2013.04.20 KLIA2(その2)
この度の一時帰国は往復ともMAS(Malaysia Airlines)便でしたので、
LCCTではなく、KLIAからの出発及びKLIAへの到着でした。

このため、長年航空関係業務に従事した者としても、個人的にも大いに興味の
あるKLIA2の進捗状況をしっかり見届けて来ようと思っていましたし、それに、
これはついでにですが、CIMBのPreferred Cardで利用可能なKLIAのラウンジ
(Plaza Premium Lounge)の使い勝手を体験してきましたので、その辺りを綴って
みたいと思います。

先ず、ふるさと酒田の鳥海山と入れ替えたトップの画像ですが、この写真は、
Malaysia KLIA2 information→construction work in progress→Photo Gallery 5に
掲載されているもので、先月、3月23日の日付のものです。

そして、下の写真は、KLIAのメインターミナル前から見た現行の管制塔です。
前の花木は、なにか日本の盆栽そっくりですね。。

20130418.jpg

バゲージドロップと出国手続きを済ませた後、エアロトレインでサテライトに移動し、
早速、Plaza Premium Loungeに行きました。CIMBのPreferredで無料利用できることが
分かってましたので、ここで朝食をしっかり摂って、さらにビールをたらふく飲んで、
ほぼ酔っ払い状態で飛行機に乗れば、気がついたときには成田だ、なんてことに
なるのではないか、などとバカなことを考えての行動でした。

20130418(7).jpg

当然なのでしょうが、CIMB Preferredカード提示で問題なく入れました。

20130418(8).jpg

まだ朝の8時30分でしたし、ラウンジの中はそんなに混んでいません。

20130418(10).jpg

早速、ビュッフェコーナーの探検です。
ふーん、思ったより粗末だなぁ。。これじゃLCCTの方が良いかも。。
でもLCCTのラウンジはCIMBのpreferredカード使えなかったしなぁ。。
KLIA2はどうなんですかね。いずれ、情報入手次第この件もアップしますね。

20130418(4).jpg

ん? あれ? ビールはどこ?

20130418(5).jpg

あれれ、ビールが見当たらないよ。
誰かのBlogには、生ビールサーバーとかあるって書いてあったのに、、、、

20130418(6).jpg

他の人はビールとか飲んでないの?
ん? ん? なんだ誰も飲んでる人いないじゃん。
そっか、朝からビール飲もうなんて方が普通じゃないのか、、とほほ。
そうです、そんなさもしい考えの私がバカなのでした、ハイ。

20130418(1).jpg

だけどこれ、朝だから置いてないの?夕方になったらビールサーバー出てくるの?
スタッフに聞いてみたかったけど、とても、そこまでの勇気がありませんでした。
そして、私って、根はシャイな性格なんだと、その時初めて気がついたのです。

KLIAのPlaza Premium Loungeの使い勝手結論 → not so good (not bad)

20130418(11).jpg

美味しくもないサンドイッチを頬張りながらKLIA2の方向を眺めました。
だけど、遠すぎて良く見えません。エアロトレインに乗ってサテライトに来るとき、
もっと近くに見えたけど、それでも工事の状況などは分かりませんでした。

20130418(2).jpg

成田からの帰り便で、KLIAの着陸がRWY32Lでしたので、TAXING中にKLIA2を間近に
見れるだろうと目を凝らしていたのですが、あいにく眩い逆光のせいで、ほとんどなにも
見えませんでした。

20130418(16).jpg

しょうがないので、帰宅後、またMalaysia KLIA2informationのサイトで、進捗状況を
確認しようと思いましたが、日付は3月28日です。なので、直近とは言えないのですが、
それによると、これらの写真のとおりです。

20130418(13).jpg

現在はこの日付から3週間ほど経過しているので、これよりは進捗しているのでしょうが、
なんだか、これちょっと遅すぎと思いませんか。

20130418(15).jpg

まだまだ工事真っ最中で、仕上げの段階ではないですよね。
本当に予定期日までに仕上がるのでしょうか、これ、門外者の杞憂ですかね。

20130418(12).jpg

別に私がどうのこうの言う筋合いのものでもないのですが、
首相が指示した6月28日のオープンに果たして間に合いますかね。

ちょっと見た限りでは、あと約2ヶ月でオープンできる態勢ではないような、、
これが日本だったら、絶対無理ですね。だってまだ工事未完なんですよ。

空港施設って、ターミナルとかサテライトなどの建屋だけでなく、もちろん
滑走路(RWY3)、誘導路、エプロン、各種の航空灯火や保安無線施設など様々です。

すべての空港施設は、安全が最優先です。完成後になんどもなんども検査を
重ね、完璧でなければなりません。それに空港スタッフの慣熟訓練も大切です。
それらはとても一朝一夕にはできません。

日本の場合は、工事完成後、3~6ヶ月間の点検・検査・確認や慣熟訓練などが
当たり前のような気がするんですけど、、、

新聞報道によれば、現在は87%の進捗でありすべてが予定どおりとのことです。
一部の調査機関が、工事の遅れを危惧しているとの報道もありましたが、
当局は、現行計画による6月28日を堅持しています。

万が一、開港が遅れたら、その経済的ロスは膨大なのでしょうね。
でもだからこそ、ロスを極限するためにも、面子などにはとらわれない綿密な
工程管理と安全管理が必須だとは思うのですがね。

いずれにせよ、マレーシアを愛する者の一人として、KLIA2の門出を注意深く
見守って行きたいと思います。
スポンサーサイト