセンスでトライしてみることにしました。

こんな時に大いに役立つと言うか頼りになるのが、綺麗でスタイルが良くてかつ知的なIO女史です。そう皆で持ち上げると、喜んで、と言ってカウンター越しに談判開始です。

近くで聞いていたのですが、なんと彼女の実践マレー語の達者なこと。恐るべしIO女史。。

そして一刻後、へへん、なんの抵抗もなくゲットできました。↓これが本日オープンデーの特別記念のボーディングチケットです。

201404292000.jpg

これは後で新聞を読んで知ったことなのですが、このチケットは来訪客にチェックインを模擬体験させ、併せて今日の記念(お土産)にしてもらおうとの粋な企画だったのだそうです。

さあ、我々グループもチケットを手にして出発ホールからエアサイドに向います。

201404294003.jpg

ここは、5月2日の開業以降はイミグレーションの係官が座るところです。
でも今日はそのままフリーパスです。

201404297001_20140429124202994.jpg

その左側にも長い長いイミグレーションカウンターです。

201404295000.jpg

その後、カスタムとセキュリティも無事に通過してここはスカイブリッジ入り口です。ガイド役の方がマレー語で案内していました。

201404297002_20140429131214737.jpg

そしていよいよスカイブリッジを渡ります。
このスカイブリッジ、上下2層になっていて、多分出発と到着で区分して使用するのだろうと思います。
動く歩道(Moving Walkway)の長さは約300m、このブリッジの下をA380などの大型機も通れるそうですから、やっぱり思ったとおり見晴らしもGoodです。

201404294005.jpg

↓これはスカイブリッジ下層階からサテライトに向って右側、主に国内線で使用する南コンタクトピア方向です。

201404297003_20140429124201a2a.jpg

そして、↓これは同じようにサテライトに向って右側、向こうに見えるのが国際線の南側コンタクトピアです。

201404294004.jpg

↑小さくバスが見えていますが、エプロンと第3滑走路を巡るツアーバスです。

で、スカイブリッジを渡ってこのままサテライトビル内に入れてもらえるのかと思っていたら、サテライトの手前でUターンさせられました。

201404294006.jpg

仕方がないので今度はバスツアーの長蛇の列に並びます。

201404294007.jpg

バスツアーは、国内線出発の北コンタクトピアを抜けて、どうやらその下から出発のようです。
国内線出発のセキュリティゲートを通り、長いエスカレーターでL1に下がります。

201404297006_20140429124311fe0.jpg

↓ここは国内線北コンタクトピアの通路です。
それぞれのボーディングゲートNo.が表示されていて、両側にショップがたくさん並んでいます。

途中、チョコとか飴とかを主に子供たちに配っているオジさんがいたりして大変賑やかでした。

で、私たちもそんな子供たちに紛れて、ちゃっかりチョコなどを貰って食べたのですが、実はこのせいで某女史がいつのまにかチケットを紛失してしまったとのことです。(両手にいっぱいチョコを貰ったら、手にしていたチケットを落としてしまったらしいのです)

後で気がついたのですが仕方ありません。(でもこの後チケットのチェックがなくバスには無事に乗れました。)(´v`)ニィ

201404298000.jpg

ここにも動く歩道がありました。

201404294008.jpg

そして到着です。ここは開業後には国内線の搭乗待合室になるところです。

201404295001.jpg

下にツアーバスが止まっています。我々もこれからあのバスに乗ります。

201404295002_20140429092230635.jpg

待合室でしばらく順番を待っていたら、係員の合図があり、一斉にバス乗り場のある地上階に下ります。
この際、エレベータが満員なので、階段を使って下りたところ、途中でネズミ捕りの籠を発見しました。
へぇー、こんなところにネズミ捕りが仕掛けてあるよ、ネズミがいるんだ?って、誰かが言ってましたけど、新築ビルにネズミが出るなんてこの国らしいですよね。

さぁいよいよバスツアー出発です。
↓これはエプロン上のバスからスカイブリッジを眺めたところです。

201404295003.jpg

スカイブリッジの下を通過します。間近で見るとやはり大型機も通れると言うだけあってかなり高いです。

201404296000.jpg

スカイブリッジをくぐり抜けました。エプロン中央から国内線の南コンタクトピア、そしてその向こう側に管制塔が見えます。

201404296001.jpg

エプロンから誘導路を走り、第3滑走路に出てきました。第3滑走路から見るサテライトと管制塔です。

201404296003.jpg

これは第3滑走路の北側約4分の1ぐらいの位置です。
滑走路の長さは約4000m、幅60mです。例のプトラジャヤ大通りの長さや幅とほぼ同じです。

201404296002.jpg

3本の4km滑走路を持つ空港はアジアでは初です。ついでに言うとスカイブリッジもアジア初、世界でも3番目だそうです。

なんてことをおしゃべりしてるうちにバスツアーが終ってしまいました。バスから降ろされたのは、今度は国際線到着ゲート下です。

ゲート下からエレベーターでコンタクトピアに上がり、サテライトビルの方向に歩きました。

↓これは、その国際線北コンタクトピアから見るスカイブリッジとメインターミナル方向です。

201404297008_201404291243103ab.jpg

これはコンタクトピアからサテライトビルへの途中で管制塔をとった写真です。

201404297007_20140429124311c73.jpg

帰りのスカイブリッジ(上層階)からKLIA方向(東方向)を眺めたものです。遠くに現管制塔(EAST TOWER)とKLIAのメインターミナルが小さく見えています。

201404297004_20140429124200a7f.jpg

スカイブリッジを通り抜け、バゲージクレイムホールに出てきました。
ここは、国際線、国内線及び乗り継ぎ便のバゲージを受け取るところです。

今日は特別にその側で生バンドが演奏していて、側を通る人たちが記念写真を撮っていましたけど、なかなか上手なバンドでしばし聴き惚れてしまいました。

201404297000.jpg

そして出てきたところが、L2の国際線到着ホールです。

201404297001.jpg

到着フライトのステータスボードです。表示されているのは、出発と同じく現LCCTのフライトステータスです。

201404297002.jpg

ここが、国際線到着出口です。つまり、このKLIA2に国際線で到着する人を出迎える場合は、L2のこの柵の手前で待つということになるのです。

201404297003.jpg

この到着出口の向かいにはおなじみオールドタウンホワイトコーヒーがオープンしていました。
出迎えの際の目印並びに休憩場所としてGoodかなと思います。

201404297009_201404291243096d6.jpg

遅ればせながらこれがL2のフロアマップです。私たちが今どこに居るのかと言うと、このマップの一番奥、アライバルホールになります。言い忘れましたが、L2はとても賑やかです。まるでショッピングモールのように様々なショップがぎっしりと軒を連ねています。驚いたことに、ここにはスーパーマーケット(Jaya Grocer)もありました。

201404291000.jpg

で、今度はこのまま、マップの手前、つまりL2の玄関口から道路側に出てみます。
これがL2の玄関口を出たところのアライバルピックアップです。タクシーや、自家用車がここを利用するのでしょう。

201404297004.jpg

そして今度は、エスカレーターでL1(ターミナル1階)のトランスポーテーションハブに下りてみました。
これがそのフロアマップです。

このフロアには、バス待合室、クーポンタクシーやメータータクシーやバスのチケット売り場、それにいくつかのショップやレストランがありました。

201404291001.jpg

これがL1、トランスポーションハブの玄関口から道路側に出たところです。

201404297005.jpg

最後に、地上高134m、海面高(海抜)142mの世界一高い管制塔です。
こうやって見るとさほど高くは思えないのですが、ギネスに登録されたそうです。

201404297006_2014042912082450c.jpg

現管制塔がEast Tower、こちらがWest Towerだそうです。恐らくこのWest Towerは新しくできた第3滑走路を使用する航空機やKLIA2の地上交通を主に管制するのでしょうが、多分アジアでは初のマルチタワーでしょう。

今後、機会があればこの辺りも詳しく勉強してみたいものです。

最後の最後になりましたが、これは新築したばかりのチューンホテルです。まだKLIA2のビルディングと行き来する連絡通路はありませんでしたが、そううちできるのだろうと思います。

201404297007_20140429120825905.jpg



ふぅー、ここまで一気に書きましたが流石に少々疲れました。

特に、今回は当日ランダムに撮った写真の位置関係を整理するだけでも大変でした。

でも、このような旬のものは時間が勝負と思い急いでアップしましたので、中には位置関係や方角などを誤ったものがあるかも知れませんが、どうぞご容赦いただきたいと思います。

私は5月12日、実際にKLIA2から離陸するエアアジア機に乗りますが、その際なにかまた目新しいものや特筆すべきことなどに気付いた場合は次にはそれを綴りたいと思います。(これ以降特筆するものがなければ、KLIA2シリーズはこれにて終了させていただきます)

それではここまでお付き合いいただいた方、長い長いブログで大変お疲れ様でございました。
これに懲りずに今後とも当ブログをご愛顧賜りますようお願い致します。

それではまた。。

スポンサーサイト
2014.04.23 KLIA2(その15)
前回ブログで、次のブログは4月27日の一般公開を書きますと予告したのですが、今日(4月23日)、当日のERL(Express Rail Link)のFree Trial RideチケットをGetできましたので、予定を変更し、その件について少し書いてみたいと思います。

201404231001.jpg

KLIA2のパブリックオープンデーのことについては、4月2日のスターオンラインでそのことを知り、絶対行くぞと意気込んでいるのですが、一昨日その詳細を知ろうとしてスターオンラインの関連記事を読んでいたところ、記事の末尾に、ERLの無料試乗券を先着1000名に配布すると書いてあるのに眼が止まりました。

おっ、これいいじゃん、絶対いい、是非乗ってみたい。そう思い始めたら年なんて関係ありません。
もう子供と同じです。これ絶対ゲットしてやるって、いい年して興奮してしまいました。

記事を良く読むと、4月23日から申込受付開始と書いてあります。ERLのWeb Siteでのオンライン申込みだそうです。

何時に受付開始かなんて、記事にもERLのWeb Siteにもどこにも書いてないけど、なーに、23日の0時だって構わない。こっちは、毎日が原則日曜のお気楽世代、へへん、もう貰ったも同然だぜとすっかり安心してました。

そして、今朝、と言っても昨晩のことですが、ジャスト0時にウェブサイトをチェックしたところ、なんの変哲もなく、新着ニュースに「23日からフリートライアルライドチケットの申込受付を開始します」なんて書いてあるだけ。

おいおい、もう23日になってるのに、ったく。。といつものようにつぶやきながら、まっ明日朝(23日早朝→今朝)もいっかい来てみるか、先着1000名だから大丈夫だろうと考えしばし休眠しました。

そして、今朝5時、Web Siteに変化なし、6時、変化なし、7時まだなし、そうだERLの会社は8時半開始だって書いてあったから、きっと8時半受付開始なんだ、そうだよ、そうに決まってると一人納得して待つことにしました。

そして、8時半、今日はマレー語のレッスン日だから自宅からのチェックはこれが最後、・・・・んー、でもまだなんにも変化なし。

なんだどうなってんだと思いERLに電話するもLine Busyでなかなか繋がらず。10回目ぐらいにやっと繋がり、「あのさぁ、今度の日曜のKLIA2フリーチケットだけど、いつから受付開始するんだよぉ?(いや、実際には、Hello, What time do U start online registration for free trial ride ticket on the klia2 open-day?、と真っ当に聞いただけなんですけどね)」って確認したところ「もうちょっと待って下さい、まもなく受付開始します」とのこと。

分かった「ラジャー(Roger)、Thank you」と明るく言って電話を切り、日本人会のマレー語レッスンに急ぎました。もちろんラップトップPC持参です。(こんな時にはタブレットやスマホが欲しいとつくづく思います。今時、15インチのPC抱えて走ってるなんて、普段から偉そうに言ってる私としては、こんなこと恥ずかしくて誰にも言えませんよ。)

10時からのマレー語授業なのですが、その前にチケットをゲットしておかないと、落ち着いて勉強なぞできません。

なので、教室に着いて直ぐにチェックしたのですが・・・、えっなんで、まだなんにもない????

おいおい、まもなく10時だよ、マレー語レッスン始まっちゃうよ。。。

でもしょうがありません。なので今日のレッスンは気もそぞろ、心ここにあらずで早く終れとひたすら念じておりました。

そして、その後レッスンが通常どおりに終って、私はまた即サイトチェック、で、でもなんのサインもありません。ただ、新着ニュースの文言が「数時間内に受付開始」に変わってました。これ、なんか分からないけど、でもとにかくまだ始まっていないようだと一安心し、しばらく待つことにしました。

そして、いつものマレー語クラスのティータイム、いつものカフェでいつものコピ(マレー語でコーヒーのこと)です。

いつものメンバーのいつものおしゃべり、私はPC画面を眺めながら聞いていたのですが、いつものIOさんがまたなんか言ってる。

えっなになに、車に乗ってたらバイクにぶつけられ、降りてバイクのオニイチャンと話しようとしたら、いきなりハンドバッグ掴んで引きずりまわされたんだよ、ホラ見てよこの傷って、肘とか足の膝とかの痛々しいスリ傷をみんなに見せてる。。

へぇー、いつかもそんなことあったよね。あの時は、怖かったって震えてたのに、今日はヤケに落ち着いてるジャンって聞いてみると「そうだよ、もう慣れたんだよ」って。。。ふぅーん、そんなことにも慣れるもんなんだと、皆感心することしきり。。

でもさ、こんなことあったら、日本じゃ大騒ぎだよ。きっと新聞沙汰だぜって、誰かが言ったけど、まったくそのとおり。でもこっちじゃ、警察行っても、ふんふんと聞くだけ聞いても、後はなーんもなし。行くだけ無駄みたいなところもあったりして、やっぱし日本じゃないよねここは。。

なんて、こんなところで道草食っちゃいけないね。

しかし、なんで受付開始しないんだろうね。ERLってどんな会社かな、約束ちゃんと守ってよねと、一人ぶつぶつつぶやいておりました。

そして、その後また電話確認したのですが、今度は2時から開始しますって。なんて言うか、当てにならないよね。そして、先着1000名って言ってもあっと言う間になくなるんだろうな、でも、KLIAからKLIA2の間のたった2kmの試乗なんてあんまり面白くないかも、などとカフェでみんなと話ししてたら、いいじゃん、チケット取れなかったら車で行こうよ、相乗りしてさ、と今度は髭のINUさんが提案。

おっ、それいいね、と通称タカちゃんがこの指止まり、次いでIOさんが「私も行くっ!!」って。

なんだなんだ、最初は自分一人でオタク風に行こうかと思ってたKLIA2のオープンデーだけど、まっいっか、みんなで行ってワイワイ見てくるかと私も納得。そんな風に考えたら、もう電車のフリーチケットなんて、どうでもいいか、、などと思い始めました。

そして、その後諸々の用足しも終えて自宅に戻り、2時半ごろに念のためのERLサイトチェックしてみたら、なんとRegister画面が出てる。

オイオイ、んじゃやってみるかとオンライン申込開始。すると珍しくも最後までなんの引っかかりもなくスムーズに進んで、無事チケット4枚ゲット、で、できましたぁ。。

これです、このフリーチケット4枚ゲットです。(14時半過ぎに手続きしたのに取得時間が11:06ってどういうこと??)
erlfreeticket01.jpg

でも↑このフリーチケットって、どうやって使うんだろうと思い、Terms and Conditionsを読んでまたまたビックリ、なんとこのチケット、KLセントラルからKLIA2の往復チケットなのです。

え、すると片道35リンギ×2×4で、計280リンギ(現在レートで約8700円)の儲けじゃん。。これって絶対イイよ。途端に嬉しくなってしまいました。で、待てよ、こんなんだったら、もっっとたくさんゲットして、他のみんなにも配ってあげよっか、などと不埒なことを思いつき、今度は異なるメルアド使って申し込みしてみると、なんと「受付は終了しました」画面が出てました。

おおーっ、てことは、さっき簡単に4枚取れたのは、間一髪、ラッキー、ついてたってことだったんだ。

いやぁ、これで朝から鼻息荒くしてた甲斐があったよぉと一人静かに大いに満足したのでした。

201404231000.jpg

でも、↑これってどこの駅なんでしょうね、しかし、これで楽しみが増えました。4月27日はKLセントラルからこのERLに乗ってKLIA2に行ってきます。今まで待ちに待ったKLIA2ですのでもう興奮しちゃっているのですが、ただちょっと気掛かりなのがIOさんがメンバーに参加したこと。

こんなこと本人の前では絶対言えませんし言いませんが(どうかIOさんがこの記事を読みませんように)、はっきり言って彼女、不運なんですよね。引ったくりにあったり、事故にあったり、速度違反や駐車違反でしょっちゅう捕まったり、(IOさん、ごめん、ごめん、これ、私のまったくの勘違いでした、去年速度違反で捕まったドジはナニを隠そうこの私でした。)、そんな彼女が一緒なので、今度はなにが起こるかと少々不安な気持ちも拭えないのですが、これって考えすぎですよね。

なんて、これまったくの冗談ですから、どうぞIOさん、お気を悪くなさいませんように。

さぁそれでは今度の日曜日、みんなでワイワイKLIA2に遠足に行ってきます。

と言うことで、次のブログはKLIA2オープンテーのリポートの予定。乞うご期待。